気になるもの » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



気になるもの

[ Category:Pentax Ricoh|掲載日時:2017年12月02日 17時45分]



撮りたいからカメラを持っていくのか、それともカメラを持っているから撮るのか。
撮り貯めた写真を見ているときなど、ふと思うことがあります。

カメラを携えることで視点が変わる、などよく言われますが、
これは、カメラが単純な道具として以上の魅力をもつ所以の一つなのではないでしょうか。

あまり意識したことがなかったのですが、カメラを持つと私は古いものに引き寄せられるようです。

RICOH (リコー) GR II

よく覚えていませんが、なんとなくシャッターを切っています。



RICOH (リコー) GR II

決して綺麗なわけでもなく、ありふれたものかもしれませんが惹かれてしまいます。



RICOH (リコー) GR II

一朝一夕では生まれない景色です。



RICOH (リコー) GR II

500年前に何を見たのでしょう。500年後に何を見るのでしょう。



RICOH (リコー) GR II

長い年月を熱エネルギーに換える様。もとは大きな樹木であったのでしょう。
本能なのか、たき火の炎を見つめていると落ち着きます。


きっとカメラを携えて見えてくる世界は人様々。
いろいろな人の世界に気軽にお邪魔できるのも、写真の魅力ではないでしょうか。



◎使用した機材◎
RICOH(リコー) GR II






一世代前のRICOH GRはこちらからどうぞ!




RICOH GR DIGITALシリーズはセンサーサイズが小さくなりますが、その分ボディサイズもコンパクト。
コートの季節はポケットに忍ばせておくこともできます!






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Pentax Ricoh|掲載日時:2017年12月02日 17時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 2018年04月27日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null Peak designのすゝめ 2018年04月26日
読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。 アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。 そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。 筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、 当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、 気に入って使ってい...
続きを読む
【Nikon】D850試し撮り 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそれ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]