【Leica】はじめてのライカ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】はじめてのライカ

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月13日 14時00分]


ついに念願のライカデビューを果たしました。
数あるライカのカメラの中から選んだのは、
王道の中の王道、M3です。

早速試写をご覧ください。

カラーネガ(ISO400)を使用し、
レンズはCanon (L)50mm F1.2です。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

道頓堀川にて。
M3のファインダーは大きく、見やすく、非常に快適です。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

川沿いに雑居ビルが立ち並ぶ景色は雑多で趣があります。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

一眼レフに比べシャッター音がとても静かなので、
街中でスナップ撮影をするには丁度いいです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

続いて大阪港。
青地に黄色い文字を見ると、
某大型家具量販店を思い出してしまいます。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

露出計はVoigtlander VCメーターIIを使用していますが、
明暗差のあるシーンでの撮影は露出設定が難しいです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

大阪と言えばたこ焼きです。
うっかりたこ焼きの写真を撮るのを忘れていました・・・。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

ところ変わって新宿へ


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

西日を受けるタワーの陰影が良い感じです。
この階調の豊かさはフィルム撮影の特徴でしょう。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

普段見慣れた風景も、ファインダーを通すと輝いて見えます。
上がってきた写真を見てガッカリするのもフィルムカメラならでは・・・。



Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

新宿から代々木へ向かいます。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

代々木初上陸です。
新宿から近くてビックリしました。
自分の家から最寄り駅までより、
よほど近いので複雑な気持ちです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

窓枠を利用した構図です。
枠を活かそうとし過ぎて不自然になりました。
レンジファインダーカメラのファインダーは
実際に写る範囲とは違うものを見るので、視差が生じます。
そこを考えながら撮影するのも面白いものです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

レンジファインダーカメラは、一眼レフカメラと違い、
シャッターを切った際にミラーが動きません。
その為、シャッターのショックが非常に少ないので手ブレも気にならず
いつもより遅いシャッターを切ることができました。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

シャッターを切った際にミラーが動かないので、ファインダーもブラックアウトしません。
視差はありますが、より肉眼に近い見え具合で、
空間をそのまま切り取るような感覚を覚えます。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2


いかがでしたでしょうか。

M3の魅力は様々ありますが、私が特に感じたのはシャッターの感触です。
シャッターの感触の良さは他に代え難いものがあります。
一度この感触を知ってしまうと、
他のカメラには戻れなくなるほどの魅力があります。

後のM4,M6といったカメラと比較すると
ファインダー内では50/90/135mmの3種類しか画角が確認できなかったり、
フィルムの装填時にスプールを抜き取らないといけなかったり、
初期モデルだとフィルム巻上げ時に2回巻きあげないといけなかったり、
慣れるまでは少し大変さを感じる事もあるかもしれません。

しかし、そこがM3の可愛いところでもあり、愛着がわくポイントです。
50mmより狭い画角しか確認できないファインダーは、その分倍率が高いので
歴代M型モデルの中でも特にピント合わせがしやすく
フィルムの装填や巻上げの所作も「写真を撮ってる」という感覚を強く感じる事ができます。

M3はM型のファーストモデルでありながらカメラの完成形のひとつだと感じました。

初めてのライカにM3はとてもオススメです!





マップカメラ本館地下フロアにある「ライカブティック MAP CAMERA SHINJUKU」は今年で5周年!
それを記念してフォトコンテストを開催いたします!!
応募条件はただひとつ!「ライカ社製カメラ」で撮影している写真であること。
デジタルは勿論、フィルムスキャンの作品も応募可能です。
「ライカで撮る」をテーマに皆様からのご応募お待ちしております!




〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月13日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]