Hassel Blad SWC | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  Hassel Blad SWC | THE MAP TIMES
Select Language

Hassel Blad SWC

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2007年12月19日 18時17分]
ハッセルブラッドの、というよりはカメラの中でもかなり特殊な分類に入るカメラだと思います。
 広角専用機として作られたこのカメラはかなりおもしろい特徴がいっぱいあります。
このカメラはカメラにレンズが付いているというよりもレンズにカメラが付いているといってもよいほど、ボディのメカニカル部は非常にシンプルな構造になっています。もともとレンズシャッターなので構造上シャッター無しのレンズに比べて制約があるのですが、このレンズに関しては妥協をせず、レンズの性能を可能な限り引き出せるように作られた為、ものすごく後玉が飛び出した形になりました。
~というわけで一眼レフタイプのボディに装着するとミラーにぶつかってしまう為専用のボディが作られたわけです。ミラーがないのでこのカメラは目測撮影になるのですが、超広角レンズということもあり撮影はそれほど難しくありません。主に建築関係の撮影をする為に作られたカメラだと思いますが、風景などを撮影すると思いがけないダイナミックな絵が出来上がります。
 SWCはそれほど多く作られていない割にはいくつかのバリエーションがあります。
最初に作られたのはレンズ鏡胴がシルバーのアルミニウムタイプのもので、1959から1969迄作られました。1970年頃になるとこの鏡胴が艶消しブラックになります。あとそれまでビューファインダーの接眼部が小さかったのに対しこのころから少し大きなゴムを取り付けることによってメガネをかけた状態でもメガネが傷つきにくくなりました。1972年になるとそれまでシルバークロームのみであったボディにブラックのボディが加わります。1973年になるとT*コーティングがなされるようになり、カラーでの発色がさらに良くなります。
 あと、SWCには弱点があり、構造上ポラロイドフィルムマガジンが取り付かないため使用出来ません。そこで当時日本の代理店であるシュリロカンパニーでは、これに対応する為にビューファインダーと三脚座金をかさ上げし、チャージレバーをラチェット式にすることによりポラロイドフィルムマガジンを使用出来るように改造するというサービスを行いました。その後この改良されたSWCはSWC/Mという名前で販売されるようになりました。
 本来プロ仕様のカメラであるハッセルブラッドは、日々ユーザーのニーズに合わせて本当に細かなマイナーチェンジを繰り返し、現在でも常に良い物を提供し続けてくれるカメラだと思います。
だからハマるとつらいですねぇ・・・
HASSELBLAD SWC(SuperWide C)
1959年~1980年製造
総生産台数約26,582台
撮影レンズ:C Biogon38mmF4.5
シャッタースピード:B、1~1/500秒 シンクロコンパー
画角: 対角線 90° 水平線 72°
フィルター径:シリーズ63
レンズ構成枚数:8枚 撮影範囲:0.3m~∞
SWCの現在の在庫は→こちら
※往時のカタログ

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2007年12月19日 18時17分]

面白いと思ったらコチラをClick!348票


null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2019年9月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング[2019年10月11日]

新品デジカメ9月ランキング 1位 SONY α7RIV ミラーレス一眼カメラ 2位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M7 コンパクトデジタルカメラ 3位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 4位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ 5位 Canon EOS 90D デジタル一眼レフカメラ 6位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 7位 Canon EOS RP ミラーレス一眼カメラ 8...
続きを読む
D850と彼岸花

【Nikon】D850と彼岸花[2019年10月11日]

少しずつですが涼しくなり、秋が近づいてきました。 今年も見頃を迎えた彼岸花を撮影するため埼玉県日高市曼珠沙華の里「巾着田」に行って参りました。 早朝ということで人は少な目。 雰囲気を堪能しつつのんびりと撮影します。 埼玉県日高市の高麗川に囲まれた「巾着田」。 巾着田と呼ばれるようになった由縁は日高市内を流れる高麗川の流れで形作られ、 見ると巾着に似ているので巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになったそうです。 秋の彼岸のころに咲くことから、「彼岸...
続きを読む