【FUJIFILM】レトロなX-A3 ~ 私のピッタリカメラ ~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language








FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



【レトロなXstyle X-A3】

FUJIFILM X-A3・・・私にピッタリのカメラと出会えました。

選んだ最初の理由は見た目!
かわいいレトロなフィルムカメラのようなボディに一目ぼれでした。

他、機能もたくさん便利なものがあり、
背面液晶のタッチパネルは、もうこれじゃないと私はダメです。



FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



タッチするだけでAFできて、撮ってすぐにピンチアウトで拡大して簡単に確認できるのです。
せっかちな私にとって連打操作しなくてよいのは本当にストレスフリーで嬉しい機能です。



FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



背面液晶には更に、身長の低い私を助けてくれる180度回転する機能もあります。
セルフ撮影に助かる機能だそうですが、私は持ち上げて撮影する際にこの機能を使用します。



FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



背の高いひまわりを正面から撮影するには
私はカメラを持ち上げないと届きません。

そこで背面液晶の上部を手前に引き下向きにして撮影をします。
するとカメラの視線がきれいに確認する事ができます。

セルフタイマーを設定した上で、タッチ機能の切り替えでタッチ撮影にすると
シャッターに指が届かなくてもブレずに撮影出来ます。



FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



あまりチャレンジしたことはないのですがマクロ撮影も出来ちゃいます。

シャッタースピードを設定できるので一度シャッターをおすと
設定した長さでシャッターが切れます。
なのでブレが少なく、フリーハンドでも花火の撮影が綺麗にできます。



FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



なにより私が多用している機能はワイヤレス通信機能です。
すぐに撮った画像を確認しながらスマホに転送できます。

私はよく帰り道でカメラの画像を見て情景を思い起こしたりしながらスマートフォンに転送して
その時思った事など、色褪せないままにインスタに投稿したりしています。

スマホのカメラよりも断然きれいな画像ですぐに投稿が出来るこの機能は
凄く嬉しい、私にはなくてはならない機能です。
スマホに保存できるのでLINEで友達に送ることもできます。



FUJIFILM (フジフイルム) X-A3 レンズキット



日常の一コマもカメラできれいに撮影出来ると
なんともフォトジェニックに見えてきます。

新鮮でファッショナブルなクラシカルデザインは私にピッタリ!
これからの季節、このカメラと紅葉狩りに行くのが楽しみです。


↓Xstyleの『新感覚と視覚と秘密』の世界を体感したい方はこちら↓



↓↓レトロなXstyle X-A3はこちら↓↓






Message from XXX


『XXX トリプルエックス』~ 3つのXstyle ~

カメラのアナログ的な操作感とデジタルの融合から、撮ることの新たな歓びと発見が生まれる・・・新感覚のXstyle!

いかなる時も頼れるレンズ、優れたレンズから覗く世界は気分が上がり、

カメラに装着することで最高の写真表現の可能性へと変わる・・・視覚のXstyle!

秘めた力を発揮し、新たな可能性を広げてくれる秘密のアクセサリー・・・秘密のXstyle!

今ここに3つの力が1つになるとき、本当の力が宿る!






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:10月24日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。 日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為 気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく 自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なので フラッシュなしでもブレずに表現出来まし...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]