Select Language



Nikon D5を『贅沢に』ビール撮りに使う

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月08日 10時30分]



ニコンからD5が発表されたのが2016年1月。
連写、画素数、高感度、耐久性など種々の素晴らしいスペックに圧倒された方も多いのではないでしょうか。

まさに極限の状況で撮影に挑むプロフェッショナル・フォトグラファーのためのフラッグシップ機。
そんなフラッグシップ機を使えば、非常に暗い居酒屋で酔いながらビールを撮る、といった極限の状況でも綺麗な写真が撮れるはず。
そこまでの極限状況ではなくとも、料理や飲み物などを美味しそうに撮れるはず。
そう考えた私は即座に予約して手に入れました。
贅沢な使い方!というツッコミは快く受け入れさせていただきます。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR
Nikon D5、AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR(100mm)、SB-5000、1/160、f/2.8、ISO100

この写真は先日行われた友人の結婚式にて撮影。
慶事では撮影の失敗が許されません。公式カメラマンを依頼されたため、必然的に信頼できるカメラを選択。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED
Nikon D5、AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED、1/125、f/2、ISO100

ビールを飲むイベントにて。
背景の玉ボケを考慮しつつ、乾杯のシーンを爽やかに切り取りました。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED
Nikon D5、AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED、1/60、f/1.4、ISO100

明るいレンズを絞って使うのはもったいない。私は常々そう考えています。
絞ることを前提に使うのであれば、暗いレンズを選択すれば良いのです。
設計者が生み出した収差バランスを楽しむ。そんな楽しみ方もまた一興です。
この写真は明るいレンズを使い、ビールを明るいイメージで。人生も前向きになりそうです。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G
Nikon D5、AF-S NIKKOR 58mm F1.4G、1/60、f/1.4、ISO100

逆にこれはマイナスの露出補正で。
薄暗くて、どこか雰囲気のあるお店で飲むビールは、いつもと味の感じ方も違うでしょう。そんな光景を表現してみました。
58mmのなだらかなボケに酔いしれてしまいます。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED
Nikon D5、AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED、1/60、f/1.4、ISO800

この写真で注目していただきたいのは、ピントの合っている箇所。
手前のユッケの玉子とともに、奥にあるジョッキの銘柄部分にもピントが合っていることがお分かりいただけるかと思います。
そして写真中央のお皿の部分、もっと奥のコンロの火の部分はボケています。
そう、ピントは点ではなく面で合うのです。
酔っていてもこうして「考えて」撮ったと言えるのは私のウデでしょうか。
それとも機材が良いからでしょうか。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
Nikon D5、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR(50mm)、1/50、f/2.8、ISO2800

この写真はD5、24-70VRの真骨頂とでも言うべき写真。
暗い居酒屋でも高感度に強いD5があれば大丈夫です。
たくさん飲んで酔ってしまっても強力なVR機能のあるAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRがあれば手振れを防止できます。
私のように趣味でビールを撮る方(他にもいらっしゃるのかは不明)にも、この組み合わせをオススメしたいです。









今回の撮影に使用したレンズをはじめとした、ナノクリスタルコーティングのレンズはこちらから!

憧れの金帯レンズ!




〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月08日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む
【Nikon】寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む
【Nikon】Nikonの話~ 暑い祭りに高画素機片手にぶらつく話 【Nikon】Nikonの話~ 暑い祭りに高画素機片手にぶらつく話 2018年07月11日
今年もそろそろ夏本番となり気温も高くなり夏らしい日々が続いております 毎年のことではありますが熱中症にも気を付けていきましょう さて成田では夏の始まりを告げる祇園祭が行われました 毎年、7日に一番近い金土日の三日間におこなわれます 今年は6日から8日に開催され私は中日の7日に参加しました ちなみに成田で祇園祭がおこなわれる際には雨が降る傾向が強い気がします 今年も初日が雨に見舞われていました 毎年、参加してみるに祇園祭に訪れる方が増えているような気がします 参...
続きを読む
【Nikon】D810と新宿夜景 【Nikon】D810と新宿夜景 2018年07月06日
本日は夜景撮影をするためにD810を持って新宿まで撮影に行ってきました。 まずは新宿の大歓楽街「歌舞伎町」にて撮影。 11時を過ぎているのに多くの人で賑わっています。 ネオン街をバックに人の流れを写したかったので三脚を立てて長時間露光で撮影。 いい1枚が撮れました。 お次はお気に入りの撮影スポット、思い出横丁にて撮影。 金曜日ということもあり、とても賑わっています。 小さなお店が軒を連ねる思い出横丁。 細い路地は、沢山ある焼き鳥屋さんのケムリがモクモク...
続きを読む
先黒と歩く浅草 先黒と歩く浅草 2018年07月02日
昨年9月にリニューアルされたVoigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用)。 レンズの高性能化が盛んな中、クラシカルな外見の中に 現代の光学技術が詰め込まれたコンパクトなマニュアル専用レンズです。 本レンズは前モデルと同様にニコンのAi-S仕様とCPU内蔵を継承しつつ、 前モデルにはなかったいわゆる「カニ爪(距離計連動爪)」が追加されてAi以前のニコンカメラにも対応しています。 今回は通称“先黒(さきぐろ)”と呼ばれるブラックリムカラーのこのレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]