Select Language



Nikon D5を『贅沢に』ビール撮りに使う

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月08日 10時30分]



ニコンからD5が発表されたのが2016年1月。
連写、画素数、高感度、耐久性など種々の素晴らしいスペックに圧倒された方も多いのではないでしょうか。

まさに極限の状況で撮影に挑むプロフェッショナル・フォトグラファーのためのフラッグシップ機。
そんなフラッグシップ機を使えば、非常に暗い居酒屋で酔いながらビールを撮る、といった極限の状況でも綺麗な写真が撮れるはず。
そこまでの極限状況ではなくとも、料理や飲み物などを美味しそうに撮れるはず。
そう考えた私は即座に予約して手に入れました。
贅沢な使い方!というツッコミは快く受け入れさせていただきます。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR
Nikon D5、AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR(100mm)、SB-5000、1/160、f/2.8、ISO100

この写真は先日行われた友人の結婚式にて撮影。
慶事では撮影の失敗が許されません。公式カメラマンを依頼されたため、必然的に信頼できるカメラを選択。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED
Nikon D5、AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED、1/125、f/2、ISO100

ビールを飲むイベントにて。
背景の玉ボケを考慮しつつ、乾杯のシーンを爽やかに切り取りました。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED
Nikon D5、AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED、1/60、f/1.4、ISO100

明るいレンズを絞って使うのはもったいない。私は常々そう考えています。
絞ることを前提に使うのであれば、暗いレンズを選択すれば良いのです。
設計者が生み出した収差バランスを楽しむ。そんな楽しみ方もまた一興です。
この写真は明るいレンズを使い、ビールを明るいイメージで。人生も前向きになりそうです。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G
Nikon D5、AF-S NIKKOR 58mm F1.4G、1/60、f/1.4、ISO100

逆にこれはマイナスの露出補正で。
薄暗くて、どこか雰囲気のあるお店で飲むビールは、いつもと味の感じ方も違うでしょう。そんな光景を表現してみました。
58mmのなだらかなボケに酔いしれてしまいます。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED
Nikon D5、AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED、1/60、f/1.4、ISO800

この写真で注目していただきたいのは、ピントの合っている箇所。
手前のユッケの玉子とともに、奥にあるジョッキの銘柄部分にもピントが合っていることがお分かりいただけるかと思います。
そして写真中央のお皿の部分、もっと奥のコンロの火の部分はボケています。
そう、ピントは点ではなく面で合うのです。
酔っていてもこうして「考えて」撮ったと言えるのは私のウデでしょうか。
それとも機材が良いからでしょうか。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
Nikon D5、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR(50mm)、1/50、f/2.8、ISO2800

この写真はD5、24-70VRの真骨頂とでも言うべき写真。
暗い居酒屋でも高感度に強いD5があれば大丈夫です。
たくさん飲んで酔ってしまっても強力なVR機能のあるAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRがあれば手振れを防止できます。
私のように趣味でビールを撮る方(他にもいらっしゃるのかは不明)にも、この組み合わせをオススメしたいです。









今回の撮影に使用したレンズをはじめとした、ナノクリスタルコーティングのレンズはこちらから!

憧れの金帯レンズ!




〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月08日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]