α7RIIIの画作りを"見る" » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



α7RIIIの画作りを"見る"

[ Category:SONY|掲載日時:2017年12月04日 21時00分]




皆さまこんにちは。
先日発売されたばかりの最新機種
α7RIII

マップカメラでも大変な盛況となっておりますが
maptimesをご覧になられているお客様でご購入されている方も多いのではないでしょうか。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 ASPH.
ss1/1600 F3.5 ISO100

マップカメラがおくるフォトプレビューサイト『Kasyapa』でも先んじてお届けしておりますが、
今回はいても立ってもいられなくなった本館5Fスタッフも
早速撮影に行って参りましたので、その一部をお送りしたいと思います。

全編通してレンズ補正は周辺光量補正:OFF 倍率色収差:ON 歪曲収差:ONとなり
DRO(ダイナミックレンジオプティマイザー)はOFF
クリエイティブスタイル:スタンダードとなっており
JPEG(エクストラファイン設定)を縮小したものになります。

それではどうぞ。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G
α7RIII + FE 70-200mm F4 G OSS
ss1/1000 F4.0 ISO100 焦点距離200mm
まずはおさらいとなりますが、このα7RIIIに搭載されたセンサーは
ローパスフィルターを排し、そしてフルサイズのセンサーに約4240万もの画素を詰め込んだ超高画素機。
今回ソニーはそのセンサーと連携をする集積回路「フロントエンドLSI」を高速化し
名前こそ同じですが新バージョンの画像処理エンジンを搭載しています。

巷では「フルスペック版α7RII」などと呼ばれておりましたが
その響きにワクワクしてしまったのは筆者だけではないのでは?と思います。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
α7RIII + Loxia 2/35
ss1/30 F7.1 ISO100
この進化により、如実に感じられたのはフットワークの軽さです。
先代α7RIIも出てくる画は大変素晴らしいのですが、撮った写真の再生にしろ
メニューの応答性やAFのスピードなどが全体的に少しもたつく様な印象がありました。

とはいえ筆者はゆったりと撮影するスタイルですし
応答性が必要な場合は別のカメラを使えば良かったですからあまり気にはしていなかったのです。
ただ、今回「α7RIIIと比べる」という事をすると応答性にしろ、AFにしろ
全体的なレスポンスがとても軽くなっている様に感じました。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+SONY (ソニー) FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
α7RIII + FE 24-70mm F2.8 GM
ss1/800 F3.5 ISO100 焦点距離38mm

そしてα7IIシリーズの中でも特にその画作りで人気の高かったα7RIIですが
今回は同様のセンサーを使用しそのセンサー性能を引き出すチューニングを施しています。
画作りに関しては好みが分かれるところだとは思うのですがα9に近い傾向を持つようになり
クリエイティブスタイルのスタンダードを使用してもシャドウの締まりが良くなった印象です。
もちろん現像時はきっちり階調が残っていますので、II型がお好きだった方もご安心ください。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+SONY (ソニー) FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
α7RIII + FE 24-70mm F2.8 GM
ss1/60 F2.8 ISO800 焦点距離70mm
α9の画作りと違うなと感じるところは線の細さでしょうか。
α7RII譲りの繊細かつ鮮鋭な画作りで、とにかくびっしりと描き込みがされていますが
α9は少しシャープネスが強めに感じるのに対し、α7RIIIはナチュラルな印象を受けました。

さて、少し写真が続きます。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G
α7RIII + FE 70-200mm F4 G OSS
ss1/160 F5.0 ISO100 焦点距離134mm

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 ASPH.
ss1/500 F2.0 ISO100

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G
α7RIII + FE 70-200mm F4 G OSS
ss1/500 F5.0 ISO100 焦点距離200mm

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 ASPH.
ss1/1600 F2.0 ISO100

今回は「画作り」という点に着目して
数枚の写真で綴りましたが、いかがでしたでしょうか。

α7RIIの繊細かつ鮮鋭な画作りに、α9の引き締まった階調が加わって
JPEG出しでもかなり使い易くなった印象を受けました。

まだ少しコントロールに慣れ切らないところはあるのですが
着実に進化しているボディに筆者も応えていきたいところです。

第2弾も予定しておりますので、「こうご期待!」
というところで今回は〆させていただきます。


お求めはコチラから。









マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo
撮影:α7II + HELIAR Hyper-Wide 10mm F5.6 Aspherical

ご案内

mapquality



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:SONY|掲載日時:2017年12月04日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 2018年04月27日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null Peak designのすゝめ 2018年04月26日
読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。 アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。 そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。 筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、 当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、 気に入って使ってい...
続きを読む
【Nikon】D850試し撮り 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそれ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]