【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】VOL.1 広がる都市夜景の可能性 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





オリンパス・タイトル



【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】

VOL.1 丸の内
広がる都市夜景の可能性



OM-D E-M1 Mark IIが発売されてから、
早いもので9カ月が経過した。

より磨きのかかった緻密な描写力に加えて、
進化を遂げた像面位相差AF、秒間最大60コマの連写モードなど、
ミラーレスが元来苦手とする動体撮影をサポート。
その高性能ぶりが、発売当初から話題になっているのは皆様ご存じの通り。

ではそれ以外のポイントでは、何が進化したのだろう。

本連載は、E-M1 Mark IIのレビュー機会の少ない便利な側面を、
高性能M.ZUIKO DIGITALレンズ群の注目株と組み合わせてレビューするという試みだ。
記念すべき第1回は、M.ZUIKO DIGITAL PROシリーズ初の
超広角レンズ、M.ZUIKO DIGITAL 7-14mm F2.8 PROを使って、
都市夜景にチャレンジしてみた。


null
焦点距離:7mm/ 絞り:F10/ シャッタースピード:6秒 / ISO:200



いつものバッグに忍ばせて

「都心に出るんだし、夜景も撮ってみようかな。」
そもそもの始まりは、そんな何気ない動機。
天気予報は、夕方以降も晴れと言っている。
「時間帯を合わせれば、ブルーの空に映える夜景が撮れるかも!!」
そんな期待を胸に、僕は家を出た。
いつものバッグに入れたのは、手のひらサイズのフラッグシップ。

null
焦点距離:7mm/ 絞り:F10/ シャッタースピード:5秒 / ISO:200


OM-D E-M1 Mark IIの利点の一つを挙げるなら、
それは紛れもなくトップクラスと言える携帯性だと思う。
私は「カメラバッグ」を持ち出すのがあまり好きじゃない。
普段のバッグに、カメラを一緒に入れて撮影に出掛けたいタイプなのだ。
今回持ち出したM.ZUIKO DIGITAL 7-14mm F2.8 PROとの総重量は、約1000g。
大きさに至っては、エントリークラスの一眼レフと同程度。
E-M1 Mark IIは、一眼レフでは到底実現できないサイズ感で、驚くべき撮影能力を発揮してくれる。
極端な表現だが、手のひらサイズのフラッグシップなのだ。


null
焦点距離:14mm/ 絞り:F10/ シャッタースピード:10秒 / ISO:200


機動力の飛躍的向上は、撮影意欲の向上にも繋がっていく。

なんたって軽い。軽いから足がよく動く。

他にも良い景色に出会えるかもと、
次の撮影ポイントへ歩みを進めた。





やみつきになる手ブレ対策機構

技術とは日進月歩。
オリンパスが誇る手ブレ対策はその典型だろうし、
カメラ業界でもトップを走っているという感さえある。
皆様もよく耳にする「手ブレ補正機構」の性能に加えて、
シャッターを切った際に生じるメカの振動自体を抑えているのが最大の特徴だろう。

撮影の度に世話に最もお世話になっている手ブレ対策機構。
今回もその機構に、大いに助けてもらった。


null
焦点距離:14mm/ 絞り:F8/ シャッタースピード:5秒 / ISO:160


通りかかった高架橋の下。
オレンジのライトが照らし出す景色に、撮影欲が湧いてくる。
ふとひらめいたのはSNSで話題の「長時間露光チャレンジ」。
人通りが多くてミニ三脚も立てたくなかったので、
トレンドに乗っかってみることにした。

あまりに絶好の機会。
腰を据えて撮れば、あまりにも納得の一枚。

神に愛されているのか、カメラが凄いのか。
言わずもがな当然後者だろうと、心の中で突っ込むのだった。


null
焦点距離:14mm/ 絞り:F5/ シャッタースピード:5秒 / ISO:100


もともとボディ内手ブレ補正機構に定評のあったオリンパス。
2012年1月に発表されたOM-D E-M5では、
レンズ内手ブレ補正の専売特許だった撮影前の補正効果確認を実現。
さらに、レンズ内手ブレ補正では実現の難しい
シフトブレ補正などを解決してしまったのだ。
シャッターを半押しすれば動き出す手ブレ補正機構。
ボディ内手ブレ補正の優位が確定した、記憶に残る瞬間だったなぁと、
撮影のひと時を楽しみながら妙に納得してしまった。

時計を見たら、針は22時を差そうとしている。
心地良い満足感に満たされて、僕は家路を急いだ。





ピントにシビアな人ほど、一考の余地あり

今回撮影をしていて思ったのは、
広角レンズにおいても手ブレ補正機構は必須ということ。
厳密にピント合わせを行いたい方ほど、ここを強くオススメしたい。

ピント合わせを厳密に行いたいとき「拡大鏡」という機能を多用するのだが、
手ブレ補正が働いていないと、思いのほか画面が小刻みに振動し、
狙う位置にピントが合わせ辛くなる。
この点、E-M1 Mark IIの手ブレ補正機構は、
拡大鏡を起動した瞬間から補正が始まるので、
安定した画面で確認をしながらピント合わせが行えるのだ。

オリンパス・タイトル

撮影手法に大きな変革をもたらすOM-D E-M1 Mark II
次は何を撮りに行こうか。







TOKYO VIEW BY OLYMPUS


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:08月03日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]