Nippon kogaku japan 5cm f1.4 の音色 | THE MAP TIMES 
Select Language



Nippon kogaku japan 5cm f1.4 の音色

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月03日 20時00分]



null
Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4 ライカLマウント(写真右)

日本光学工業株式会社(現ニコン)は、戦後の一定期間、他社用にLマウントのレンズを供給していましたが、
自社用Sマウントレンズには無くて、一部のLマウントレンズにしかないものがあります。
古いレンズがお好きな方はピンとくることと思いますが、それは、ピントリングのストッパー機構です。
今回は、少々マニアックですが、このストッパー機構の音色についてです。

null
null

個人的にゾナー型のレンズの写りが大好きで、5cm f1.4のこのレンズを愛用しているのですが、
写真を撮る際に、このストッパーが煩わしくもあり、この優しい感触が楽しくもあります。
だいぶ使い込まれた個体であるため経年変化で優しい感触になっているのかもしれませんが、
このストッパーの定位置に戻す際の音も佳いのです。

このストッパー機構、ライカのズマリット50mm F1.5などにもあるですが、ノブに指を当てて戻す際は、
ライカが精密感ある「カチン」という高く響くような乾いた音色に対して、
ニッコールは「カチッ」という、やや低くやわらかい優しい音色。
ライカ同様、精密感溢れる感触や音だろうと思い込んでいただけに、このニコンの優しさは意外でした。

null
ストッパーにノブが固定されている状態

null
ストッパーからノブが解除された状態

個体ごとの製造年数はわかりませんが、1951年から製造されていた為、初期ロットであれば70年近い年月が流れていることになります。
このレンズが新品として売られていた時、どんな音色を響かせていたのでしょうか。
もっと精密感ある音色だったのか、それとも当初から優しい音色だったのか、今となっては確かめる術もありません。

凛と空気が張り詰める冬の夜、クラシックレンズの描写だけではなく、その音に耳を傾けてみてください。
レンズそのものが駆け抜けてきた時代に想いを馳せるのも、またひとつのレンズの楽しみです。

もちろん描写そのものも、3群7枚のクラシックゾナーらしい、開放ではとても雰囲気のある描写をしますので、
撮影でも楽しめるのは間違いありません。

null
Voigtlander BESSA R3A, Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4(L)

null
Sony α7, Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター,
Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4(L)

※さらに初期のロットには、Nippon kogaku Tokyo銘のレンズが存在しますが、筆者は未だ実物に巡り会えた事がありません。
※音の感じ方には個人差がありますので、ご了承ください。また、ピントリングを掴んで戻すと音色の印象は変わります。
※当店では、同レンズの商品名を Nikon (ニコン) NIKKOR-S.C (L) 50mm F1.4と表記しております。







〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓





[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月03日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】D500と夏の日々 【Nikon】D500と夏の日々 2018年09月20日
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100 子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。 夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。 思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。 Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED 焦点距離:20mm ...
続きを読む
Nikon Z7 【Nikon】待望のフルサイズミラーレスZ7先行展示中! 2018年09月15日
数多のNikonユーザーが渇望したカメラが、ついに体験できます! 満を持しての9月28日発売へと迫る、 ニコンの新型ミラーレスカメラZ7を、 マップカメラでお試し頂ける時が来ました! 画素数約4500万画素、常用ISO感度64~25600、 そしてセンサーシフト方式のボディ内手ブレ補正を搭載。 動画もフルフレームによる4K/30P、 外部HDMIによる10bit N-log出力が可能となっております。 本館3階の男性スタッフに持ってもらいました。 従来の、上級クラスニコン製一眼レフカメラと...
続きを読む
【Nikon】前代未聞のCOOLPIX P900 ~ 仰天ズーム Vol.02 ~ 【Nikon】前代未聞のCOOLPIX P900 ~ 仰天ズーム Vol.02 ~ 2018年09月14日
【前代未聞の仰天ズーム】 世界最高の圧倒的なズーム力と本格的な撮影機能を備えたCOOLPIX P900! 撮影者が理想とする描写力、圧倒的な描写力でその世界を切り取る! このP900はコンパクトの概念を正に一新したモデルとして2015年3月に登場しました。 今でも根強い人気を獲得している製品であるということで、その魅力をお伝えいたします。 広角24mm相当(35mm判換算の撮影画角)で撮影 【天体撮影】 Nikon COOLPIXスーパーズームシリーズで天体写真を始めてみてはいかがですか...
続きを読む
null 【Nikon】NIKKOR Z レンズ 2018年09月14日
【Nikonフルサイズミラーレス NIKKOR Z レンズ】 新たにカメラの新しいうねりが起こりつつあります Nikon・Canonが相次いでミラーレスを発表しました Nikonのミラーレス機、第一弾のZ7は9月28日に発売がとうとう決定しました きたる日が皆様も待ち遠しくてたまらない方も多いことでしょう 今回、 NIKKOR Z レンズでは、ラインナップは3種類の発売となります 順にご紹介していきたいと思います 標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」 焦点距離24-70mm全域で開放f/4ズームレ...
続きを読む
null 【Nikon】Nikonの話~ いい機会なのでFマウントをかるーく振り返ってみる話 2018年09月05日
Nikonがとうとうミラーレス一眼のシステムを発表しました。 時代がまた変わろうとしているようです。 それに伴い不変とうたわれたFマウントに変わり、ミラーレス用では新規格Zマウントが採用されます。 もちろんNikon マウントアダプター FTZを介してZシステムには使用できますが 一部制限もあるようなので今のうちに移行される方はよく確認をした方がよいと思います。 さて、Fマウントのレンズシステムが発売されてから59年ほどとなっています。 マウントの基本構造は変えずにいろいろと機能を追加し...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]