【ROGUE】クリップオンストロボで遊ぼう! | THE MAP TIMES 
Select Language



【ROGUE】クリップオンストロボで遊ぼう!

[ Category:etc.|掲載日時:2017年12月26日 18時30分]




PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK
85mm F8 1/125秒 ISO200
皆様こんにちは!
ポートレート撮影の際にあると便利な「クリップオンストロボ」
よほど古い機材でなければ、カメラと連動して発光量を調整してくれる
TTLオート調光(メーカーによって呼び方や仕組みが若干異なります)が主流なので
カメラにストロボを乗せてシャッターを切ればこのように全体に光が行き届いた写真が簡単に撮れます。
室内の照明による色被りを軽減する効果があるだけでなく
コントラストがハッキリし、メリハリの効いた印象に仕上がります。

PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK
24mm F2.8 1/50秒 ISO400
こちらは薄暗い室内での撮影。
元来、ストロボはこういったところで写真を撮れるように
光を足してあげる役割で使うことが多いかと思います。

さて、今回はストロボにアクセサリを付けていつもと違った雰囲気で撮影してみよう!
ということでご用意したアクセサリが…


ROGUE フラッシュグリッド
こちら!まるでハチの巣のような見た目のアクセサリです。
ストロボ用のグリッドと言われるこのアクセサリは果たしてどんな効果が出るのでしょうか。

Leica SL(typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F2 1/125秒 ISO100
同じストロボを使って撮影していますが、先ほどより明らかに周辺が暗いです。
手元にだけ光が当たっていて、視線がその辺りに誘導されるような気がします。
まるでスポットライトのような効果です。


今回ご紹介するROGUE フラッシュグリッドの中にはこのように2つの異なる厚さのパーツが入っており
これらをどう使うかで光の当たる範囲を変えられるようになっています!
ただし、通常時とは光の当たり方が変わる為
最初にお話したTTLオート調光だと光量が合いません
基本的にはマニュアル発光で使用することになります。
スポットライトのように綺麗な光を当てるには幾分慣れが必要になってきます。


グリッドの中に入れるパーツの厚さが厚くなるほど光の当たる範囲が狭くなります。
このアクセサリがあれば、わざわざ舞台照明用の大きい機材を用意しなくても
まるでスポットライトを当てたかのような写真が簡単に撮れてしまうのです。

Leica SL(typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F2 1/125秒 ISO100
先ほどのような縦構図だとレンズとストロボの光軸がずれるので
横位置で顔に光が当たるように撮ってみました。
ストロボの発光量が強かったので白飛び気味になってしまいました。
まだまだ修行が必要なようです…

視線を誘導する効果があるだけでなく、いつもと違う写真でインパクトを狙ってみるのもいいかもしれません。

・いつもと違うことがしたい
・ポートレート撮影がマンネリ化してきたと感じる

そんな方は是非「ROGUE フラッシュグリッド」を使ってみてください
↓今回のオススメアクセサリはコチラ!↓


ホワイトグリッドは、元々入っている黒いグリッドよりも光の輪郭が柔らかくなります。
ソフトな印象でスポットライト風の写真を撮りたいときにあると良いです。

カラーフィルターはその名の通り、光に色を付けるためのフィルターです。
わざと色を被せて印象深い写真に仕上げたい方には特にオススメです。
私もカラーフィルターを買いましたが、まだ使っていません…
またストロボ撮影をした折に書いてみたいと思います。


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年12月26日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

写真展のご案内 〜 『写真新世紀 2018年度[第41回公募]受賞作品展』 写真展のご案内 〜 『写真新世紀 2018年度[第41回公募]受賞作品展』 2018年10月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『写真新世紀 2018年度[第41回公募]受賞作品展』です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【Leica】ネコとM9 【Leica】ネコとM9 2018年10月23日
最近は休みの日がことごとく悪天候…。 家にこもって猫をひたすら撮っております。 今回の写真はすべてLeica M9 + Leica Summicron 50mm F2 2nd。 さっと構えて、露出とピントを合わせて、パチリ。 リズミカルでほどよいフィーリングのカメラです。 また、このLeica M9はCCDセンサー。 COMSセンサーと比較してこってりとした色のり。 独特な世界観を表現してくれます。 写真はすべて撮って出しです。 Leica Summicron 50mm F2 2ndは透明感のある描写。 今回使用したLeica M9です...
続きを読む
布施直樹写真展 "Dead man walking" 写真展のご案内 ~ 『布施直樹写真展 "Dead man walking"』 2018年10月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『布施直樹写真展 "Dead man walking"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SONY】つれづれ猫散歩。 【SONY】つれづれ猫散歩。 2018年10月22日
var forcia_var = { JAN_CODE: "4548736001657,4905524934786" ,LIMIT: "28" ,SELL:"used" ,SORT:"random" ,NO_SHOW:"subtitle,rating,review,icon_sp" ,GadgetType:"medium" ,DISP_PAGE_LINK: "1" };
続きを読む
【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]