MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



棚から ローライ  その1

[ Category:etc.|掲載日時:2017年10月04日 20時00分]




食器棚からローライ

ある日、棚を開けたらローライの二眼レフカメラが出てきたとします。

・・・んなもの、都合良く出てくるか?! なんて、言わないでください。

どんな家にもエアポケット的な空間があって、この前まであったものが突然姿を消してしまったり、
失くしたと思っていたものが、一度は探したはずの所から出てきたり…

まぁ、そんなわけで棚からローライが出てきたとします。


さて、どうしましょう? 選択肢は3つ。

①マップカメラに売る。
(「高額で買い取らせていただきます。」→宣伝です。)

②マップカメラで下取交換して、最新のカメラを買う。
(「お買い求めいただくお品物の額により、査定額の10%アップも可能です。」→宣伝です。)

③いずれはマップカメラに売るかもだけど、とりあえず撮影を楽しんでみる。

①②も大変魅力的ですが(→宣伝です。)今回は③にしましょう。


null

ローライの二眼レフフィルムカメラ、ローライフレックス

一度眼にしたら忘れられない、なんとも気品漂うそのフォルム。

「これぞ、クラシックカメラ!」と言いたくなるようないで立ちです。

どこかのアンティークショップに飾りとして置いてある物しか見たことがない、なんて方もいらっしゃるでしょう。

こんなんで本当に写真が撮れるの?

ええ、撮れますとも。 一見工芸品を思わせる佇まいですが、構造はいたってシンプル。

一眼レフカメラは、ファインダーでピントを合わせ、その光景をフィルム(デジタルカメラではセンサー)に届けるために、
高速でミラーを上下させる必要があります。

しかし、二眼レフの場合、2つ並んだレンズが、それぞれ異なる役目を持っています。

下のレンズが撮影レンズで、シャッターが組み込まれていて、適切な量の光をフィルムに届けます。

上のレンズはフォーカスレンズ。 撮影者は、ミラーを介してボディの真上からファインダーを覗き、ピントを合わせます。

ミラーがパタパタしないので、撮影はいたって静か。

カショッという小さなシャッター音のみで、ショックもほとんどありません。

同じ中判カメラの雄で一眼レフ構造のハッセルブラッドが、バコッという大きな音とミラーショックで
存在をアピールする?のと、まさに対極をなしています。

1929年にローライフレックス オリジナルとして世に登場して以来、ローライの二眼レフは様々な改良を重ねながら、
しかし基本的なフォルムは変わらないまま、時を歩んできました。
(そのへんの歴史的な話は、また後日ということで…)


使用するフィルムは、120(ブローニー)フィルムという、中判カメラ用のものです。

フィルム1本で、6×6センチの正方形の写真が12枚撮れます

……たったの12枚?!

そう、12枚です。

メディア1枚で1000枚以上も撮影可能な今のデジタルカメラから見れば、なんとも効率の悪い話ですね。

でも、それがまたフィルムカメラの味でもあります。

1本で12枚しか撮れないのだから、撮影するときはかなり真剣にカメラを構えます。

露出は勿論、構図もしっかり練って、手ブレに気をつけながらカショッ…

1枚1枚に思いが込められていきます。


さて、今回使用するローライは、ローライフレックス 3.5F(プラナー)

ローライフレックスの、ひいては、二眼レフカメラのひとつの完成形ともいえるローライフレックス Fシリーズ。

3.5F(1958-1976)と2.8F(1960-1981)の2機種があります。

左が2.8F、右が3.5F

外装や機構は全く同じ。
違いは撮影レンズ。 3.5Fには75mmF3.5のレンズ2.8Fには80mmF2.8のレンズが搭載されています。

さらに、それぞれのカメラのレンズとして、
カールツァイス社製のプラナーシュナイダー社製のクセノタールのレンズが用意されていました。

つまり、Fシリーズとして4種のカメラが存在していたのです。

当時日本では、より明るいレンズを搭載した2.8F、それもツァイス製のプラナーが圧倒的人気でした。

ただ、3.5Fの方がレンズが小さい分、ボディバランスが良く、シャッターレリーズのトルクも軽かったので、
プロ好みのカメラとされていました。

そんな通好みのカメラが今回の撮影のお伴です。


ところで、そろそろ撮影の話に移りましょうか。

こんなクラシカルないで立ちのカメラが似合う所は… と考えを巡らせ撮影に向かったのは、
東京小金井の「江戸東京たてもの園」

江戸から明治・戦前の歴史的な建造物を移築・保存している野外博物館です。

撮影日は、ゴールデンウィーク直前の平日……って、かなり前の話です。

ここで予めお断りしておきますが、このブログには「今が旬」というものは存在しません。

筆者は「雨ニモマケテ 風ニモマケテ 雪ニモ 夏の暑サニモ負ケル」怠け者です。

休日の活動が簡単に休止状態(スリープモード)に陥るタイプです。

(仕事はします。 一生懸命します。 ええ、しますとも…)

たまにスイッチが入ると撮影に勤しみ、歩き回ったりしますが、その後は気が向いた時にスキャンをし、
気が向いた時に文章をつらつらと綴るスタイルです。

……なので、ゴールデンウィーク前の平日です。

皆様も「そういえば、ゴールデンウィークの頃、どこそこに行ったなぁ…」とか、
「あんなことや、こんなことしたっけ…」と
ご自分のその時を思い出しながら見ていただければ幸いです。

そう、写真は過ぎ去った「あの時」に思いを馳せるためのものでもあるのです。

(うん、いいこと言った…)

だからこその、ゴールデンウィーク前の平日です…


「江戸東京たてもの園」は、広大な都立小金井公園の一角にあります。

桜の名所としても有名な公園ですが、行った時は既にフジの花も咲き始めていました。

ローライフレックス3.5F (プラナー)
ローライフレックス 3.5F(プラナー) フジフィルム ベルビア100F

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

空は青く晴れ渡り、陽射しはこの時期としては少し強めでしたが、
新緑の瑞々しい若葉が作り出す木陰は、吹く風も心地よく爽やか・・・

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

そんな中をクラシカルなカメラを下げ、歴史ある家々を散策している自分・・・

なんて絵になるんでしょう・・・ と自己陶酔に浸ってしまいます。

そう、ローライの二眼レフは、撮影自体も楽しいですが、持ち歩いているだけで幸せな気分に浸れるカメラなのです。


ローライフレックス 3.5F(プラナー)
写真は、日本を代表する建築家のひとり、前田國男氏の自邸のリビング。

ル・コルビュジェの弟子でもある氏が、1942年に手がけた傑作です。

二層吹き抜けの高い空間、南側の壁が上から下まで窓になっていて、陽射しがたっぷり注ぎます。

その格子状の窓に映える、イサム・ノグチ氏デザインの照明・・・

う~ん、素敵。 これでテーブルにさりげなくローライが置いてあったら、
もうベストマッチじゃないですか・・・

よし、そ~っと置いて、記念写真でも撮るかな、なんて思っていたら、
若い女性の二人連れが入ってきて、「わぁ~、いいね、素敵!」なんて写真を撮り始めた・・・

・・・なかなか出ていってくれない・・・ 

・・・まだいる・・・

・・・・・・やめときましょう・・・(このおじさんは、結構シャイです・・・)


園内西ゾーンの山の手通りと名付けられた一帯には、洋風・和風それぞれの趣ある家々が並んでいます。

外観も素敵ですが、中の調度品がこれまた素晴らしい。

壁や棚などにしつらえられたレリーフや電灯など、こんな調度に囲まれながら優雅に暮らせたら・・・
なんて思ってしまうものばかり。

・・・で、パチリ。

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

感度100のフィルムで手持ち撮影では、これが限界・・・

シャッター速度 1/8秒、絞り開放で呼吸を止めて撮りましたが、ちょっとブレちゃったか・・・

今のデジタルカメラなら、労もなく撮れるシーンですが、まぁ、そこはそれ。

二眼レフでの撮影では、撮れないことを惜しむにしても、否定的になってはいけません。

正方形のファインダーに映し出された像を、自分だけに与えられた一幅の絵画として愛でてください。


ローライフレックス 3.5F(プラナー)

洋館にローライ
デ・ラランデ邸という洋館の喫茶で一服。

西ゾーンの奥には農家が並びます。

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

「お、いいカメラ持ってるね! 年代物だねぇ…」

そのうちの一棟でスタッフの方に声をかけられました。 やはり、ローライは目を引きます。

(はい、50年くらい前のカメラです。 新宿のマップカメラで売ってますよ!)

「……えぇ、まぁ…」

店を離れると、途端に内向的な性格です… 一応、心の中で店の宣伝をしておきました。

縁側にローライ


昔の商店などが並ぶ東ゾーンへと移動。



ローライフレックス 3.5F(プラナー)

手前の広場には、懐かしい都電の車体が・・・ 7500形というそうです。

鮮やかな黄色の塗装が、青空になんとも映えます。

そこから映画のセットのような下町の通りを、1軒1軒ひやかしながら進みます。

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

中判カメラはフィルムサイズが大きい分、35mm判に比べ同じF値にしても被写界深度が浅く、
ボケが大きくなりますが、この日は快晴、F11まで絞り込んだ結果、奥まではっきり写っています。

店内は暗いので、逆に絞りを開け気味にして撮影。

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

ポートレート撮影向きといわれていたプラナーですが、実はあまりボケはきれいではありません。


通りの奥、真正面にどんと構えているのは、子宝湯という銭湯。

昔の銭湯らしい立派な外観で、このたてもの園の顔ともいえる存在です。

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

中も懐かしさ漂う造り。 うちの近所にあった銭湯もこんなカゴだったような・・・

すると、あとから入ってきた20代と思しき女性グループが、「わぁ、懐かしい・・・」って、いや、違うでしょう!

君らの頃にはもうこんな設備なかったんじゃない?! 私だってギリギリだよ・・・

はたして、子どもの頃の実際の記憶か、映画などで観た記憶か・・・

えぇ、そんな微妙なお年頃です・・・

ローライフレックス 3.5F(プラナー)


ローライフレックス 3.5F(プラナー)

隣は鍵屋という居酒屋さん。 わーい!

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

ローライフレックス 3.5F(プラナー)

いいですよね、なんとも風情があります。

もし、旅先でふらっと入ったところがこんな感じだったら、もう最高なんですけど・・・

ちょいと一杯 with ローライ


そろそろ閉館の5時半が近くなってきました。

いいお天気とはいえ、ゴールデンウィーク直前(です!)

日もだいぶ傾いてきました。 このへんで帰宅の途につくとしますか。

今日の晩酌は、もちろん日本酒です!

つまみにローライ

続く・・・

(文責・イット)

棚からローライが出てこなかった方は、こちらでお買い求めいただけます。










〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年10月04日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む
【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 2018年08月13日
【はじまるMap 3D Travel】 ただいま本館3階では、マップタイムズで大好評シリーズ『はじまる410』と『マップカメラ』の 奇跡のスペシャルコラボ『世界を巡る夢の旅』を開催しております。 世界を見る。世界を感じる。世界を撮る。3Dの世界! 長い歴史の中で輝きを放っていて、見るものの心に残る世界のシンボル、 見どころ満載の世界のシンボルがマップカメラに出現! これを見なくては旅が始まらない世界のシンボルを間近で堪能できます。 はてしない旅の始まりをここから出発して...
続きを読む
【24人の24mm】24mmとの出会いは。 【24人の24mm】24mmとの出会いは。 2018年08月12日
【24人の24mm】24mmとの出会いは。 マップカメラ創業24周年を迎えるにあたり、スタッフ24名が焦点距離24mm(フルサイズ換算)を語る企画「24人の24mm」。 これを良い契機に写真をどこかへ撮りに行こうか...と考えていましたが、今年の酷暑っぷりに閉口する毎日です。少し視点を変えてみて、24mmとの出会いを振り返る良い機会かと思い、24mmの写真を交えながら執筆したいと思います。 24mmとの出会い、それはカタログを眺めていたときのこと。 著名な写真家が撮影したドラマチックな写...
続きを読む
【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 2018年08月12日
皆様こんにちは! 前回、前々回と「釧路・知床」の旅をお送りしてきました! このブログが今回の旅の最終回。早速いってみましょう。 「オシンコシンの滝」という日本の滝100選に選ばれる滝を見に来ました。 しかしながら滝の前は海外からの観光客で埋め尽くされていたので隅っこでパシャリ。 飛沫がFoveonなら写る!と信じて写したらいい感じに。 濡れた草と葉の上で弾かれる水滴、そして宙を舞う飛沫。 大伸ばしにプリントしても良さそうな気がしました。 果てしない大空と広い大地のその中...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]