【Canon】Canon史上最強のお供カメラ PowerShot G1X MarkIII » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III

Canon PowerShot G1X MarkIII

11月30日に新発売のCanon PowerShot G1X MarkIII
先日本機を使う機会がありましたので、写真を交えてレビューしていきたいと思います。
APS-Cセンサーに新開発のレンズの実力を思う存分堪能してきました。
小型なのにこの写り…被写体の質感…Canonの最新機種には脱帽です。


※写真はDigital Photo Professional 4にて簡易的な修正(明るさ、カラーバランス等)を行っております。
※焦点距離は35mm換算した数値を記入しています。



Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III

焦点距離:72mm 絞り:F13 SS:1/50 ISO:6400

撮影スポットに向かう途中、地下鉄独特の雰囲気に惹き込まれ、ポケットから無造作に取り出して撮影。
絞り込み感度を上げる意地悪な設定、コンデジでは過酷な条件下での一枚ですが、APS-Cセンサーの本領を発揮してくれました。
高感度での撮影とは思えない、しっかりしたディティールと階調は目を見張るものがあります。
ポケットサイズでこの描写力、筆者の撮影意欲もぐっと高まります。



Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III
焦点距離:27mm 絞り:F9 SS:1/60 ISO:320

撮影日は生憎の曇り空。
白い背景をバックに撮影すると、どうしても気になるのが木の枝や建物の淵に現れる色収差ですが
本機ではそんな不安を全く感じさせないシャープな写りです。

木の枝一本一本から屋根の先端まで、シャープで色収差も少なく、一眼レフに匹敵する描写力です。
本機ではAPS-Cがクローズアップされがちですが、新設計のレンズにも力を入れてることが分かります。



Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III
焦点距離:24mm 絞り:F2.8 SS:1/30 ISO:1600

Canon G1X MarkIIIではセンサーに合わせてレンズも新設計。
ボディはコンパクトに収めつつ、24-72mmの焦点距離と広角端においてF2.8、10cmの最短撮影距離を達成。
1台で風景から中望遠、マクロ撮影までできるのは大きなポイントです。

早速レンズ性能を確かめるべく、花を接写で撮影。
ピントも解像力の高い中央部ではなく、あえて右側に被写体を寄せましたが、文句のない素晴らしい描写力です。
APS-C+大口径F2.8レンズが描き出す自然なボケ味は、コンデジでは決して味わえない領域。
ズームレンズということを考慮すると、パフォーマンスの高さがより実感できます。



Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III
焦点距離:72mm 絞り:F5.6 SS:1/160 ISO:4000

今度は望遠側での接写撮影、前ボケを意識した少しいじわるな環境下での一枚です。
撮影前はさすがに硬いボケ具合になるのかな…と想像していましたが、期待を良い意味で裏切る描写力です。
光源も破綻することなく程よい丸ボケで、これには驚かされました。
コンデジだから…と諦めていたボケを生かした撮影を積極的にしたくなってしまいます。
感度もISO4000と高感度ですがノイズ感が全くなく、低感度での撮影と言われても気づかない仕上がりには脱帽です。



Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III
焦点距離:35mm 絞り:F8 SS:1/6 ISO:1600

レンズ性能は描写力だけでなく、手ぶれ補正も大きなウェイトを占めています。
本機はG1X MarkIIに比べより強力な4段手振れを搭載、過酷な環境でも失敗の少ない写真を残してくれます。
この写真は被写体に寄りながら、シャッタースピードが1/6秒と手ぶれが発生しやすい環境下での撮影でしたが
ブリキの質感がひしひしと伝わってくるシャープな一枚に仕上がりました。



Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III
焦点距離:50mm 絞り:F5 SS:1/5 ISO:1600

撮影日は室内での撮影が多く、どうしてもシャッタースピードが稼げない場面がありましたが
明るいレンズと手振れ補正にかなり助けられました。
タイプライターのボタン一つ一つの質感は、まるで目の前に実物があるかのよう。
あのコンパクトサイズのカメラで撮影したとは思えない一枚です。



Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III
焦点距離:32mm 絞り:F4 SS:1/320 ISO:100

Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III
焦点距離:53mm 絞り:F5 SS:1/125 ISO:1250

コンデジやスマートフォンでは表現できない難しい光の環境下でも、本機は撮影者の期待に応えてくれます。
一眼レフで撮影しても破綻しがちな難しい明暗差を、APS-Cの表現力がカバーします。
目の前に浮かび上がる質感、階調の豊かさはまるで一眼レフ画質そのもの。
コンデジで撮影をしていたはずなのに、知らぬ間に小さな一眼レフを手にしていたようです。



Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III
焦点距離:24mm 絞り:F8 SS:1/8 ISO:1600

今回の撮影は天気も悪く、室内での撮影となってしまいましたが、広角24mmのレンズがあれば室内撮影もバッチリ。
狭い空間でできる限り情報を詰め込みたい…そんな要望に応えてくれるスペックです。


以上、いかがでしたでしょうか?
筆者は普段フルサイズ機を使用していて、コンデジには消極的なイメージを持っていましたが
本機はそんな考えを大きく覆すような、素晴らしい写真たちを生み出してくれました。


大口径&APC-S&超小型のPowerShot G1X MarkIII
是非あなたのポケットに忍ばせてみては??
きっと最強のサブカメラとして、活躍してくれるはずです。


↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓




〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:Canon|掲載日時:12月07日 11時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。 日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為 気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく 自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なので フラッシュなしでもブレずに表現出来まし...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]