Select Language



【Leica】何コレっ?! 第16回 『14077』

[ Category:Leica|掲載日時:2017年09月07日 20時30分]



Leica ライカフレックスモーター
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。
まるで昭和30年代のロボットのリモコンのようなこれは、いったい何でしょう?
ライカのコードナンバー14077は、ライカフレックスモーター(1971~1977)です。

↓ このようにカメラに取付けます。 (カッコいい~!)(ちょっとロボっぽい?)
Leica ライカフレックスモーター
いわゆるモータードライブです。デジタル世代には馴染みがないかもしれませんね。
電動モーターによって、自動かつ高速にフィルム巻上を可能にする装置のことですよ。
14077の前面の銀色のボタンが、シャッターボタンです。

Leica ライカフレックスモーター

対応するのは、一眼レフカメラ「LEICAFLEX SL MOT」と「LEICAFLEX SL2 MOT」の2機種です。

Leica ライカフレックスモーター

「LEICAFLEX SL」、「SL2」の底面に
14077に接続する巻上軸など機械的な連動部や電気接点を追加したのが「MOT」というわけです。
Leica ライカフレックスモーター
直線的で角ばっているようですが、
良く見ると背面は緩やかにカーブしていて、ホールドしやすくなっています。
底面のノブを起こし、回して、カメラの三脚取付け穴に固定します。

Leica ライカフレックスモーター

右手側面にメインスイッチがあります。
「M」がON、「K」がOFFです。銀色のボタンを押しながらスライドします。

Leica ライカフレックスモーター

背面のスライドスイッチは、「S」が連続撮影、「E」が1枚撮り、「R」は巻戻しです。

連続撮影は、3~4枚/秒です。
1枚撮りは、シリアルナンバー2600より前のものにはありません。
フィルム巻戻しは、電動ではなく、手動です。カメラの巻戻しクランクを使います。

丸窓は、フィルムカウンターです。

Leica ライカフレックスモーター

電源は、単3乾電池を10本使用します。
電池ケースは、14077の左手側に収納されています。

Leica ライカフレックスモーター

また、専用グリップも用意されていました。
14077に取付けるので、手の位置はかなり下になりますが、丁度シャッターボタンに人差し指が来るようになっています。

「モードラ(モータードライブのこと)」
フィルムカメラ世代にとっては憧れの存在ですよね!
しかも Leica ですからね。
けたたましいほどの大音量で動きます。
プロカメラマン気分でシャッターを切り続けると、あっという間にフィルム1本終わってしまいます!









〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Leica|掲載日時:2017年09月07日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null αで蓮を撮る。 2018年07月23日
暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。 すっかり暑さにやられかけている筆者ですが、一度くらいは夏らしいものを撮ろうと奮起しまして 早起きは苦手だなあと感じつつも早朝から蓮の撮影に赴いて参りました。 東京ですと上野の不忍池などが有名どころでしょうか。 今年も見ごろが近づいてきたという報せを受け今回の撮影では埼玉県某所へ向かいます。 それではどうぞ。 α7RIII + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS ss1/320 F5.6 ISO100 焦点距離400mm 蓮は時間帯でいうと朝6時前後...
続きを読む
【24人の24mm】「東京スナップ」 【24人の24mm】「東京スナップ」 2018年07月22日
F1.4 1/2000 ISO-500 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 「東京スナップ」 F1.4 1/640 ISO-100 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 友人を連れて、初めて東京駅周辺で撮影。 こちらの写真は東京国際フォーラム横にて。 この日は非常に暑く、友人と私は汗だくでした。 F1.4 1/160 ISO-100 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 東京国際フォーラム内にて。 SIGMA Artならではの、奥に行くにつれてとろけるような、独特で...
続きを読む
Nikon D850+AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED VR 【Nikon】D850 海そして海! 2018年07月22日
海の日を終え、いよいよ夏休み突入です! 今年は梅雨が早く終わり、海開きも早かったので既に行かれた方もいらっしゃると思いますが、 ぶらりカメラ片手にお薦めの海を撮影して来ました。 車で出かけるのが当たり前の昨今、あえて電車で行ってみるのも良いものですよ。 先ずは毎年人気スポットの鎌倉駅から歩いて15分位の湘南”由比ガ浜” 江ノ島電鉄に乗れば由比ガ浜駅から1分 湘南は”鵠沼”や”七里ヶ浜””江ノ島”等ある中 由比ガ浜は”ザ・湘南 この夏に海に来た”と思わせてくれて、海の家...
続きを読む
【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
【Nikon】旅のお供にNikon P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]