Select Language



【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】 VOL.2 街撮りスナップ最強の常用ズームレンズ

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2017年08月03日 11時05分]



オリンパス・タイトル


【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】

VOL.2 : 原宿
街撮りスナップ最強の常用ズームレンズ


OM-D E-M1 Mark IIを使用し、東京をテーマにスナップ撮影へ訪れたのは次の街は原宿。
今も昔も新たな流行を発信し続けているこの街は、訪れるたびに違った表情を見せてくれる。

今回撮影に持ち出したレンズは『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』。
35mm判換算で24-200mmという焦点距離をカバーしながらも、F4通しの明るさを誇る本レンズ。
「F4だと少し暗いのでは」と思う贅沢な方もいるかもしれないが、
使用したカメラは手振れ補正に定評のある『OM-D E-M1 Mark II』なので、
夕暮れ時や夜間の撮影時でもシャッタースピードで明るさを稼ぐことが出来る。

筆者は撮影の際に手振れによく悩まされているのだが、このカメラの前ではその悩みはいとも簡単に吹っ飛んでしまう。
私と同じような悩みを持っている方は、だまされたと思って一度でいいからこのカメラを使ってみてほしい。
特に、このカメラとレンズの組み合わせは、写真を撮ることが何倍にも楽しくなること間違いなしの銘コンビなのだ。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:50mm/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200

さて、早速この組み合わせを持って向かった先は「原宿」。
原宿はいつ来ても人の海で、立ち止まってじっくりと撮影をすることはなかなか難しい。
その点E-M1 Mark IIは機動力が非常に高いので、がっちりとカメラをホールドして撮らずとも、
片手でサッと取りだして構えるだけで難なくピントを合わせてくれる。
だからこそ、普段自分が見ているありのままの光景を、空気そのものを写真に残すことが出来るのだ。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:100mm/ 絞り:F4/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200

街撮りスナップ撮影には広角レンズのイメージが強いかもしれないが、何かと重宝するのは望遠レンズだったりする。
余計な要素を省き、見せたい要点だけをギュッと写真の中に詰め込むことができるからだ。

しかし望遠撮影で気になるのは手ブレ。さっとカメラを構え、一瞬のタイミングをラフな状態で狙うことも多々あるのだが、
この『OM-D E-M1 Mark II』と『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』の組み合わせは本当にスゴイ。
5軸で6.5段分という最高峰の手振れ補正機能は秒単位のスローシャッターでも手持ちで撮れてしまうほど優秀なのだ。
どんな状況でもブレない写真が撮れる、これほど心強いカメラは他にないだろう。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:31mm/ 絞り:F4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200

このレンズがあれば、撮れないものはない。

本レンズの最短撮影距離は15cm。最大撮影倍率0.6倍と、マクロレンズ並みに寄ることも可能だ。
冒頭でも触れたが、本当に幅広い撮影シーンで活躍してくれる1本だと改めて感じた。
少し使用しただけで、発売から約9ヶ月ほど経つ今でも人気が高い理由が良く分かる。
M.ZUIKO DIGITALレンズの中で最も汎用性が高いレンズだと言っても過言ではないだろう。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:54mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200

原宿はユニークな形の建物が非常に多い。
そして、店舗の入れ替わりも早く訪れるたびに表情を変える面白い街だ。
だからこそ、何度訪れても飽きない。それが原宿の愛される理由なのだろう。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:54mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200

スナップはいかにその街の情景に自分とカメラが溶けこめるかで写真が大きく変わってくる。
その点でいうとこの『OM-D E-M1 Mark II』はスナップにも向いている一台と言えるだろう。
さりげさなは無いものの、カメラ・レンズともに小型なので威圧感もなく撮影ができ、画質はフルサイズ機並みに良い。
そしてとっさの瞬間にも対応してくれる高速AFは、シャッターチャンスを逃すことなく街を切り撮ってくれるはずだ。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:100mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200

充実したアートフィルター機能

基本性能の素晴らしさはもちろん、アートフィルター機能の存在も忘れてはならない。
こちらはアートフィルター「パートカラー」を使用して撮影した1枚。
女性の赤い服がモノクロの背景によく映える。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット

『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』は分類にすると高倍率ズームということになるのかもしれないが、その描写性能と手振れ補正機能は今まで私が知る高倍率ズームとは別次元のレンズだった。各メーカーから次々とフルサイズ機が登場中、改めてマイクロフォーサーズのメリットに納得した1本である。次はどの街にどのレンズを持って行こうか。





TOKYO VIEW BY OLYMPUS



〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2017年08月03日 11時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】東北は仙台、戦国武将ゆかりの地へ 2018年06月29日
梅雨の時期と言われる6月、雨模様の東京から新幹線「はやぶさ」に飛び乗って晴れわたる宮城県仙台市へ。 機材は【OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II ボディ】+【M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0】、 それに【Velbon (ベルボン) 小型高伸縮比6段三脚 UT-55】と、総重量は約2.6Kgの軽量セット。 1時間半ほどで強い日差しの青空のもとへ到着です。 仙台といえば戦国武将の伊達政宗が有名。やはり、ゆかりの地を訪ねてみたくなります。 まずは、祀られている瑞鳳殿へ。 1979年に再建され、2001...
続きを読む
null 【OLYMPUS】ブレナイコイツハ水ニモツヨイ。 2018年06月24日
雨が続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか! この時期、「カメラが濡れないか心配で撮影に集中できない」という悩みを持つ方は多いかと思います。 そのような迷えるフォトグラファーの皆様、オリンパスの防塵防滴カメラを使ってみてはいかがでしょうか。 写真のカメラは、OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO。 ボディ内蔵5軸手振れ補正機構の完成度はもちろんのこと、12-100mmと組み合わせれば「シンクロ補正」にパワーアップする、カメラグランプリ2017受賞組の...
続きを読む
森にさす光 森にさす光 2018年06月09日
関東も梅雨に入り、いよいよ湿気の多い季節に突入しました。 梅雨入り宣言が出されながらも絶好調に晴れたこの日、 しばらく拝めないであろう日の光を今のうちに感じておこうと 都内にある森へ出かけました。 ゲートを抜けると目の前に広大な空間。 イギリス式、フランス式、日本式の庭園が組み合わされてできている園内には、 それぞれ特徴的な趣の空間が広がっています。 庭園もいいのですが、ゲートを抜けてすぐに右に折れると巨大な樹木が密集する 森林エリアに入ります。 足元に咲く小...
続きを読む
null 【OLYMPUS】 カメラもアンチエイジング。 2018年06月02日
先日発表されたカメラグランプリにおいて、オリンパス交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO」が交換レンズ部門受賞を果たしました。2016年度の「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」、2017年度の「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」に続く3年連続受賞はまさしく快挙。筆者も興奮冷めやらぬうちにというつもりで、夜の街をM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PROでスナップ撮影してみました。 F1.2というハイスピードで、交差点の一瞬を撮ってみたり・・・ 照明の斜光が印...
続きを読む
海街に惹かれて 海街に惹かれて 2018年05月18日
皆さんは心の落ち着く場所、というものがありますでしょうか。 以前にも書かせていただいたことがあるのですが、私は海に近い地域で育ったためか海辺で過ごすことでとても心が落ち着きます。 もちろん、ほとんどの方が同様にお思いになるかもしれません。 生命の源である「海」を見たくなるのは生物としての本能である、といえるかもしれません。 さて、「横浜」という街はもう既にあらゆる部分で語り尽くされているかと思います。 私は数年前まで横浜に住んでおり、赤レンガ周辺のお決まりのコース...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]