Select Language



【Leica】はじめてのライカ

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月13日 14時00分]


ついに念願のライカデビューを果たしました。
数あるライカのカメラの中から選んだのは、
王道の中の王道、M3です。

早速試写をご覧ください。

カラーネガ(ISO400)を使用し、
レンズはCanon (L)50mm F1.2です。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

道頓堀川にて。
M3のファインダーは大きく、見やすく、非常に快適です。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

川沿いに雑居ビルが立ち並ぶ景色は雑多で趣があります。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

一眼レフに比べシャッター音がとても静かなので、
街中でスナップ撮影をするには丁度いいです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

続いて大阪港。
青地に黄色い文字を見ると、
某大型家具量販店を思い出してしまいます。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

露出計はVoigtlander VCメーターIIを使用していますが、
明暗差のあるシーンでの撮影は露出設定が難しいです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

大阪と言えばたこ焼きです。
うっかりたこ焼きの写真を撮るのを忘れていました・・・。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

ところ変わって新宿へ


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

西日を受けるタワーの陰影が良い感じです。
この階調の豊かさはフィルム撮影の特徴でしょう。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

普段見慣れた風景も、ファインダーを通すと輝いて見えます。
上がってきた写真を見てガッカリするのもフィルムカメラならでは・・・。



Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

新宿から代々木へ向かいます。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

代々木初上陸です。
新宿から近くてビックリしました。
自分の家から最寄り駅までより、
よほど近いので複雑な気持ちです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

窓枠を利用した構図です。
枠を活かそうとし過ぎて不自然になりました。
レンジファインダーカメラのファインダーは
実際に写る範囲とは違うものを見るので、視差が生じます。
そこを考えながら撮影するのも面白いものです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

レンジファインダーカメラは、一眼レフカメラと違い、
シャッターを切った際にミラーが動きません。
その為、シャッターのショックが非常に少ないので手ブレも気にならず
いつもより遅いシャッターを切ることができました。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

シャッターを切った際にミラーが動かないので、ファインダーもブラックアウトしません。
視差はありますが、より肉眼に近い見え具合で、
空間をそのまま切り取るような感覚を覚えます。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2


いかがでしたでしょうか。

M3の魅力は様々ありますが、私が特に感じたのはシャッターの感触です。
シャッターの感触の良さは他に代え難いものがあります。
一度この感触を知ってしまうと、
他のカメラには戻れなくなるほどの魅力があります。

後のM4,M6といったカメラと比較すると
ファインダー内では50/90/135mmの3種類しか画角が確認できなかったり、
フィルムの装填時にスプールを抜き取らないといけなかったり、
初期モデルだとフィルム巻上げ時に2回巻きあげないといけなかったり、
慣れるまでは少し大変さを感じる事もあるかもしれません。

しかし、そこがM3の可愛いところでもあり、愛着がわくポイントです。
50mmより狭い画角しか確認できないファインダーは、その分倍率が高いので
歴代M型モデルの中でも特にピント合わせがしやすく
フィルムの装填や巻上げの所作も「写真を撮ってる」という感覚を強く感じる事ができます。

M3はM型のファーストモデルでありながらカメラの完成形のひとつだと感じました。

初めてのライカにM3はとてもオススメです!





マップカメラ本館地下フロアにある「ライカブティック MAP CAMERA SHINJUKU」は今年で5周年!
それを記念してフォトコンテストを開催いたします!!
応募条件はただひとつ!「ライカ社製カメラ」で撮影している写真であること。
デジタルは勿論、フィルムスキャンの作品も応募可能です。
「ライカで撮る」をテーマに皆様からのご応募お待ちしております!




〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月13日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
【Canon】パンケーキとマクロレンズ 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
【Nikon】寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]