SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM


茨城の国営ひたち海浜公園に行ってきました。
使用カメラはCANON EOS 5D MarkⅢです。

シグマのArt標準50mmレンズでF値を変えて撮影すると、どんな風に写るのでしょうか。
今回はF値を変えて、写りにどんな違いがあるのか色々と試してみました。

写真データはPCで編集せず、撮影したそのままのデータで掲載させて頂いてます。
撮影時、ピクチャースタイルでコントラストと彩度高めで設定した写真が多いです。


SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1600 ISO-100
撮影した時期は10月。
コキアはまだグラデーションカラーでした。
ピントは中央の辺りに合わせています。
F1.4で撮影。Artの特徴的な周辺のボケ味、色味が出ます。
私はこの周辺のボケ味が非常に好みで、ポートレートにもよく使いたくなります。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F10 1/125 ISO-100
今度はF10で撮影。
ピントは中央よりやや下のコスモスに合わせています。
周辺のボケがなくなり、すっきりと、引き締まった印象に。
単焦点だといつも開放で撮影することが多かったのですが、ぐっと絞った画も気に入りました。

コキアではアンバーなイメージ。コスモスではすっきり明るいイメージ。
全く異なったイメージなのに、設定を変えるだけでそれぞれのイメージに近付ける素晴らしいレンズ。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/5000 ISO-100


SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1000 ISO-100


SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1600 ISO-100
この3つは開放での撮影ですが、
やはり太陽の位置によっても周辺の落ち方が違います。
被写体との距離や、被写体と背景との距離を変えて撮影すると、ボケ方も変わります。
それを意識しながら撮影してみると、また楽しいです。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F4 1/640 ISO-100
奥の空にピントを合わせての撮影。
コントラスト強め、彩度低めにしたら、絵画のようなイメージに。
夕方、急に天気が暗くなってきて、少し不思議な感じとなりました。



ここからは、同じ画角の写真をそれぞれ絞り値を変えて撮影してみました。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/2000 ISO-100

SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F8 1/80 ISO-100




SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/4000 ISO-100

SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F8 1/125 ISO-100




SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1000 ISO-100

SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F5.6 1/50 ISO-100

いかがでしょうか。
同じ被写体、同じ画角でも、絞り値を変えるとイメージがこれだけ変わります。

シグマのArtシリーズはコストパフォーマンスが非常に良いにも関わらず、
解像度が高く、滑らかで美しいボケ味、特徴的でシャープな描写力。
他者と差をつけるには持ってこいのレンズです。

あとはレンズの特性を知って、被写体のイメージによってF値や距離を変えると、
このレンズの良さを更に引き出せるかもしれません。
色々と検証してみると本当にイメージがガラっと変わるので、皆様も試してみて下さい。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F4 1/400 ISO-100
キレッキレの美しいピント。
他では決して出せない、シグマArtならではの力強い描写・色味・キレ味。
ぜひお客様のその手で味わって下さい。


********************

Artシリーズ85mmレンズの作例もあります。
同じシリーズでもボケ味の性質が異なるので、比べてみて下さい↓
SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM ポートレート撮影

********************



↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓










〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:11月30日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。 日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為 気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく 自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なので フラッシュなしでもブレずに表現出来まし...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]