SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証 | THE MAP TIMES 
Select Language



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証

[ Category:SIGMA|掲載日時:2017年11月30日 17時00分]




SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM


茨城の国営ひたち海浜公園に行ってきました。
使用カメラはCANON EOS 5D MarkⅢです。

シグマのArt標準50mmレンズでF値を変えて撮影すると、どんな風に写るのでしょうか。
今回はF値を変えて、写りにどんな違いがあるのか色々と試してみました。

写真データはPCで編集せず、撮影したそのままのデータで掲載させて頂いてます。
撮影時、ピクチャースタイルでコントラストと彩度高めで設定した写真が多いです。


SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1600 ISO-100
撮影した時期は10月。
コキアはまだグラデーションカラーでした。
ピントは中央の辺りに合わせています。
F1.4で撮影。Artの特徴的な周辺のボケ味、色味が出ます。
私はこの周辺のボケ味が非常に好みで、ポートレートにもよく使いたくなります。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F10 1/125 ISO-100
今度はF10で撮影。
ピントは中央よりやや下のコスモスに合わせています。
周辺のボケがなくなり、すっきりと、引き締まった印象に。
単焦点だといつも開放で撮影することが多かったのですが、ぐっと絞った画も気に入りました。

コキアではアンバーなイメージ。コスモスではすっきり明るいイメージ。
全く異なったイメージなのに、設定を変えるだけでそれぞれのイメージに近付ける素晴らしいレンズ。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/5000 ISO-100


SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1000 ISO-100


SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1600 ISO-100
この3つは開放での撮影ですが、
やはり太陽の位置によっても周辺の落ち方が違います。
被写体との距離や、被写体と背景との距離を変えて撮影すると、ボケ方も変わります。
それを意識しながら撮影してみると、また楽しいです。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F4 1/640 ISO-100
奥の空にピントを合わせての撮影。
コントラスト強め、彩度低めにしたら、絵画のようなイメージに。
夕方、急に天気が暗くなってきて、少し不思議な感じとなりました。



ここからは、同じ画角の写真をそれぞれ絞り値を変えて撮影してみました。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/2000 ISO-100

SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F8 1/80 ISO-100




SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/4000 ISO-100

SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F8 1/125 ISO-100




SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1000 ISO-100

SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F5.6 1/50 ISO-100

いかがでしょうか。
同じ被写体、同じ画角でも、絞り値を変えるとイメージがこれだけ変わります。

シグマのArtシリーズはコストパフォーマンスが非常に良いにも関わらず、
解像度が高く、滑らかで美しいボケ味、特徴的でシャープな描写力。
他者と差をつけるには持ってこいのレンズです。

あとはレンズの特性を知って、被写体のイメージによってF値や距離を変えると、
このレンズの良さを更に引き出せるかもしれません。
色々と検証してみると本当にイメージがガラっと変わるので、皆様も試してみて下さい。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F4 1/400 ISO-100
キレッキレの美しいピント。
他では決して出せない、シグマArtならではの力強い描写・色味・キレ味。
ぜひお客様のその手で味わって下さい。


********************

Artシリーズ85mmレンズの作例もあります。
同じシリーズでもボケ味の性質が異なるので、比べてみて下さい↓
SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM ポートレート撮影

********************



↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓










〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2017年11月30日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SIGMA】 dp3 Quattroで秋のバラ園を行く。 【SIGMA】 dp3 Quattroで秋のバラ園を行く。 2018年10月09日
皆様こんにちは! 気付けばもう10月。時が過ぎるのもあっという間です。 今回は、もうすぐ始まる旧古河庭園のバラフェスティバルの前に いつぞや撮影した同所の秋バラを載せていきます。 使用したカメラはSIGMA dp3 Quattroです。 「Foveon X3センサーQuattro」と銘打った独自センサーと50mm F2.8(35mm判換算75mm相当)で マクロ撮影もこなせる高性能レンズの相性は抜群! dpシリーズは撮影を終えてRAW現像するたびにニヤニヤしてしまう不思議な力があります。 「画質」を追い求める人は避けて...
続きを読む
SIGMA A 105mm F1.4 DG HSM 最強ポートレートレンズ SIGMA A 105mm F1.4 DG HSM 最強ポートレートレンズ 2018年08月23日
F1.4 1/100 ISO-125 先日、東京駅近辺にて友人とポートレート撮影をしてきました。 とても暑い日でしたが、東京駅近辺はポートレートにうってつけの撮影地が沢山あったので、 二人で撮影に夢中で楽しい一日となりました。 F1.4 1/500 ISO-100 とろけるようなボケ味とキレのあるピントがSIGMA Artならではの魅力です。 今回のArt 105mm F1.4、他社にも負けないこの解像力にとても惚れ惚れしました。 背景のビルの描写も湾曲することなく、真っ直ぐと綺麗に写されています。 ピントも素早...
続きを読む
【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 2018年08月12日
皆様こんにちは! 前回、前々回と「釧路・知床」の旅をお送りしてきました! このブログが今回の旅の最終回。早速いってみましょう。 「オシンコシンの滝」という日本の滝100選に選ばれる滝を見に来ました。 しかしながら滝の前は海外からの観光客で埋め尽くされていたので隅っこでパシャリ。 飛沫がFoveonなら写る!と信じて写したらいい感じに。 濡れた草と葉の上で弾かれる水滴、そして宙を舞う飛沫。 大伸ばしにプリントしても良さそうな気がしました。 果てしない大空と広い大地のその中...
続きを読む
【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その2 【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その2 2018年07月27日
皆様こんにちは! 前回のブログはいかがでしたか? 引続き「釧路・知床」の旅の様子をお送りします。 朝が苦手なのでギリギリまで寝て、着いたのは市場の中。 「勝手丼」と呼ばれるゴージャスなものが朝ご飯です。 「勝手丼」とはネーミングの通り、自分の好きなネタを好きなお店で買って乗せる丼です。 北海道といえば海の幸を思い浮かべる方も多いでしょう。 ご想像の通り、もしくはそれ以上に新鮮な海の幸が目白押しです。 ・ホタテ ・花咲ガニ ・幻のボタンエビ ・イワシ ・中トロ...
続きを読む
【24人の24mm】単焦点の凄さを思い知らされる24mm 【24人の24mm】単焦点の凄さを思い知らされる24mm 2018年07月25日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応) 単焦点の凄さを思い知らされる24mm 今回、私が使用したのは、6月14日に発売されたばかりの新レンズ「SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)」です。 新レンズと言っても、ニコン/キヤノン/シグママウント用は、発売から既に3年ほど経過しており、「マウントコンバーター MC-11」を介せは、すでにSONY Eマウントボディでも使用...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]