Select Language



2017年10月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2017年11月09日 12時30分]



各地から紅葉の便りも聞かれ始め、絶好の撮影シーズンとなるはずが・・・
本当、今年はどうしてしまったんでしょうか?
特に週末、どんよりした空を見上げ、ため息をつく日々が続いてしまいました。
でも、ランキングは活発です。
10月も様々な動きがありました。


新品デジカメ10月ランキング
1位 Nikon D850 レンズ交換式デジタルカメラ
2位 Nikon D750 レンズ交換式デジタルカメラ
3位 Canon EOS 6D Mark II レンズ交換式デジタルカメラ
4位 SONY Cyber-shot RX10M4 コンパクトデジタルカメラ
5位 Nikon D5600 レンズ交換式デジタルカメラ
6位 Canon EOS 5D Mark IV レンズ交換式デジタルカメラ
7位 FUJIFILM X-E3 レンズ交換式デジタルカメラ
8位 SONY α7II レンズ交換式デジタルカメラ
9位 Leica M10 レンズ交換式デジタルカメラ
10位 FUJIFILM X-T2 レンズ交換式デジタルカメラ

Nikon D850

まずは、新品部門。
やはり強い Nikon D850。
しかし、あまりの人気ぶりにメーカーで生産が追いつかず品薄状態に。2位との差は僅かです。
まだまだ欲しい人はたくさんいます。Nikon には、頑張ってほしい限りです。
好調の Nikon は、D750、D5600 も好位置をキープしています。

そして Canon も、EOS 6D Mark II と EOS 5D Mark IV が、先月からの巻き返しをはかる結果になりました。

そんな中、注目は 4位に入った SONY Cyber-shot DSC-RX10M4(10月6日発売)。
最近、各シリーズの最新機種でその高いAF性能が話題となっている SONY ですが、
レンズ一体型 RX10 シリーズでも、新モデルはAF性能が飛躍的に向上。
高速連写・高倍率ズームと合わせ、あらゆるシーンにこれ1台で対応可能に。
それまでレンズ一体型カメラにあまり興味を示さなかった層からも、支持を集めました。

独自の色再現技術による「フィルムシミュレーション」システムが人気のFUJIFILM。
9月28日発売の X-E3 が、7位にランクインしました。
Xシリーズ中、最小・最軽量のモデル。
小さなボディで色のりの良い高画質な写真が撮れるのですから、ちょっと鞄に忍ばせておくのに最適なカメラです。

そして、なんと9位に LEICA M10 が!
LEICA製品のランクインは、昨年2月のLEICA Q(Typ116)以来で、実に1年8ヶ月ぶり。
10月中旬に価格改定があり、その値上げ前にご購入・ご予約されるお客様が多かったのが、最大の要因でしょう。

名門 LEICA の伝統と技術が結集した高画質な絵作りも勿論魅力ですが、ファンの心を大きくとらえたのは、そのボディサイズ。
銘機として名高い M型フィルムカメラを思わせる、そのボディの薄さは感動モノです。
実際、ご購入を迷われていて、お店でデモ機を手にされた瞬間、思わず購入を決定されたお客様が何人もいらっしゃいました。

とはいえ、およそ90万円のカメラがそんなに売れるものかって?!
ご安心ください!
マップカメラには「36回払いまで金利0%の超低金利ショッピングクレジット」という強い味方がいます。
ええ、迷わせませんとも!






中古デジカメ10月ランキング
1位 Nikon D810 レンズ交換式デジタルカメラ
2位 Canon EOS 6D レンズ交換式デジタルカメラ
3位 Canon EOS 5D Mark III レンズ交換式デジタルカメラ
4位 SONY α7II レンズ交換式デジタルカメラ
5位 Nikon D750 レンズ交換式デジタルカメラ
6位 Nikon D800 レンズ交換式デジタルカメラ
7位 FUJIFILM X-T2 レンズ交換式デジタルカメラ
8位 Canon EOS 7D Mark II レンズ交換式デジタルカメラ
9位 OLYMPUS OM-D E-M1 レンズ交換式デジタルカメラ
10位 Canon EOS 5D Mark II レンズ交換式デジタルカメラ

Nikon D810

中古部門も Nikon が1位に。
実に昨年5月の D750 以来、1年5ヶ月ぶりの首位奪還です。
それも2位に大きく差をつけての1位。これも D850 効果でしょうか?
D850 への買い換えで中古のD810の在庫が豊富になり、価格もより手頃になりました。
D750 や D800 に関しても同様の傾向が。
「そこまで最新の機能でなくても…」という方や「なるべく値段を抑えたい!」という方にとっても、
D850 様々といったところでしょうか。

さらに今回、10位以内に4機種がランクインした Canon にも、同様のことが言えそうです。 

そんな好調な Nikon・Canon に割って入った SONY α7II。
好評のキャッシュバックキャンペーンが一旦終了(11月3日より新しいキャッシュバックキャンペーンが始まっています)したため、
新品との価格差が開き、中古のお得感が上がりました。

さて、SONY といえば、待望の新機種「α7RIII」の発売日が11月25日に決定いたしました。
驚異の売れ行きを示した「α9」から半年あまりでの登場となります。
Nikon・Canon 同様、前モデルからの買い換えが多く予想されます。
店頭では「α9 を下取に出して買い換えると差額いくら?」というお問い合わせも増えています。
となると、次回の中古ランキングでは SONY勢の台頭が見られるかもしれません。

勿論、新品ランキングでの α7RIII の順位も気になります。
α9 も月末の発売にもかかわらず圧倒的強さでその月の1位を獲得しましたから、α7RIII も旋風を巻き起こすこと必至。
すでにご予約もたくさんお受けしています。
まだの方はお早めにマップカメラで!

11月に入ってようやく気候も回復してきましたので、彩り豊かな被写体を新しいカメラで捉えてみてはいかがでしょうか!
次回のランキングは、見るだけでなく、是非参加してください!!




[ Category:etc.|掲載日時:2017年11月09日 12時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]