Select Language

【Panasonic】映像制作日記01 LUMIX GH5×V-Log L&10bitを試す

[ Category: Panasonic|掲載日時:2017年11月08日 19時20分]



新ファームVer2.0が公開され「4:2:2 10bit ALL-I」記録に対応し、動画機としてより洗練されたGH5。
今回はPanasonicのLogの一種である「V-Log L」も導入したので早速、撮影テストを行った。


【GH5&V-Log Lで撮影】


使用機材:Panasonic GH5 + CN-E15.5-47mm T2.8 L SP + MFT to PL Adapter
C4K/4:2:2 10bit&V-Log L 4:2:2 10bit ALL-I記録
"Royalty Free Music from Bensound"

編集には「Adobe After Effects CC」を用いている。
今回はLogでの撮影のためカラーグレーディングが必要となり
最終的なグレーディングは上記ソフトによるもので、淡いトーンで仕上げた。

そもそも表題にもなっている「V-Log L」とは?

「V-Log L」は別売アップグレードソフトウェアキー「DMW-SFU1」を導入する事で使用できる撮影モード。
Logを使用することで、通常の撮影ガンマに比べて幅広いダイナミックレンジ(以下DR)を得ることが出来るため
後編集に向いた撮影方式である。

この「V-Log L」の元となっているのが
業務向け4Kデジタルシネマカメラ「VARICAM 35」に搭載されている「V-Log」だ。
「V-Log L」との大きな違いは撮影出来るストップ数(DRの再現域)で、
「V-Log」が14ストップ以上あるのに対して「V-Log L」は最大12ストップとなっている。
基本的には同じ特性曲線をもっており、「V-Log」をマイクロフォーサーズセンサー用として最適化している。


最初からボディに導入されているDR優先のフォトスタイル機能である「シネライクD」「V-Log L」の比較。
「シネライクD」も通常設定に比べると良好なDRを得る事が出来るが、見た目の違いは一目瞭然。
「シネライクD」も比較的DRが広いが「V-Log L」の方がハイライトの白飛びや黒の部分の階調がよく表現されていて、
DRの広さを実感出来た。

「V-Log L」では通常の撮影ガンマに比べて幅広いDRを得る一方、
Rec.709などのリニアガンマの映像に比べて、撮影時の見た目が最終的な仕上がりの見た目と異なるので注意が必要だ。

しかし、GH5にはLUTアシスト表示機能が付いており、SDカードに保存した
任意のLUTを選択して最終的な仕上がりをプレビューしながら撮影が出来るためスムーズな撮影に臨むことが出来た。

【4K 4:2:2 10bit&V-Log Lの実力】

逆光下での撮影

C4K/4:2:2 10bit&V-Log L素材からの切り出し
一見、遠方の階調が失われているようだが、編集で階調を整えると情報が残っており白トビせずに再現できた。


グレーディング後
逆光の厳しい条件ではあるが、このようなシーンは10bitLogの恩恵を実感でき、編集の幅は通常ガンマよりも大きい。
4:2:2 10bitは、4:2:0 8bitに比べ2倍の色情報、そして全体として128倍の情報量を持ち合わせている。

夕暮れの撮影

C4K/4:2:2 10bit&V-Log L素材からの切り出し
撮影終盤になると階調表現をテストするのに良さそうなグラデーションの空となってきた。
Log使用時は基準ISOが400~となり、DRを多く得るためか暗所でのノイズ感はやや多くなる印象だ。


グレーディング後
8bit Logではこのようなシーンではバンディングに気を付けながらグレーディングをしないといけなかったが、
色の破綻など特に気にせずに編集でき、10bitの豊かな諧調を十分実感できた。
※WEB掲載の都合上、動画・画像は8bitに圧縮およびリサイズされています。
その為、掲載画像ではバンディングが出ている点は留意ください


短時間でのテストでは有ったが、改めてGH5の動画機としてのポテンシャルの高さを実感した。
今まで8bitで撮影・編集することが多かったが、一度10bit素材の編集幅を体験してしまうと
8bit素材には戻れないほど良好な結果を得られた。

GH5の豊富な動画機能はまだ試せていないものが多いので、今後もレポートしていきたい。


↓GH5のご購入&オススメはコチラから!!↓




スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!
電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。




〓〓新製品〓〓

[ Category: Panasonic|掲載日時:2017年11月08日 19時20分]

面白いと思ったらコチラをClick!104票


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む