Nikon D5を『贅沢に』ビール撮りに使う » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



Nikon D5を『贅沢に』ビール撮りに使う

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月08日 10時30分]



ニコンからD5が発表されたのが2016年1月。
連写、画素数、高感度、耐久性など種々の素晴らしいスペックに圧倒された方も多いのではないでしょうか。

まさに極限の状況で撮影に挑むプロフェッショナル・フォトグラファーのためのフラッグシップ機。
そんなフラッグシップ機を使えば、非常に暗い居酒屋で酔いながらビールを撮る、といった極限の状況でも綺麗な写真が撮れるはず。
そこまでの極限状況ではなくとも、料理や飲み物などを美味しそうに撮れるはず。
そう考えた私は即座に予約して手に入れました。
贅沢な使い方!というツッコミは快く受け入れさせていただきます。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR
Nikon D5、AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR(100mm)、SB-5000、1/160、f/2.8、ISO100

この写真は先日行われた友人の結婚式にて撮影。
慶事では撮影の失敗が許されません。公式カメラマンを依頼されたため、必然的に信頼できるカメラを選択。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED
Nikon D5、AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED、1/125、f/2、ISO100

ビールを飲むイベントにて。
背景の玉ボケを考慮しつつ、乾杯のシーンを爽やかに切り取りました。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED
Nikon D5、AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED、1/60、f/1.4、ISO100

明るいレンズを絞って使うのはもったいない。私は常々そう考えています。
絞ることを前提に使うのであれば、暗いレンズを選択すれば良いのです。
設計者が生み出した収差バランスを楽しむ。そんな楽しみ方もまた一興です。
この写真は明るいレンズを使い、ビールを明るいイメージで。人生も前向きになりそうです。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G
Nikon D5、AF-S NIKKOR 58mm F1.4G、1/60、f/1.4、ISO100

逆にこれはマイナスの露出補正で。
薄暗くて、どこか雰囲気のあるお店で飲むビールは、いつもと味の感じ方も違うでしょう。そんな光景を表現してみました。
58mmのなだらかなボケに酔いしれてしまいます。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED
Nikon D5、AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED、1/60、f/1.4、ISO800

この写真で注目していただきたいのは、ピントの合っている箇所。
手前のユッケの玉子とともに、奥にあるジョッキの銘柄部分にもピントが合っていることがお分かりいただけるかと思います。
そして写真中央のお皿の部分、もっと奥のコンロの火の部分はボケています。
そう、ピントは点ではなく面で合うのです。
酔っていてもこうして「考えて」撮ったと言えるのは私のウデでしょうか。
それとも機材が良いからでしょうか。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
Nikon D5、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR(50mm)、1/50、f/2.8、ISO2800

この写真はD5、24-70VRの真骨頂とでも言うべき写真。
暗い居酒屋でも高感度に強いD5があれば大丈夫です。
たくさん飲んで酔ってしまっても強力なVR機能のあるAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRがあれば手振れを防止できます。
私のように趣味でビールを撮る方(他にもいらっしゃるのかは不明)にも、この組み合わせをオススメしたいです。









今回の撮影に使用したレンズをはじめとした、ナノクリスタルコーティングのレンズはこちらから!

憧れの金帯レンズ!




〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月08日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 2018年04月27日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null Peak designのすゝめ 2018年04月26日
読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。 アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。 そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。 筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、 当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、 気に入って使ってい...
続きを読む
【Nikon】D850試し撮り 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそれ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]