【ATOMOS】 4K収録の強い味方、SHOGUN × α7SIIで4K収録を試す | THE MAP TIMES 
Select Language



【ATOMOS】 4K収録の強い味方、SHOGUN × α7SIIで4K収録を試す

[ Category:SONY|掲載日時:2018年01月01日 11時00分]



α7SII×SHOGUNで撮影・グレーディングしたサンプル映像



使用機材:SONY α7SII + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS + ATOMOS SHOGUN
4K/4:2:2 8bit&S-Log2 Apple ProRes(422 HQ)記録


α7SIIの場合、4K内部収録では4:2:0/8bitのXAVC S 100Mbpsで記録される。
HDMIからは4:2:2/8bitの映像が出力され、出力されたデータを今回は「ATOMOS SHOGUN」で記録した。
今回の記録設定はProRes422 HQ、ビットレートは880Mbps程度。

外部レコーダーで高画質記録
一眼レフやミラーレス機ではSDカードなどのメディアで動画収録を行う為、
転送速度に配慮してビットレートを抑えたコーデックで収録される。
しかし、現行の多くのカメラがHDMIから非圧縮出力が可能となっていることから
ATOMOS等の外部レコーダーを使う事で映像の圧縮率を抑え、より高画質での収録が行える

ちなみに、4Kの記録フォーマットはApple ProRes(LT、422、HQ)DNxHR (HQX、HQ、SQ、LB)
の7つから選ぶことができるので、用途によって使い分けができる。

SONY α7SII(内部収録)とATOMOS SHOGUN(外部収録)の比較
(動画は掲載時の圧縮により比較が難しい為、静止画とした)

SONY α7SII・4K S-Log2撮影(内部収録)

(動画素材からの切り出し)

(等倍切り出し)
画像は編集ソフトに読み込み、キャプチャしたものである。
4:2:0と4:2:2収録の違いで一番大きな差を感じたのは色味の違いだ。
比較が分かりやすいように等倍切り出し画像では同じ設定のLUTを適応した。

ATOMOS SHOGUN・4K S-Log2(外部収録)

(動画素材からの切り出し)

(等倍切り出し)
グレーディングの際は収録素材の色味が異なる為、同じ撮影設定でも結果が異なった。
素材の色合わせ自体は簡単な補正で行えるので問題無いが、内部と外部収録の素材を合わせて編集する際には注意が必要だ。

画質に関しては、コーデックによる圧縮ノイズも少なく発色や解像感が良くなっている。
少し違いの分かりにくい比較となってしまったが、
外部収録を行う事でカメラの持つポテンシャルを最大限引き出すことが出来る。
また、最初から編集向けコーデックで撮影可能なため、編集素材として記録するのであれば、外部収録のメリットは非常に大きい。
もし、内部コーディックの制約で圧縮ノイズが目立つ場合は、外部収録を試してみると画質の向上が期待できる。

フィールドモニターとしての実力


ATOMOSが外部レコーダーとして人気の理由の一つがモニーターとしての機能も優れている点だ。

今回はSHOGUNを収録に用いたが、一つ前のSHOGUNと比べると、
後継機のSHOGUN FLAMEは格段に進化している。
SHOGUN・NINJAシリーズは7インチの1920×1200、10bit・1500nitの高輝度パネルを採用しており、
屋外撮影でも明るく映像をしっかりと把握できる。

モニターアシスト機能

拡大表示機能には「1:1」表示と「2:1」があり、
4Kの場合は画面解像度に対して「1:1」で等倍表示、「2:1」で2倍表示が出来る。
そして、REC中でも画面を指でドラッグする事で表示位置をスムーズに動かせる。
その他にもフォーカスピーキング、フォルスカラー、ゼブラ表示など一通りの機能は搭載している。

カメラ側にもピント拡大機能のあるカメラは多いが、MF時のピント送りはカメラ側のモニターでは非常に難しく、
一度ATOMOSのモニターを使ってしまうとATOMOS無しの収録には戻れないほど便利だ。

LUT適用機能

ATOMOSの外部モニターとして非常に便利な機能がこの機能だ。
最大8つのLUTをATOMOS側に入れることが出来るので、グレーディング後の結果を確認しながら収録に臨める。
また、標準機能としてLogからRec.709への変換表示や波形モニタ機能があるので「適正露出」を見極めやすい。

今回は紹介できなかったが、他にも数多くの便利な機能を搭載しており、4K撮影の必需品と言っても過言ではない。
店頭では、NINJA FLAMEやSHOGUNの店頭展示・販売もしているのでご来店の際には是非体験して頂きたい。

もちろん、ATOMOS製品も全品下取交換対象となっています!
ご購入は是非、マップカメラまで!!





スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!
電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年01月01日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む
写真展のご案内「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 写真展のご案内 〜「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 2019年03月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]