【Leica】ノクティルックスで撮る真夜中ポートレート | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】ノクティルックスで撮る真夜中ポートレート

[ Category:Leica|掲載日時:2017年10月29日 14時45分]



Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F0.95 1/50秒 ISO1600

突然ですが、人間の目というのは暗い場所でもよく見えるものです。
カメラのレンズに換算すると「F1.0」だそうです。

明るいレンズというのは昔から誰しもが憧れるものですが
1966年にカメラ界の一線を走り続けるLeicaから「M50mm F1.2」が登場して以来
Leica最高峰の明るさを誇る名レンズとして君臨し続けているのが
「ノクティルックス」というレンズ。

今回ご紹介するのはノクティルックスの現行Ver.である「M50mm F0.95 ASPH」
レンズの明るさは驚異の「F0.95」!人間の目より明るいレンズです。
ノクティルックスの魅力を堪能するべく、今回は全て絞り開放で撮影しています。
そしてJPEG撮って出しです。
ピントの浅さがレンズの明るさを物語っています。

Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F0.95 1/200秒 ISO1600

とにかく被写界深度(ピントが合って見える範囲)が浅いので
数ミリ単位で動いただけでもピントがずれてしまいます。
しかし、今回使用したカメラ、Leica SL(Typ601)
ピント面を拡大しての撮影が出来るのでとても頼もしかったです!
とはいえ、SL(Typ601)のEVFの基本性能が非常に優秀なので
実はピント拡大の機能はほとんど使っておらず、ピント合わせにそこまで苦労しませんでした。

Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F0.95 1/100秒 ISO1600

ハロウィン用に持ってきたペストマスクを被ってゆらゆらり。
街灯の真下でトップライトを浴びて踊る、踊り子のようなイメージ。

ちなみに、同じシチュエーションをF2のレンズで撮るとしたら
シャッタースピードを1/20秒にするかISO感度を8000にしないと同じ明るさになりません。
前者は手ブレしそうですし、後者は高感度ノイズが気になります。
こういったシチュエーションでは難なく撮影が出来る明るいレンズが重宝します。

Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F0.95 1/160秒 ISO1600

ノクティルックスは「Noctilux」と書きます。
「Noct」は夜、「lux」は光という意味なので
まさにこういったシチュエーションにピッタリです。

Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F0.95 1/80秒 ISO1600

最短撮影距離は50mmレンズにしては少し長い1m。
それでもこの浮き立つような立体感と質感描写です。
「ボケ味」とはよく言いますが、ピント面からボケのグラデーションが見事です。

Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F0.95 1/125秒 ISO200

トップの写真もですが、被写体と距離を離してもなお背景ボケがしっかり出ます。
85mmや135mmといった望遠系のレンズを使えば背景ボケは簡単に出せますが
そうなると背景が写り込まなくなるので遠近感が無くなってしまいます。
この自然な遠近感を出しつつボケを演出できるというのが
ノクティルックスの真骨頂です!

実は今回初めて屋外で使用したのですが、撮っていてすごく難しいながらも楽しめました。
Leica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH
このセットはノクティルックスの明るさをフルに活かせる最高の組合わせです。

次は同じ組合わせで昼に撮るべく試行錯誤してチャレンジしたいと思います。
それではまた!

↓今回使用した機材はコチラ!↓









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年10月29日 14時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【MapTimes】One More Times!! vol.1 2019年08月24日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 というわけで今回は本館4Fのスタッフが撮影したブログをご紹介させていただきます。 超望遠レンズを使った...
続きを読む
【私のお気に入り】隅田川大橋 【私のお気に入り】隅田川大橋 2019年08月24日
Nikon D7100 + AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) ずっと地方暮らしだった私にとって、東京とはニュースでしか見聞きしたことのない存在。 この先どのような道を歩むのかと不安だらけな上京の日、隅田川大橋から眺めた景色が心に焼き付いています。 Nikon D7100 + AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) 青の濃淡が広がる世界に、白く輝く東京の象徴。 慌ただしい都会はそれ自体がビビッドな存在。そこに現れた柔らかな彩りの眺めに迎え入れてもらったような気がしたあの日。 時の流れを忘れら...
続きを読む
邸宅探訪 【私のお気に入り】邸宅探訪 2019年08月23日
私は"お気に入り"があればあるほど幸せな気分になれるので ついついたくさん"お気に入り"を増やしてしまいます。 さらなる"お気に入り"を見つけるために 新しい機材を持って、群馬県にある旧中島家住宅へ向かいました。 この邸宅は昭和初期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されているそうです。 邸宅の中でも一番豪華な部屋が応接室でした。 壁紙はシルク、ドアノブも家門の入った特注のものであったり、 海外から取り寄せたステンドグラスがはめてあったりまさに豪華絢爛です。 ...
続きを読む
【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]