Select Language

【FUJIFILM】レトロなX-A3 ~ 私のピッタリカメラ ~

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2017年10月24日 19時00分]





FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



【レトロなXstyle X-A3】

FUJIFILM X-A3・・・私にピッタリのカメラと出会えました。

選んだ最初の理由は見た目!
かわいいレトロなフィルムカメラのようなボディに一目ぼれでした。

他、機能もたくさん便利なものがあり、
背面液晶のタッチパネルは、もうこれじゃないと私はダメです。



FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



タッチするだけでAFできて、撮ってすぐにピンチアウトで拡大して簡単に確認できるのです。
せっかちな私にとって連打操作しなくてよいのは本当にストレスフリーで嬉しい機能です。



FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



背面液晶には更に、身長の低い私を助けてくれる180度回転する機能もあります。
セルフ撮影に助かる機能だそうですが、私は持ち上げて撮影する際にこの機能を使用します。



FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



背の高いひまわりを正面から撮影するには
私はカメラを持ち上げないと届きません。

そこで背面液晶の上部を手前に引き下向きにして撮影をします。
するとカメラの視線がきれいに確認する事ができます。

セルフタイマーを設定した上で、タッチ機能の切り替えでタッチ撮影にすると
シャッターに指が届かなくてもブレずに撮影出来ます。



FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



あまりチャレンジしたことはないのですがマクロ撮影も出来ちゃいます。

シャッタースピードを設定できるので一度シャッターをおすと
設定した長さでシャッターが切れます。
なのでブレが少なく、フリーハンドでも花火の撮影が綺麗にできます。



FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



なにより私が多用している機能はワイヤレス通信機能です。
すぐに撮った画像を確認しながらスマホに転送できます。

私はよく帰り道でカメラの画像を見て情景を思い起こしたりしながらスマートフォンに転送して
その時思った事など、色褪せないままにインスタに投稿したりしています。

スマホのカメラよりも断然きれいな画像ですぐに投稿が出来るこの機能は
凄く嬉しい、私にはなくてはならない機能です。
スマホに保存できるのでLINEで友達に送ることもできます。



FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



日常の一コマもカメラできれいに撮影出来ると
なんともフォトジェニックに見えてきます。

新鮮でファッショナブルなクラシカルデザインは私にピッタリ!
これからの季節、このカメラと紅葉狩りに行くのが楽しみです。


↓Xstyleの『新感覚と視覚と秘密』の世界を体感したい方はこちら↓



↓↓レトロなXstyle X-A3はこちら↓↓






Message from XXX


『XXX トリプルエックス』~ 3つのXstyle ~

カメラのアナログ的な操作感とデジタルの融合から、撮ることの新たな歓びと発見が生まれる・・・新感覚のXstyle!

いかなる時も頼れるレンズ、優れたレンズから覗く世界は気分が上がり、

カメラに装着することで最高の写真表現の可能性へと変わる・・・視覚のXstyle!

秘めた力を発揮し、新たな可能性を広げてくれる秘密のアクセサリー・・・秘密のXstyle!

今ここに3つの力が1つになるとき、本当の力が宿る!






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2017年10月24日 19時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!77票


【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む