Select Language

【Nikon】史上最高の本格FX300mm ~ 日常にスパイス ~

[ Category: Nikon|掲載日時:2017年11月27日 15時30分]




Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


日常にスパイス

日常に望遠単焦点という名のスパイスを。憧れの『サンニッパ』

望遠の単焦点って、なんだか重そうだし、そんなに使わなさそう。そして何より高額・・・。
そういった理由でずっと購入を見送ってきた方は、たくさんいらっしゃると思います。

しかし、何も臆することはございません。

マップカメラにある中古という選択肢なら、もしかしたらあなたのお手元にも憧れのレンズがやってくるかもしれません。

今回ご紹介するのは、AF-S 300mm F2.8G ED VR IIでございます。
D500と組み合わせて撮影を行いましたので、換算約450mmとなります。
撮影地は、先日航空祭が行われた入間基地。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


まずはC-1・・・。巨躯ながらも華麗な旋回です。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


第一空挺団の団員が次々と飛び出します。
ばっちりシャープに写ってます。

そしてお待ちかねの・・・


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


ブルーインパルス!


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


美しいフォーメーションで会場を横切っていきます。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


そしてそのまま宙返り!
素晴らしいコンビネーションです。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


最後は帰投するF-15


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


同じく帰ってゆくF-2。機体を大きく揺らしてさよならのサイン!

一日撮影した感想としては、まずD500との組み合わせにおいての機動性の高さをしみじみと感じました。
オートフォーカスの正確性や追従性も、決してストレスは感じません。
これなら、様々なシチュエーションでの活躍が期待できます。

300mmという焦点距離は、望遠にしては短すぎると感じたり、逆に通常の撮影には長すぎると感じられがちですが、
このAF-S 300mm F2.8G ED VR IIは約2,900gとこのクラスのレンズにしては軽量です。
そして、APS-Cセンサーのカメラと組み合わせたり、テレコンバーターをつければ、
任意の焦点距離を作り出すこともできる、オールラウンダーなレンズでもあるのです。

「でも金額が・・・。」とお考えでしょうか?
そんな時は、ショッピングクレジットという選択肢があります。

2017年11月27日現在のAF-S 300mm F2.8G ED VRIIの中古美品ランクのお値段は439,800円(税込)
・・・もしもショッピングクレジットで超低金利のジャックス限定、48回のお支払いをご利用なら、

1回目・・・12,100円
2~48回目・・・9,100円

無理のないお支払いで、憧れの望遠単焦点をお求め頂けます。
憧れの『サンニッパ』を手に入れて、日々の撮影の中に刺激というスパイスは、いかがでしょうか。


ひとつの画角を持つことで強い主張に優れた描写力と
高い機動性の単焦点ニッコールレンズの魅力に迫る・・・不変のFXニッコールレンズ!



↓↓AF-S 300mm F2.8G ED VR IIはコチラ↓↓








ご利用ください!JACCS限定 48回払いまで金利0%で話題の「超低金利ショッピングクレジット」
↓詳しくはコチラ!↓
null


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2017年11月27日 15時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!123票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む