【Nikon】史上最高の本格FX300mm ~ 日常にスパイス ~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Nikon】史上最高の本格FX300mm ~ 日常にスパイス ~

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年11月27日 15時30分]





Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


日常にスパイス

日常に望遠単焦点という名のスパイスを。憧れの『サンニッパ』

望遠の単焦点って、なんだか重そうだし、そんなに使わなさそう。そして何より高額・・・。
そういった理由でずっと購入を見送ってきた方は、たくさんいらっしゃると思います。

しかし、何も臆することはございません。

マップカメラにある中古という選択肢なら、もしかしたらあなたのお手元にも憧れのレンズがやってくるかもしれません。

今回ご紹介するのは、AF-S 300mm F2.8G ED VR IIでございます。
D500と組み合わせて撮影を行いましたので、換算約450mmとなります。
撮影地は、先日航空祭が行われた入間基地。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


まずはC-1・・・。巨躯ながらも華麗な旋回です。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


第一空挺団の団員が次々と飛び出します。
ばっちりシャープに写ってます。

そしてお待ちかねの・・・


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


ブルーインパルス!


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


美しいフォーメーションで会場を横切っていきます。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


そしてそのまま宙返り!
素晴らしいコンビネーションです。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


最後は帰投するF-15


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


同じく帰ってゆくF-2。機体を大きく揺らしてさよならのサイン!

一日撮影した感想としては、まずD500との組み合わせにおいての機動性の高さをしみじみと感じました。
オートフォーカスの正確性や追従性も、決してストレスは感じません。
これなら、様々なシチュエーションでの活躍が期待できます。

300mmという焦点距離は、望遠にしては短すぎると感じたり、逆に通常の撮影には長すぎると感じられがちですが、
このAF-S 300mm F2.8G ED VR IIは約2,900gとこのクラスのレンズにしては軽量です。
そして、APS-Cセンサーのカメラと組み合わせたり、テレコンバーターをつければ、
任意の焦点距離を作り出すこともできる、オールラウンダーなレンズでもあるのです。

「でも金額が・・・。」とお考えでしょうか?
そんな時は、ショッピングクレジットという選択肢があります。

2017年11月27日現在のAF-S 300mm F2.8G ED VRIIの中古美品ランクのお値段は439,800円(税込)
・・・もしもショッピングクレジットで超低金利のジャックス限定、48回のお支払いをご利用なら、

1回目・・・12,100円
2~48回目・・・9,100円

無理のないお支払いで、憧れの望遠単焦点をお求め頂けます。
憧れの『サンニッパ』を手に入れて、日々の撮影の中に刺激というスパイスは、いかがでしょうか。


ひとつの画角を持つことで強い主張に優れた描写力と
高い機動性の単焦点ニッコールレンズの魅力に迫る・・・不変のFXニッコールレンズ!



↓↓AF-S 300mm F2.8G ED VR IIはコチラ↓↓








ご利用ください!JACCS限定 48回払いまで金利0%で話題の「超低金利ショッピングクレジット」
↓詳しくはコチラ!↓
null


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年11月27日 15時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 2018年04月27日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null Peak designのすゝめ 2018年04月26日
読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。 アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。 そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。 筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、 当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、 気に入って使ってい...
続きを読む
【Nikon】D850試し撮り 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそれ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]