ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language









ケラレはどれくらい!?
磁力でフィルターを取り付ける
Manfrotto Xume(ズーム)の実力!!


sharetapackage.
11月28日、マンフロットブランドのフィルターが、ついに日本上陸を果たした。
パッケージもシンプルかつ洗練された印象。


早いもので、年の瀬迫った12月。
街中はクリスマスソングやイルミネーションに溢れて
高揚感が高まっております。
毎年恒例の情景...に対抗して(?)、今回は今までに無かった
便利アイテムを取り上げたいと思います。






XUMEとは?



今回取り上げるアイテムは、
11月28日にマンフロットから発売されたフィルター用アクセサリー「Xume」。
何と読めば良いか......というところから疑問が尽きないあたり、
やはり斬新すぎます(ちなみに「ズーム」と読みます)。
レンズ用アクセサリーとしてのフィルターは超メジャーな存在ですが、
これは「フィルター用」アクセサリー。
端的に表現すると、フィルターの付け外しがワンタッチで行えるようになる、
超便利なアクセサリーなのです。




どのような場面で役立つか?



この季節、夜景やイルミネーション撮影はテッパンもの。
キラキラした感じを演出するためにクロスフィルターを用いたり、
幻想的雰囲気を演出するためにソフトフィルターを使用すると思うのですが…

これらは、何と言っても付け外しが面倒だと私は感じてしまいます。

きっと誰もが、フィルターの付け外しの度に、ぐるぐると回す手間を面倒と感じたハズ。
同じように、風景撮影時に色彩を強調させる目的で用いる偏光フィルターや、
昼間の長時間露光で用いるNDフィルターも、やはり付け外しが面倒。
何と言っても、シャッタースピード低下を伴うため、不要な場面なら外しておきたいもの。

「写真表現は妥協したくはない!」
「だけど、手際よく撮影はこなしたい!!」と思っているお客様!
XUMEを使って、サクサクと撮影をこなしてみませんか!?




使い方は、とても簡単




磁力を利用して付け外しを行うXume。
レンズに取り付ける「マグネットベース」と、
装着するフィルターに付けておく「フィルター用フレーム」の2種類で構成されています。
2つをあわせてマグネットツールとでも呼びましょうか。

まずお手持ちのレンズに、フィルターが取付けられるかをチェックしてください。
中には、レンズ前玉が出目金のように大きく湾曲していて、フィルターがそもそも付けられないものもあります。
フィルターが取り付けられるレンズは、レンズのどこかに「Φ」のマークと、続いて数字が振ってあります。
たとえば、77mmのフィルターが使えるレンズは「Φ77」と記載されています。
この数字があれば安心です。その数字が示す大きさのマグネットツールをお求めください。


Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)レンズ用マグネットベース + Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)フィルター用フレーム
レンズ先端から、プロテクトフィルター、マグネットベース、フィルター用フレーム、C-PLフィルターの順で取り付けた。
このレンズはフィルター径67mm(Φ67)だったので、各種67mmを用意。
マグネットツールだけでフィルター1枚分の厚みが!!

Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)レンズ用マグネットベース + Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)フィルター用フレーム
レンズ先端部から取り外した状態。
高さを測ったところ、ニコンFマウントのレンズリアキャップと同じでした。


文章で説明すると、凄く難しそうな印象を受けてしまうかもしれませんが、
危ぶむなかれ、です。取り付けてみれば、あまりの簡単さに驚愕してしまいますよ。





ケラレの発生状況




前置きが大変長くなりましたが、
筆者が一番重要と考えているのが、ケラレがどれだけ発生するか、という点です。
画面の四隅にフィルター枠が写り込んで、黒い影ができる現象です。
写る範囲が広い広角レンズのカテゴリーでは、
特に注意すべきポイントです。

撮影上もっとも気になるこの点に焦点を絞って、
以下ケラレの発生状況を見ていきます。

今回の試し撮りでは、SONYの交換レンズ
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z」。
ステップアップリング72-77をかませて、77mmのマグネットツールを装着しました。
ご厚意でお借りしたものが77mmだったものの、筆者のうっかりで手持ちレンズが72mmだったというオチです。(笑)
絞り値は、ケラレの形状がより判別できるようF22で統一しました。


まず試したのがこちら。

Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)レンズ用マグネットベース + Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)フィルター用フレーム

レンズ先端からステップアップリング、
マグネットツール、C-PLフィルターを取り付けてみました。

C-PLフィルターは、現時点で世界最薄のZeta EX C-PL。
薄枠設計を謳うフィルターの戦国時代にあって、その上をいく「超薄枠」。
筆者実測で約3mm。ケラレ防止の点で理想的なフィルターです。
では、さっそく見ていきましょう。



Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)レンズ用マグネットベース + Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)フィルター用フレーム
焦点距離16mmで撮影。画像四隅に発生している黒い影が「ケラレ」。

Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)レンズ用マグネットベース + Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)フィルター用フレーム
焦点距離18mmで撮影したところ、画面四隅のケラレが消失。

Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)レンズ用マグネットベース + Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)フィルター用フレーム
先の組み合わせに加え、さ・ら・に、プロテクトフィルターを取り付けた状態。
焦点距離は16mm。ケラレがより発生していることが確認できます。

Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)レンズ用マグネットベース + Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)フィルター用フレーム
焦点距離を20mmまで繰り出すと、ケラレが消失。
思いのほか早く消失したことにびっくりです。



Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)レンズ用マグネットベース + Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)フィルター用フレーム
次に試したのが、薄枠ではないタイプ(通常枠とでも言いましょうか)の組み合わせです。
レンズ先端からステップアップリング、プロテクトフィルター、マグネットツール、通常枠フィルター。
ケラレ発生条件としては、一番厳しくなる意地悪な組み合わせですが…。


Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)レンズ用マグネットベース + Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)フィルター用フレーム
焦点距離16mmで撮影。意外なことにケラレの発生状況は、
直前に取り上げた組み合わせと大差なし。


Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)レンズ用マグネットベース + Manfrotto (マンフロット) Xume (ズーム)フィルター用フレーム
焦点距離を21mm付近まで繰り出すことで、ケラレが解消。
EXIFデータでは20mmと記載されていたものの、
限りなく21mm付近まで繰り出していたので21mmを実測値にしています。


興味深かったのが、標準ズーム「Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z」との組み合わせでは、
より望遠まで繰り出さないとケラレが解消されなかったことです。
レンズ先端からプロテクトフィルター、マグネットベース、C-PLフィルターを組み合わせたとき、
焦点距離32mmまで繰り出すことでケラレ解消に至りました。
「Canon EF 24-70mm F2.8 L USM」でも同様の傾向が見られるあたり、
焦点距離の大小よりも、ズーム繰り出し量の方が重要みたいです。




やっぱり便利


言葉で表現するのは難しいですが、
やはりフィルターワークの手間が省ける意味では
このアイテムはマストバイでしょう。
筆者がライフワークにしている空の撮影では
偏光フィルターを多用するものの、付け外しが正直面倒というのが長年の悩みの種でした。
レンズにマグネットベースを装着し、複数のフィルターにフレームを取り付けていれば、
特殊効果フィルターの付け替えがサクサク行える…考えるだけでも夢のようです。(笑)
利用可能な焦点距離には注意が必要ですが、
利用頻度の高い焦点距離をカバーしている点を踏まえると、
撮影効率の向上に寄与してくれること間違いなしでしょう。

この冬、Xumeを用いたフィルターワークで、思い通りの撮影にトライしてみましょう。




今回使用したアイテムたち





マグネットベース各種サイズ








フィルター用フレーム各種サイズ











〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:12月09日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。 日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為 気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく 自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なので フラッシュなしでもブレずに表現出来まし...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]