【PENTAX】 続・K-1とマニュアルレンズでライブ撮影! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





PENTAX K-1 + FA★24mm F2 AL IF
24mm F4 1/160秒 ISO6400
皆様こんにちは!
あと1ヶ月弱で2017年も終わりだなんて信じられないくらい時の流れが早く感じた1年でした。

去年の今頃に、とあるバンドのライブ撮影をさせてもらったことがあったのですが
彼女達が「またライブやるよ!」と声をかけてくれたので撮ってきました。
前回のライブ撮影ブログは商品詳細


PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK
85mm F2 1/200秒 ISO3200
前回も少し紹介しましたが、3人組インストバンド(ボーカル無しで演奏のみ)という尖った人達。
歌が無いことで、むしろ楽器それぞれの音が飛んでくるようによく聞こえてくる気がします。

紅一点のギタリストは髪を振り乱して一心不乱にギターを弾くので、追いかけながらパシャリ。
マニュアルフォーカスでの撮影は大変ですが、「撮ってるぞ!」という気持ちが強く
ちゃんとピントが合って、バッチリ決まった時の達成感というか充実感もその分大きいです。

PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK
85mm F2 1/160秒 ISO6400
私はギターを買ったものの全然弾けずにやめてしまったので
これだけ自由に弾けたらさぞ楽しいんだろうな、と思います。
その代わりにカメラでこうして写真を撮れるので、ギターは弾けなくても楽しい日々を過ごしています。

PENTAX K-1 + FA★24mm F2 AL IF
24mm F4 1/160秒 ISO640
さて、もう1つのバンドも撮らせてもらったので少しだけ。
3ピースでベースがボーカルというこれまた珍しい編成。

広角レンズで角度を付けて撮ると、このようにグッと広がりのある写真が撮れます。

PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK
85mm F1.8 1/200秒 ISO6400
私はいつも85mmのレンズを肌身離さず持っています。
気付いたらこのレンズの画角やボケの大きさに魅了されてしまったのです。
「中望遠レンズ」という括りのレンズは、目で見えている世界から被写体を切り取るのにすごく使いやすく
また、広角レンズのような角度を付けた時のパース(遠近感)の歪みが出ることもありません。

目の前の物を広く撮りたい、角度を付けて奥行きを演出したい時は広角レンズを。
大きなボケを出したい、被写体を切り取りたい時は中望遠レンズを。
といった具合で撮り分けることが多いです。

PENTAX K-1 + FA★24mm F2 AL IF
24mm F3.5 1/160秒 ISO3200
ステージライトが逆光になる、ライトの色が被写体に被る、
そもそも薄暗い場所なのでピントの山が掴みづらい、演奏者は当然動き回る…etc.
実は中々に難しい条件が揃った場所です。
こういった場所での経験がきっと何かのときに生きてくる…と信じてこれからも何処かで写真を撮るのです。

↓今回使用したカメラはコチラ!↓






マップカメラ恒例の「超低金利ショッピングクレジット」がパワーアップしました!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Pentax Ricoh|掲載日時:11月28日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。 日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為 気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく 自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なので フラッシュなしでもブレずに表現出来まし...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]