Select Language



【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】 VOL.2 街撮りスナップ最強の常用ズームレンズ

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2017年08月03日 11時05分]



オリンパス・タイトル


【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】

VOL.2 : 原宿
街撮りスナップ最強の常用ズームレンズ


OM-D E-M1 Mark IIを使用し、東京をテーマにスナップ撮影へ訪れたのは次の街は原宿。
今も昔も新たな流行を発信し続けているこの街は、訪れるたびに違った表情を見せてくれる。

今回撮影に持ち出したレンズは『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』。
35mm判換算で24-200mmという焦点距離をカバーしながらも、F4通しの明るさを誇る本レンズ。
「F4だと少し暗いのでは」と思う贅沢な方もいるかもしれないが、
使用したカメラは手振れ補正に定評のある『OM-D E-M1 Mark II』なので、
夕暮れ時や夜間の撮影時でもシャッタースピードで明るさを稼ぐことが出来る。

筆者は撮影の際に手振れによく悩まされているのだが、このカメラの前ではその悩みはいとも簡単に吹っ飛んでしまう。
私と同じような悩みを持っている方は、だまされたと思って一度でいいからこのカメラを使ってみてほしい。
特に、このカメラとレンズの組み合わせは、写真を撮ることが何倍にも楽しくなること間違いなしの銘コンビなのだ。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:50mm/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200

さて、早速この組み合わせを持って向かった先は「原宿」。
原宿はいつ来ても人の海で、立ち止まってじっくりと撮影をすることはなかなか難しい。
その点E-M1 Mark IIは機動力が非常に高いので、がっちりとカメラをホールドして撮らずとも、
片手でサッと取りだして構えるだけで難なくピントを合わせてくれる。
だからこそ、普段自分が見ているありのままの光景を、空気そのものを写真に残すことが出来るのだ。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:100mm/ 絞り:F4/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200

街撮りスナップ撮影には広角レンズのイメージが強いかもしれないが、何かと重宝するのは望遠レンズだったりする。
余計な要素を省き、見せたい要点だけをギュッと写真の中に詰め込むことができるからだ。

しかし望遠撮影で気になるのは手ブレ。さっとカメラを構え、一瞬のタイミングをラフな状態で狙うことも多々あるのだが、
この『OM-D E-M1 Mark II』と『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』の組み合わせは本当にスゴイ。
5軸で6.5段分という最高峰の手振れ補正機能は秒単位のスローシャッターでも手持ちで撮れてしまうほど優秀なのだ。
どんな状況でもブレない写真が撮れる、これほど心強いカメラは他にないだろう。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:31mm/ 絞り:F4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200

このレンズがあれば、撮れないものはない。

本レンズの最短撮影距離は15cm。最大撮影倍率0.6倍と、マクロレンズ並みに寄ることも可能だ。
冒頭でも触れたが、本当に幅広い撮影シーンで活躍してくれる1本だと改めて感じた。
少し使用しただけで、発売から約9ヶ月ほど経つ今でも人気が高い理由が良く分かる。
M.ZUIKO DIGITALレンズの中で最も汎用性が高いレンズだと言っても過言ではないだろう。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:54mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200

原宿はユニークな形の建物が非常に多い。
そして、店舗の入れ替わりも早く訪れるたびに表情を変える面白い街だ。
だからこそ、何度訪れても飽きない。それが原宿の愛される理由なのだろう。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:54mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200

スナップはいかにその街の情景に自分とカメラが溶けこめるかで写真が大きく変わってくる。
その点でいうとこの『OM-D E-M1 Mark II』はスナップにも向いている一台と言えるだろう。
さりげさなは無いものの、カメラ・レンズともに小型なので威圧感もなく撮影ができ、画質はフルサイズ機並みに良い。
そしてとっさの瞬間にも対応してくれる高速AFは、シャッターチャンスを逃すことなく街を切り撮ってくれるはずだ。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:100mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200

充実したアートフィルター機能

基本性能の素晴らしさはもちろん、アートフィルター機能の存在も忘れてはならない。
こちらはアートフィルター「パートカラー」を使用して撮影した1枚。
女性の赤い服がモノクロの背景によく映える。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット

『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』は分類にすると高倍率ズームということになるのかもしれないが、その描写性能と手振れ補正機能は今まで私が知る高倍率ズームとは別次元のレンズだった。各メーカーから次々とフルサイズ機が登場中、改めてマイクロフォーサーズのメリットに納得した1本である。次はどの街にどのレンズを持って行こうか。





TOKYO VIEW BY OLYMPUS



〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2017年08月03日 11時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真に残す。 2018年06月21日
写真を撮っていくと 色々なことにこだわってきたり、臆病になったりします。 たとえば 白飛びや黒潰れ。 特にデジタルの世代になって「白飛び」にはかなり神経を使うことが多くなった気がします。 白飛びも黒潰れも気をつけなくてはいけないのは間違いありません。 そうなってしまったところは現像でも手をつけることが出来ませんから。 でもその「素材」を重視するあまり、なんでもかんでもアンダーに撮ってしまうようになっていました。 撮り方を知るほど、拡がる選択肢に助けられたり...
続きを読む
ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 2018年06月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ・アシスタント写真展 - 『Sunrise』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【PENTAX】K-1と散歩 【PENTAX】K-1と散歩 2018年06月20日
今回は「K-1 Mark II」でフラり、ブラり、プラり散歩をしてきました。 一緒に連れてきたレンズは「HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR」 「K-1 Mark II」からキットとして登場した標準レンズです。 焦点距離:28mm/絞り:f3.5/シャッタースピード:1/200秒/ISO:200 『皆何を考えているんだろう…』 通り過ぎる電車と、それを見届ける人々。 焦点距離:35mm/絞り:f11/シャッタースピード:1/80秒/ISO:800 高架下で撮影した一枚は光と影が層になり少しだけ神秘的な世界に。 焦点距離:50mm/絞り...
続きを読む
Qと旅する 【Leica】Qと旅する~台湾編~ 2018年06月19日
今回Qと共に訪れたのは、台湾! まずは仕事終わりに羽田に集合! 一晩明かし、早朝の便で旅立ちます。 人生初海外ということもあり、ドキドキワクワクの中上陸しました! 暑いというのは調べていましたが、正直甘かったです。 サウナと言っても過言ではない次元でした。 ではまずは水分補給をしましょう。 Monster改め魔爪です。 日本のものに較べると味や香りが薄く、癖がない印象でした。 こちらは日本では見かけないチュッパチャップスのジュース お茶が激甘だったりと、甘...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写真展『なかののなかの』 2018年06月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『なかののなかの』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]