オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO | THE MAP TIMES 
Select Language



オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2017年08月16日 09時55分]





<特集>
オリンパスで広がる撮影の世界




第2回
高性能ズームの新スタンダード。
M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO




OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

ただいまマップカメラでは、
創業祭「MAP FES MAP CAMERA 23rd Anniversary」を開催中。
お得なSALEやイベントなど、
すでに利用してくださったお客様も多いことだろう。

そんな創業祭で盛り上がっているマップカメラでは、
本年カメラグランプリで三冠を達成したオリンパスを大特集!!
OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED12-100MM F4.0 IS PROが
カメラグランプリ三冠を獲得したオリンパスの実力を、
お伝えしたいと思う。

連載第2回で取り上げるのは、今まさに大注目の交換レンズ、
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROだ。
プロユースに耐えうる高品位な造りと高解像力。
今までの高倍率ズームレンズとは異なる
コンセプトの本レンズの実力をお届けしたいと思う。




一本二役。レンズ交換さようなら




2016年11月18日に発売された
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO。
焦点距離はフルサイズ換算で24-200mm相当。
フルサイズではお馴染みの交換レンズである
「標準ズームの24-70mm F4」と
「望遠ズームの70-200mm F4」の2本が、
全長116.5mm、フィルター径72mm、重量561gにまとまっている。

皆様、被写体と向き合うとき、
何度もレンズを交換した経験はないだろうか。
筆者は標準ズームと望遠ズームの交換を
繰り返すことが多々ある。
ライフワークの空を撮影しているとき、
入道雲を画面いっぱいに収めようと
望遠ズームに交換して撮影をしていたら、
空の全景を収めたく広角側に再度交換をする...といった具合だ。

このような撮影上の煩雑さを解消するのが、
このM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO。
利用頻度の高い焦点距離を1本でカバーし、レンズ交換の手間も省ける。
とっさの撮影にも対応できるのは、やはり嬉しい限りだ。





さすがのPROレンズ。妥協なき高画質



OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離100mm|シャッタースピード1.6Sec|F4.0|ISO 200

最近、SNSなどで流行している「長時間露光チャレンジ」。
手持ちで撮って、元データを見て驚いた。
塗装ムラなどまで確認できるほどシャープなのだ。
手ブレ補正機構が注目の的だが、
この高解像力も特筆すべきところ。


M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの
特筆すべき性能の一つに、高画質を挙げることができる。
従来の高倍率ズームレンズに付き物だったアマい描写は、

「オリンパスにとっては過去のモノ」

と言わんばかりの高解像レンズに仕上がっている。
さすが「PRO」の名を冠するだけあって、
オリンパスの意気込みを感じる。

同じくPROの名を冠する
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROと比較しても、
コントラストなどの解像感は遜色ないレベル。
線の細さや周辺減光は、絞りをF5.6くらいに設定することで、
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROと同レベルになるように思えた。


こうなると、試さずにはいられない。
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROを試してみるべく、
OM-D E-M1 Mark IIを携えて、夏の帰省に臨んだ。




ついに得た身軽さ。いろいろ撮りたくなる



OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離100mm|シャッタースピード1/80Sec|F4|ISO 800|-1.7 EV

OM-D E-M1 Mark IIとの組合せは上々。
高速連写とAF追随性能の向上が相まって、
電車内の乗客もシャープに結像できた。



OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離16mm|シャッタースピード1/250Sec|F6.3|ISO 200|+0.7 EV

出発地から目的地までの中間点に位置するサービスエリア。
梅雨晴れの空の青さが印象的なシーンだった。
余談だが、ここのラーメンは絶品だ。



OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離75mm|シャッタースピード1/160Sec|F5.6|ISO 64|+0.3 EV

標準ズームではあと一歩届かなかった画角。
撮りたいと思った瞬間、期待に応えてくれるのが
このレンズの頼もしいところ。



OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離80mm|シャッタースピード1/1000Sec|F5|ISO 200|+0.3 EV

機内の窓から見えた入道雲。
手前の機体までの距離もあったため、
圧縮効果を感じられる1枚となった。



OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離100mm|シャッタースピード1/400Sec|F5.6|ISO 200|+0.3 EV

海の青さを表現しようと、
アートフィルターのポップアートで仕上げた1枚。
解像力の高いレンズは、撮影もはかどる。
拡大鏡を使って、ピントピークを探しやすいからだ。






今回のまとめ




年々進化を遂げるマイクロフォーサーズ規格のカメラやレンズ。
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは、
従来の交換レンズにはない新しいコンセプトを通じて、
撮影シーンの可能性を開拓する存在のように思えた。

最たる点が、上でも取り上げた描写力の向上だ。
今までの高倍率ズームレンズは利便性重視のウェイトが大きく、
肝心な描写力が犠牲となっていた点は否めなかった。

そのような中、この悩みを解決する存在として登場した
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO。
小型軽量という従来からの強みはそのままに、
広角端から望遠端まで上位グレードと
互角の描写力を実現した本レンズ。
マイクロフォーサーズの強みを
最大限凝縮した存在と言って良いくらいだ。

これらに加えて、PROレンズ共通の防塵防滴機構や
MSC機構による高速AFなど恩恵も、見逃せないポイントだ。


何か表現したいとき
機材がその足枷になってはいけない。
新しいコンセプトを通じて、
撮影の世界を広げてゆくオリンパス。
次は何を取り上げようか。





今回使用したレンズ






今回の旅では大変お世話になった
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO。
ズームよし、寄ってよし、ブレは無しと、
良いとこどりのレンズだ。





本体との同時購入も、今がチャンス!!




大好評のマップカメラオリジナルセット。
本体も検討中というお客様、
このチャンスは見逃せませんよ!!



----------------------------------
さあ、あなたもオリンパスの世界へ!!
----------------------------------





〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2017年08月16日 09時55分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]