Select Language



【ROGUE】クリップオンストロボで遊ぼう!

[ Category:etc.|掲載日時:2017年12月26日 18時30分]




PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK
85mm F8 1/125秒 ISO200
皆様こんにちは!
ポートレート撮影の際にあると便利な「クリップオンストロボ」
よほど古い機材でなければ、カメラと連動して発光量を調整してくれる
TTLオート調光(メーカーによって呼び方や仕組みが若干異なります)が主流なので
カメラにストロボを乗せてシャッターを切ればこのように全体に光が行き届いた写真が簡単に撮れます。
室内の照明による色被りを軽減する効果があるだけでなく
コントラストがハッキリし、メリハリの効いた印象に仕上がります。

PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK
24mm F2.8 1/50秒 ISO400
こちらは薄暗い室内での撮影。
元来、ストロボはこういったところで写真を撮れるように
光を足してあげる役割で使うことが多いかと思います。

さて、今回はストロボにアクセサリを付けていつもと違った雰囲気で撮影してみよう!
ということでご用意したアクセサリが…


ROGUE フラッシュグリッド
こちら!まるでハチの巣のような見た目のアクセサリです。
ストロボ用のグリッドと言われるこのアクセサリは果たしてどんな効果が出るのでしょうか。

Leica SL(typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F2 1/125秒 ISO100
同じストロボを使って撮影していますが、先ほどより明らかに周辺が暗いです。
手元にだけ光が当たっていて、視線がその辺りに誘導されるような気がします。
まるでスポットライトのような効果です。


今回ご紹介するROGUE フラッシュグリッドの中にはこのように2つの異なる厚さのパーツが入っており
これらをどう使うかで光の当たる範囲を変えられるようになっています!
ただし、通常時とは光の当たり方が変わる為
最初にお話したTTLオート調光だと光量が合いません
基本的にはマニュアル発光で使用することになります。
スポットライトのように綺麗な光を当てるには幾分慣れが必要になってきます。


グリッドの中に入れるパーツの厚さが厚くなるほど光の当たる範囲が狭くなります。
このアクセサリがあれば、わざわざ舞台照明用の大きい機材を用意しなくても
まるでスポットライトを当てたかのような写真が簡単に撮れてしまうのです。

Leica SL(typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F2 1/125秒 ISO100
先ほどのような縦構図だとレンズとストロボの光軸がずれるので
横位置で顔に光が当たるように撮ってみました。
ストロボの発光量が強かったので白飛び気味になってしまいました。
まだまだ修行が必要なようです…

視線を誘導する効果があるだけでなく、いつもと違う写真でインパクトを狙ってみるのもいいかもしれません。

・いつもと違うことがしたい
・ポートレート撮影がマンネリ化してきたと感じる

そんな方は是非「ROGUE フラッシュグリッド」を使ってみてください
↓今回のオススメアクセサリはコチラ!↓


ホワイトグリッドは、元々入っている黒いグリッドよりも光の輪郭が柔らかくなります。
ソフトな印象でスポットライト風の写真を撮りたいときにあると良いです。

カラーフィルターはその名の通り、光に色を付けるためのフィルターです。
わざと色を被せて印象深い写真に仕上げたい方には特にオススメです。
私もカラーフィルターを買いましたが、まだ使っていません…
またストロボ撮影をした折に書いてみたいと思います。


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年12月26日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]