Select Language

Hassel Blad SWC

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2007年12月19日 18時17分]
ハッセルブラッドの、というよりはカメラの中でもかなり特殊な分類に入るカメラだと思います。
 広角専用機として作られたこのカメラはかなりおもしろい特徴がいっぱいあります。
このカメラはカメラにレンズが付いているというよりもレンズにカメラが付いているといってもよいほど、ボディのメカニカル部は非常にシンプルな構造になっています。もともとレンズシャッターなので構造上シャッター無しのレンズに比べて制約があるのですが、このレンズに関しては妥協をせず、レンズの性能を可能な限り引き出せるように作られた為、ものすごく後玉が飛び出した形になりました。
~というわけで一眼レフタイプのボディに装着するとミラーにぶつかってしまう為専用のボディが作られたわけです。ミラーがないのでこのカメラは目測撮影になるのですが、超広角レンズということもあり撮影はそれほど難しくありません。主に建築関係の撮影をする為に作られたカメラだと思いますが、風景などを撮影すると思いがけないダイナミックな絵が出来上がります。
 SWCはそれほど多く作られていない割にはいくつかのバリエーションがあります。
最初に作られたのはレンズ鏡胴がシルバーのアルミニウムタイプのもので、1959から1969迄作られました。1970年頃になるとこの鏡胴が艶消しブラックになります。あとそれまでビューファインダーの接眼部が小さかったのに対しこのころから少し大きなゴムを取り付けることによってメガネをかけた状態でもメガネが傷つきにくくなりました。1972年になるとそれまでシルバークロームのみであったボディにブラックのボディが加わります。1973年になるとT*コーティングがなされるようになり、カラーでの発色がさらに良くなります。
 あと、SWCには弱点があり、構造上ポラロイドフィルムマガジンが取り付かないため使用出来ません。そこで当時日本の代理店であるシュリロカンパニーでは、これに対応する為にビューファインダーと三脚座金をかさ上げし、チャージレバーをラチェット式にすることによりポラロイドフィルムマガジンを使用出来るように改造するというサービスを行いました。その後この改良されたSWCはSWC/Mという名前で販売されるようになりました。
 本来プロ仕様のカメラであるハッセルブラッドは、日々ユーザーのニーズに合わせて本当に細かなマイナーチェンジを繰り返し、現在でも常に良い物を提供し続けてくれるカメラだと思います。
だからハマるとつらいですねぇ・・・
HASSELBLAD SWC(SuperWide C)
1959年~1980年製造
総生産台数約26,582台
撮影レンズ:C Biogon38mmF4.5
シャッタースピード:B、1~1/500秒 シンクロコンパー
画角: 対角線 90° 水平線 72°
フィルター径:シリーズ63
レンズ構成枚数:8枚 撮影範囲:0.3m~∞
SWCの現在の在庫は→こちら
※往時のカタログ

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2007年12月19日 18時17分]

面白いと思ったらコチラをClick!357票


【街で見つけた形にフォーカス】○□△ 【HASSEL BLAD】

【街で見つけた形にフォーカス】○□△ 【HASSEL BLAD】[2020年01月14日]

お正月。好きですか?私は好きです。 空気か澄んでて、呼吸するのさえ楽しくなります。 隣の車両にも人ひとり見えないガラガラの都内の電車が 珍しくて、 今回の旅のお供を鎮座させてみました。 501CM+CB80mm F2.8+A12 カメラの基本構成は○と□でできている。 まずは自宅でポシャり、 平衡を見出す間にも猫は逃げます。 EKTACHROME E100 使ったフィルムはEKTACHR...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】形、裏道、自分の道【HasselBlad】[2020年01月08日]

X1D × 原宿 【 X1D + XCD 90/3.2 | 1/1000 | f3.2 | ISO 100 】 早いもので令和2年が明けて、もう一週間が経ちました。 初詣、七草粥などなど、新年の醍醐味を満喫してらっしゃいますでしょうか。 年明け前の話になりますが、年末にHasselblad X1Dを持ち出す機会がありました。 一目みれば"それ"とわかる独特な「形」。 この一台を持って歩き慣れた原宿の街を散策しました。 【 X...
続きを読む
503CX

【HASSEL BLAD】はじめまして、503CX[2019年12月11日]

近頃めっきり冷え込むようになりました。 新宿の街は、いたるところでクリスマスソングが流れており、令和を迎えたのも束の間といわんばかりに、あっという間に師走になってしまいました。 皆様にとって、今年はどのような一年だったでしょうか。 私にとっては、元号が変わることに託けて、いろいろと新しいことに挑戦してみた年でもありました。 例えば、「ハッセルブラッド」のカメラを...
続きを読む
C 80mm F2.8×500C

【増税前にデビュー】ハッセルブラッドVシステム[2019年09月07日]

プロカメラマンが持つ機材の代名詞であったハッセルブラッドのVシステム。 2013年にVシステムカメラの製造が終了されましたが、今なお人気の高さを誇っているカメラシステムです。 今年6月にはVマウントシステムにも対応したデジタルバック「CFV II 50C」の開発発表がされ再び注目を集めています。 今回は昨年製造が終了したフジフイルムのACROS 100をカメラに詰めて撮影してきました。 使用...
続きを読む
イメージです

【Hassel blad】 フィルム紀行(ときどき、奇行) ⑤ハッセルで合格祈願![2019年03月31日]

先月の誕生日に妻が卓上の酒燗道具をプレゼントしてくれました。 器にお湯を入れ、お酒を注いだ錫製のチロリを温めるもの。 …これがなかなか! いままでレンジでチンしていた時は、飲み口がどうもトゲトゲした印象だったのですが、湯煎したものはなんともまろやか!! 燗酒に向いたお酒というのもあるようで、奈良・春鹿の「さくら純米」や山形・大山の「十水」は、ぬる燗から人肌燗あたりの温...
続きを読む