Select Language



【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】VOL.1 広がる都市夜景の可能性

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2017年08月03日 11時00分]



オリンパス・タイトル



【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】

VOL.1 丸の内
広がる都市夜景の可能性



OM-D E-M1 Mark IIが発売されてから、
早いもので9カ月が経過した。

より磨きのかかった緻密な描写力に加えて、
進化を遂げた像面位相差AF、秒間最大60コマの連写モードなど、
ミラーレスが元来苦手とする動体撮影をサポート。
その高性能ぶりが、発売当初から話題になっているのは皆様ご存じの通り。

ではそれ以外のポイントでは、何が進化したのだろう。

本連載は、E-M1 Mark IIのレビュー機会の少ない便利な側面を、
高性能M.ZUIKO DIGITALレンズ群の注目株と組み合わせてレビューするという試みだ。
記念すべき第1回は、M.ZUIKO DIGITAL PROシリーズ初の
超広角レンズ、M.ZUIKO DIGITAL 7-14mm F2.8 PROを使って、
都市夜景にチャレンジしてみた。


null
焦点距離:7mm/ 絞り:F10/ シャッタースピード:6秒 / ISO:200



いつものバッグに忍ばせて

「都心に出るんだし、夜景も撮ってみようかな。」
そもそもの始まりは、そんな何気ない動機。
天気予報は、夕方以降も晴れと言っている。
「時間帯を合わせれば、ブルーの空に映える夜景が撮れるかも!!」
そんな期待を胸に、僕は家を出た。
いつものバッグに入れたのは、手のひらサイズのフラッグシップ。

null
焦点距離:7mm/ 絞り:F10/ シャッタースピード:5秒 / ISO:200


OM-D E-M1 Mark IIの利点の一つを挙げるなら、
それは紛れもなくトップクラスと言える携帯性だと思う。
私は「カメラバッグ」を持ち出すのがあまり好きじゃない。
普段のバッグに、カメラを一緒に入れて撮影に出掛けたいタイプなのだ。
今回持ち出したM.ZUIKO DIGITAL 7-14mm F2.8 PROとの総重量は、約1000g。
大きさに至っては、エントリークラスの一眼レフと同程度。
E-M1 Mark IIは、一眼レフでは到底実現できないサイズ感で、驚くべき撮影能力を発揮してくれる。
極端な表現だが、手のひらサイズのフラッグシップなのだ。


null
焦点距離:14mm/ 絞り:F10/ シャッタースピード:10秒 / ISO:200


機動力の飛躍的向上は、撮影意欲の向上にも繋がっていく。

なんたって軽い。軽いから足がよく動く。

他にも良い景色に出会えるかもと、
次の撮影ポイントへ歩みを進めた。





やみつきになる手ブレ対策機構

技術とは日進月歩。
オリンパスが誇る手ブレ対策はその典型だろうし、
カメラ業界でもトップを走っているという感さえある。
皆様もよく耳にする「手ブレ補正機構」の性能に加えて、
シャッターを切った際に生じるメカの振動自体を抑えているのが最大の特徴だろう。

撮影の度に世話に最もお世話になっている手ブレ対策機構。
今回もその機構に、大いに助けてもらった。


null
焦点距離:14mm/ 絞り:F8/ シャッタースピード:5秒 / ISO:160


通りかかった高架橋の下。
オレンジのライトが照らし出す景色に、撮影欲が湧いてくる。
ふとひらめいたのはSNSで話題の「長時間露光チャレンジ」。
人通りが多くてミニ三脚も立てたくなかったので、
トレンドに乗っかってみることにした。

あまりに絶好の機会。
腰を据えて撮れば、あまりにも納得の一枚。

神に愛されているのか、カメラが凄いのか。
言わずもがな当然後者だろうと、心の中で突っ込むのだった。


null
焦点距離:14mm/ 絞り:F5/ シャッタースピード:5秒 / ISO:100


もともとボディ内手ブレ補正機構に定評のあったオリンパス。
2012年1月に発表されたOM-D E-M5では、
レンズ内手ブレ補正の専売特許だった撮影前の補正効果確認を実現。
さらに、レンズ内手ブレ補正では実現の難しい
シフトブレ補正などを解決してしまったのだ。
シャッターを半押しすれば動き出す手ブレ補正機構。
ボディ内手ブレ補正の優位が確定した、記憶に残る瞬間だったなぁと、
撮影のひと時を楽しみながら妙に納得してしまった。

時計を見たら、針は22時を差そうとしている。
心地良い満足感に満たされて、僕は家路を急いだ。





ピントにシビアな人ほど、一考の余地あり

今回撮影をしていて思ったのは、
広角レンズにおいても手ブレ補正機構は必須ということ。
厳密にピント合わせを行いたい方ほど、ここを強くオススメしたい。

ピント合わせを厳密に行いたいとき「拡大鏡」という機能を多用するのだが、
手ブレ補正が働いていないと、思いのほか画面が小刻みに振動し、
狙う位置にピントが合わせ辛くなる。
この点、E-M1 Mark IIの手ブレ補正機構は、
拡大鏡を起動した瞬間から補正が始まるので、
安定した画面で確認をしながらピント合わせが行えるのだ。

オリンパス・タイトル

撮影手法に大きな変革をもたらすOM-D E-M1 Mark II
次は何を撮りに行こうか。







TOKYO VIEW BY OLYMPUS


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2017年08月03日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】東北は仙台、戦国武将ゆかりの地へ 2018年06月29日
梅雨の時期と言われる6月、雨模様の東京から新幹線「はやぶさ」に飛び乗って晴れわたる宮城県仙台市へ。 機材は【OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II ボディ】+【M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0】、 それに【Velbon (ベルボン) 小型高伸縮比6段三脚 UT-55】と、総重量は約2.6Kgの軽量セット。 1時間半ほどで強い日差しの青空のもとへ到着です。 仙台といえば戦国武将の伊達政宗が有名。やはり、ゆかりの地を訪ねてみたくなります。 まずは、祀られている瑞鳳殿へ。 1979年に再建され、2001...
続きを読む
null 【OLYMPUS】ブレナイコイツハ水ニモツヨイ。 2018年06月24日
雨が続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか! この時期、「カメラが濡れないか心配で撮影に集中できない」という悩みを持つ方は多いかと思います。 そのような迷えるフォトグラファーの皆様、オリンパスの防塵防滴カメラを使ってみてはいかがでしょうか。 写真のカメラは、OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO。 ボディ内蔵5軸手振れ補正機構の完成度はもちろんのこと、12-100mmと組み合わせれば「シンクロ補正」にパワーアップする、カメラグランプリ2017受賞組の...
続きを読む
森にさす光 森にさす光 2018年06月09日
関東も梅雨に入り、いよいよ湿気の多い季節に突入しました。 梅雨入り宣言が出されながらも絶好調に晴れたこの日、 しばらく拝めないであろう日の光を今のうちに感じておこうと 都内にある森へ出かけました。 ゲートを抜けると目の前に広大な空間。 イギリス式、フランス式、日本式の庭園が組み合わされてできている園内には、 それぞれ特徴的な趣の空間が広がっています。 庭園もいいのですが、ゲートを抜けてすぐに右に折れると巨大な樹木が密集する 森林エリアに入ります。 足元に咲く小...
続きを読む
null 【OLYMPUS】 カメラもアンチエイジング。 2018年06月02日
先日発表されたカメラグランプリにおいて、オリンパス交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO」が交換レンズ部門受賞を果たしました。2016年度の「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」、2017年度の「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」に続く3年連続受賞はまさしく快挙。筆者も興奮冷めやらぬうちにというつもりで、夜の街をM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PROでスナップ撮影してみました。 F1.2というハイスピードで、交差点の一瞬を撮ってみたり・・・ 照明の斜光が印...
続きを読む
海街に惹かれて 海街に惹かれて 2018年05月18日
皆さんは心の落ち着く場所、というものがありますでしょうか。 以前にも書かせていただいたことがあるのですが、私は海に近い地域で育ったためか海辺で過ごすことでとても心が落ち着きます。 もちろん、ほとんどの方が同様にお思いになるかもしれません。 生命の源である「海」を見たくなるのは生物としての本能である、といえるかもしれません。 さて、「横浜」という街はもう既にあらゆる部分で語り尽くされているかと思います。 私は数年前まで横浜に住んでおり、赤レンガ周辺のお決まりのコース...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]