Select Language



【はじまる410】はじめての『SHOWA KINEN PARK』で秋フォト

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2017年11月21日 11時30分]






FUJIFILM (フジフイルム) X-T2 ボディ+フジノン XF 23mm F1.4 R




【□はじ○まる△410☆】×『美しい秋フォト』 

はじめての写真。はじめてのカメラ。はじめてのレンズ。
はじめての場所。はじめて過ごした時間。
そんなはじめてを大切に、はじめました『はじまる410(フォト)』

秋もぐっと深まる季節、豊かな自然に四季折々の季節を感じることができる日本!
そんな自然が目を楽しませてくれる紅葉の季節がやってきました。
さあ、『美しい秋フォト』しましょう。



FUJIFILM (フジフイルム) X-T2 ボディ+フジノン XF 23mm F1.4 R



『SHOWA KINEN PARK』

行ってきました国営昭和記念公園!
駅を降りてすぐに、迎えてくれるイチョウ並木、
黄葉になると黄金のさざなみのように見えます。



FUJIFILM (フジフイルム) X-T2 ボディ+フジノン XF 23mm F1.4 R



いつ行っても、どの季節も楽しめる公園で、
ゆったりとした空間がたくさんあります。
園内は水のゾーン・広場ゾーン・森のゾーンなどに分かれて、
とにかく広い!一日過ごせる公園だと思います。



FUJIFILM (フジフイルム) X-T2 ボディ+フジノン XF 23mm F1.4 R



イチョウの黄葉とモミジの紅葉が彩り鮮やかに、
見どころ満載の広大な園内は、
たくさんの人でにぎわうオススメのスポットが点在します。



FUJIFILM (フジフイルム) X-T2 ボディ+フジノン XF 23mm F1.4 R


紅葉を撮る大きなポイントは、その色!
大きく分けると「紅くなる葉」と「黄色くなる葉」がありますが、
いちばんの決め手は、その紅葉の色だと思います。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T2 ボディ+フジノン XF 23mm F1.4 R


落葉に埋もれるベンチが、とても雰囲気を漂わせていましたので、
ここで一枚!納得の一枚!


FUJIFILM (フジフイルム) X-T2 ボディ+フジノン XF 23mm F1.4 R



最近の撮影は、広角のXF23mmF1.4 Rを選ぶことがとても多いため、
手持ちでの撮影範囲が広がっていると感じました。

次回の紅葉撮影には、望遠レンズで一部を切り出したり、
マクロレンズで1枚の葉をクローズアップなど、
もっとメリハリのある表現や三脚を用いた撮影にも挑戦したいです。



FUJIFILM (フジフイルム) X-T2 ボディ+フジノン XF 23mm F1.4 R


日本庭園の紅葉は見事、今の季節は紅葉シーズンのため
写真撮影している人がとても多いです。
池をながめながらまったりできるので、ちょっとリラックス!


FUJIFILM (フジフイルム) X-T2 ボディ+フジノン XF 23mm F1.4 R


いつものように軽いフットワークで、快適にスナップ撮影を楽しみました。
黄金に輝くイチョウと紅色に染まるモミジ、
過ごし方が色々出来る魅力満載の公園で秋フォトしてみてください!



▼今回のお供『FUJIFILM』はこちら▼











『 TenTen・・のはじまる伝言 』

新しい発見と未来は『はじまるの森』の中






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2017年11月21日 11時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]