【Leica】金曜フードショー☆第34回 12474 ズマロン M28mm F5.6用フード | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】金曜フードショー☆第34回 12474 ズマロン M28mm F5.6用フード

[ Category:Leica|掲載日時:2017年09月22日 10時30分]



Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6
みなさん、こんにちは「金曜フードショー」へようこそ!

レンズフードは、フレアやゴーストなどの原因となる有害光のレンズへの入射を防ぐためのものですが
レンズフード自体がコレクションの対象にもなっています。

このコーナーでは、実用的なものや変わった形のものなど多種多様なレンズフードを取り上げています。

今回紹介するのは、 ズマロン M28mm F5.6用の12474 フードです。

Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6

このレンズは、1955年発売のスクリューマウントのズマロン28mm F5.6
通称「赤ズマロン」の復刻版として2016年に登場しました。
バヨネットのMマウントになり、M型デジタルカメラに対応した6bitコードを備えています。。

Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6
フードもオリジナルのSOOBKに良く似た形をしています。
上面に「SUMMARON-M 1:5.6/28」、側面に「LEICA CAMERA WETZLAR」の刻印があります。
また、押しネジの下方に「12474」の刻印があります。
こちらは、白色塗料が流し込まれていなく、目立ちません。


Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6

Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6
SOOBKよりも小さめですが、角が丸くなっていますね。
表面の滑らかな仕上げと相まって、シャープな仕上がりです。

Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6
取付けは、押しネジ式です。
SOOBKにあった3つの突起は、ぐるりと1周になり、より安定した取付けに役立っています。
内側は、乱反射防止用に細かい溝が切ってあり、艶消し塗装されています。
(この溝は、たいへん美しく、見ていると吸い込まれるようです!)



Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6

現代のレンズとは思えない、レトロな雰囲気です。
大きなボディに小さなレンズは、目立ちませんが
フードは存在感ありますねぇ!

Leica (ライカ) ズマロン M28mm F5.6

新旧のズマロン用フードを並べてみました。
時の流れを感じます。いや~フードってほんとにいいもんですね!



※ズマロン M28mm F5.6用の12474 フードは、単体での販売はありません。
(レンズとセットになっております。)











↓さて、これまでの「金曜フードショー」は↓



↓便利なフード対応表ができました。ご利用ください。↓





〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年09月22日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]