Select Language



【TAMRON】SP 24-70mm F2.8 G2 ニコン用 本日発売!

[ Category:etc.|掲載日時:2017年08月02日 13時00分]




TAMRONの新世代大口径標準ズームレンズ、本日から発売開始!


TAMRON (タムロン) SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 A032

SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2
Model A032


ニコン用 本日発売
(キヤノン用 9月2日発売予定)


TAMRON (タムロン) SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 A032

逆光時の撮影にも強いeBANDコーティングを施し、性能を上げた光学性能。
新制御システム「デュアルMPU」の採用で手ブレ補正効果5段と精緻かつ高速なAF性能を達成。
新世代に相応しいトップレベルのF2.8大口径標準ズームレンズに生まれ変わりました。


美しいデザインと共に様々な撮影シーンで活躍する大口径標準ズームレンズ。

MapCamera店頭でももちろんお試し頂けますので、
強力な手振れ補正と新世代の写りを体感しにいらしてください!







店頭、インターネットどちらからのご注文でも「36回払いまで金利ゼロ」でお馴染みの
「超低金利ショッピングクレジット」をご利用いただけます。
↓↓詳しくはバナーをクリック!!↓↓






〓〓新製品〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年08月02日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

本館4階マクロアドベンチャー 本館4階マクロアドベンチャー 2018年07月12日
本日はマップカメラ公式サイトのマクロ特集にちなんで、本館4階で取り扱っているマクロレンズをピックアップしてみました。 SIGMA Art 70mm F2.8 MACRO キヤノン純正マクロは他社製品を含めると様々な選択肢がありますが、70mm焦点距離で独壇場なのがSIGMAのカミソリマクロです。 今回Artシリーズの冠を引っ提げ、光学性能をさらに強化して帰ってきました。 Canon EOS 5D Mark III + Art 70mm F2.8 MACRO 絞りF4/シャッタースピード 1/80秒 インドシナウォータードラゴンを横か...
続きを読む
リバーサルフィルムについて。 リバーサルフィルムについて。 2018年07月10日
リバーサルフィルム。 フィルムには大きく分けて2種類。 ネガフィルムとリバーサルフィルムというものがあります。 今回はリバーサルフィルムの「FUJIFILM PROVIA100F」というフィルムをご紹介いたします。 対して、右上と右下のものリバーサルフィルム。 「スライドフィルム」や「ポジフィルム」とも呼ばれ、反転された補色(その色と正反対の色)が現れるネガフィルムとは異なり、 フィルム自体にそのまま色がのっています。(すごく簡単に説明していますが…) 左下のものがネガフィルム...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年6月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年07月09日
新品デジカメ6月ランキング 1位 SONY α7III レンズ交換式デジタルカメラ 2位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ 3位 Nikon D7500 レンズ交換式デジタルカメラ 4位 OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II レンズ交換式デジタルカメラ 5位 Nikon D850 レンズ交換式デジタルカメラ 6位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ 7位 SONY α...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 『第48回 ミノックス写真展』 2018年07月06日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第48回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
Motorsports photo #2 Motorsports photo #2 2018年07月04日
「5月6月サーキット撮影-Nikon・PENTAX-」 6月29日、関東甲信地方が梅雨明けし、毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか? 夏場の撮影は体調管理に気をつけながら行ってくださいませ! 筆者、最近のモータースポーツシーンで衝撃だったのが「TOYOTA GAZOO Racingがル・マン初制覇」をしたことであります。 このニュースはモータースポーツファンとして、とてもうれしい出来事でした! 10月には富士でもFIA世界耐久選手権が開催されるので今から楽しみであります。 さてさて、今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]