【PENTAX】 続・K-1とマニュアルレンズでライブ撮影! | THE MAP TIMES 
Select Language



【PENTAX】 続・K-1とマニュアルレンズでライブ撮影!

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2017年11月28日 18時30分]



PENTAX K-1 + FA★24mm F2 AL IF
24mm F4 1/160秒 ISO6400
皆様こんにちは!
あと1ヶ月弱で2017年も終わりだなんて信じられないくらい時の流れが早く感じた1年でした。

去年の今頃に、とあるバンドのライブ撮影をさせてもらったことがあったのですが
彼女達が「またライブやるよ!」と声をかけてくれたので撮ってきました。
前回のライブ撮影ブログは商品詳細


PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK
85mm F2 1/200秒 ISO3200
前回も少し紹介しましたが、3人組インストバンド(ボーカル無しで演奏のみ)という尖った人達。
歌が無いことで、むしろ楽器それぞれの音が飛んでくるようによく聞こえてくる気がします。

紅一点のギタリストは髪を振り乱して一心不乱にギターを弾くので、追いかけながらパシャリ。
マニュアルフォーカスでの撮影は大変ですが、「撮ってるぞ!」という気持ちが強く
ちゃんとピントが合って、バッチリ決まった時の達成感というか充実感もその分大きいです。

PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK
85mm F2 1/160秒 ISO6400
私はギターを買ったものの全然弾けずにやめてしまったので
これだけ自由に弾けたらさぞ楽しいんだろうな、と思います。
その代わりにカメラでこうして写真を撮れるので、ギターは弾けなくても楽しい日々を過ごしています。

PENTAX K-1 + FA★24mm F2 AL IF
24mm F4 1/160秒 ISO640
さて、もう1つのバンドも撮らせてもらったので少しだけ。
3ピースでベースがボーカルというこれまた珍しい編成。

広角レンズで角度を付けて撮ると、このようにグッと広がりのある写真が撮れます。

PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK
85mm F1.8 1/200秒 ISO6400
私はいつも85mmのレンズを肌身離さず持っています。
気付いたらこのレンズの画角やボケの大きさに魅了されてしまったのです。
「中望遠レンズ」という括りのレンズは、目で見えている世界から被写体を切り取るのにすごく使いやすく
また、広角レンズのような角度を付けた時のパース(遠近感)の歪みが出ることもありません。

目の前の物を広く撮りたい、角度を付けて奥行きを演出したい時は広角レンズを。
大きなボケを出したい、被写体を切り取りたい時は中望遠レンズを。
といった具合で撮り分けることが多いです。

PENTAX K-1 + FA★24mm F2 AL IF
24mm F3.5 1/160秒 ISO3200
ステージライトが逆光になる、ライトの色が被写体に被る、
そもそも薄暗い場所なのでピントの山が掴みづらい、演奏者は当然動き回る…etc.
実は中々に難しい条件が揃った場所です。
こういった場所での経験がきっと何かのときに生きてくる…と信じてこれからも何処かで写真を撮るのです。

↓今回使用したカメラはコチラ!↓






マップカメラ恒例の「超低金利ショッピングクレジット」がパワーアップしました!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2017年11月28日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】石と餃子の街へ 2018年11月16日
 11月も中旬、関東でも秋の気配が強くなり、上着が手放せなくなってきました。  そんな季節、今回は栃木県宇都宮へ。  宇都宮といえば、「大谷石」と「餃子」が有名。  駅前にも大谷石を使った「餃子のビーナス」が設置されています。  市の西部では「大谷石」の採掘場跡が多くみられ、岩肌の露出が目につきます。  内陸でもまるで海岸のような岩肌も見られます。  採掘場跡の岩壁に手彫りで彫刻された27mの平和観音。  そしてメディアでも話題の、大谷石採掘の歴史に...
続きを読む
Canon EOS M5+EF-M32mm F1.4 STM 【Canon】Mと夜景。 2018年11月15日
ハロウィンも終わり、 街はイルミネーションやクリスマスマーケットが始まり、 いよいよクリスマスに突入と言った雰囲気です。 この時期の夜は色んな光が街を彩っており、 そんな街を今回撮影してきました。 F2.8 2秒 ISO 100 レインボーブリッジが入った夜景写真。 東京では定番で、似たような写真を数え切れない程見た事があるかも知れません。 しかし、それは何度見ても「全く飽きない」その証拠でもあるのかもしれません。 F1.4 1/40秒 ISO 500 船乗り場付近の灯りを撮影。 少し冷え始...
続きを読む
秋が誘う 【FUJIFILM】秋が誘う 2018年11月14日
『FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8』 -言葉を写真に- 1/60 F5 ISO1250 ASTIA 季節は人々に"きっかけ"を与える。 いつもとは違う、少し遠いところへお出かけしてみたり、 季節を感じるために誰かを誘ってみたり、誘われてみたり、 毎年の楽しみになっていたり、お決まりのことであったり、 好きな季節が近づくと楽しむための準備をはじめたり… 積極的に外へ出かけることが少ない私にとって、 季節は外へ出かけさせてくれるきっかけになっています。 1/250 F2.8 ISO1250 ...
続きを読む
河童寫眞部 "※写真はイメージです。展" 写真展のご案内 ~ 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 2018年11月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Leica】ライカと往く 2018年11月13日
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 皆さんこんにちは。 日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。 Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。 SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]