Select Language

【FUJIFILM】FUJIKINA 2017 東京 見学レポート

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2017年09月11日 19時16分]

FUJIKINA2017レポート

2017年9月7日 東京・港区にて行われたXシリーズ、GFXファンミーティングイベント

『FUJIKINA 2017 東京』

その様子をレポートしたいと思います。




FUJIKINA2017レポート

会場は『綱町三井倶楽部』という歴史と気品のある洋館で行われました。

開場が平日の18:00ということもあり、仕事帰り風の来場者が非常に多い印象です。
そしてみなさんの肩や首にはストラップに繋がれた様々な『Xシリーズ』のカメラが。

かく言う私もプライベートで『X100F』を愛用しているXユーザーなのですが、
今回は取材用に『GFX50S』を使用してレポート写真を撮っています。



FUJIKINA2017レポート

館内も豪華絢爛。“きらびやか”というより“上品で格式高い”雰囲気です。

今回は同日(9/7)に発表された新商品があると聞きつけ、
どこにあるのかと探していると…



FUJIKINA2017レポート

なんとタッチ&トライコーナーにありました!
注目の『X-E3』『XF80mm F2.8 R LM OIS WR Macro』だけでなく、
GFX50S用の新レンズ『GF45mm F2.8 R WR』3つの発売前商品が試せることもあって、大盛況でした。
私も行列に並んで順番を待ちます。



FUJIKINA2017レポート

ありました!『X-E3』
基本性能は『X-Pro2』や『X-T2』と同様にX-Trans CMOS IIIとX-Processor PROを組み合わせた機種なので
撮影性能や画作りは完成されていると言っていいでしょう。そこへさらに動体追尾が強化されたAFが追加されています。

手にした感触は「小さいけど、使いやすい」。サイズは『X-A3』、またはレンズ交換の出来る『X100F』といった感じです。
背面のボタン類はシンプルになり、フォーカスレバーが追加されたことで操作性がUPしています。
また、『X-T20』と同様に電源スイッチ部に『AUTOモード』やタッチパネル操作が加わり、
これからの方にも使いやすい機種になりました。



FUJIKINA2017レポート

続いては新レンズ『XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro』

XFレンズ初となる等倍マクロを実現させただけでなく、テレコンバーターを併用することで最大2倍マクロまで撮影が可能です。
AFも静かで高速。手振れ補正は最大5段分まで効きます。
『XF 60mm F2.4 R Macro』も超解像力なレンズでしたので本レンズへの期待も高まりますね。



FUJIKINA2017レポート

そして『GF45mm F2.8 R WR』

35mm判換算で36mm相当の焦点距離となる単焦点レンズ。見た目も大きさも『GF63mm F2.8 R WR』のようで、
50mm派と35mm派によって両者に分かれるGFX50Sのファーストレンズになる予感です。

11月発売予定のレンズなのですが、会場で撮影した写真の掲載許可をいただきました。



Canon  EOS 6D Mark II
絞り:F4/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM GFX50S + GF45mm F2.8 R WR
<写真をクリックすると横幅5000pixの拡大画像が表示されます>

絞りF4でこの写りです。フォーカス部の解像力はかなり高いのですが、何より質感表現が素晴らしいですね。
階調のリッチな表現、滑らかなガラスの質感など、さすが中判デジタルの表現力です。



FUJIKINA2017レポート

タッチ&トライコーナーを後にして、既存のレンズラインナップが紹介されているショーケースを覗いていたのですが、

ん?んんん!?

なんと新レンズロードマップで発表された『XF8-16mm F2.8』『XF200mm F2』のモックアップが!!

『XF8-16mm F2.8』のサイズは他メーカーになりますが『SONY FE 12-24mm F4 G』くらい。
『XF200mm F2』はニコン・キヤノンの200mm F2のようなスタイルです。

『XF200mm F2』を『X−T2』に付けたら相当な迫力になりますね。あとは重量がどのくらいになるのか。



FUJIKINA2017レポート

同じくレンズロードマップで発表された『GF250mm F4』『GF1.4×テレコンバーター』のモックアップもありました!

きっとこのレンズも相当写りがいいレンズになることでしょう。完成品の描写が非常に気になる一本です。



FUJIKINA2017レポート

機材を中心にレポートしてきましたが、会場では数々の写真が紹介されていたり



FUJIKINA2017レポート

セミナーやトークショー、機材の貸し出しなど盛りだくさんの内容でした。



FUJIKINA2017レポート

いかがでしたでしょうか?
当日の会場はものすごい来場者の数でしたが、みなさん思い思いにイベントを楽しんでいる様子でした。
また、α7系やOM-D系のミラーレス機、ニコン、キヤノンの一眼レフを持った方も多数いらっしゃいました。
『FUJIKINA 2017 東京』はXユーザーだけでなくカメラ好きにとって有意義な時間を過ごせたイベントだったと思います。

実際に新商品に触れてみて、発売が非常に楽しみになりました。
マップカメラでは『X-E3』『XF80mm F2.8 R LM OIS WR Macro』
『GF45mm F2.8 R WR』のご予約も開始しています。


皆様のご予約お待ちしております。





[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2017年09月11日 19時16分]

面白いと思ったらコチラをClick!68票


【街で見つけた形にフォーカス】近所歩きのすすめ【PENTAX】

【街で見つけた形にフォーカス】近所歩きのすすめ【PENTAX】[2020年01月29日]

近所歩きのすすめ 『PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM』 f/1.4 1/400 ISO100 WB AUTO 遠くまで行かなくていい。 有名な観光地へ行かなくても、大それた街へ出かけなくてよい。 あなたの生活圏である近所を歩く。 いつもの通勤路を足早ではなく、ゆっくり歩いてみる。 車やバス、自転車を使用している道を、1日かけて歩いてみる。 f/3.5 1/400 ISO100 WB AUTO 家しか並んでいない道も...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】[2020年01月28日]

写真を撮るとき、被写体の形を意識するのはどんな瞬間ですか? 被写体を見つけたとき。 フレーミングして、構図を考えているとき。 シャッターを押す瞬間。 はたまた、撮り終わって、今日の思い出を眺めるときでしょうか? 私はシャッターを押す瞬間に被写体の形を意識しているように思います。 撮影の準備は全て終わり、あとはこの人差し指で快音を鳴らすだけ。 その瞬間に、散漫していた...
続きを読む
Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む