Select Language

【ATOMOS】 4K収録の強い味方、SHOGUN × α7SIIで4K収録を試す

[ Category: SONY|掲載日時:2018年01月01日 11時00分]


α7SII×SHOGUNで撮影・グレーディングしたサンプル映像



使用機材:SONY α7SII + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS + ATOMOS SHOGUN
4K/4:2:2 8bit&S-Log2 Apple ProRes(422 HQ)記録
※編集時の誤りで一部映像が乱れております


α7SIIの場合、4K内部収録では4:2:0/8bitのXAVC S 100Mbpsで記録されます。
HDMIからは4:2:2/8bitの映像が出力され、出力されたデータを今回は「ATOMOS SHOGUN」で記録。
今回の記録設定はProRes422 HQ、ビットレートは約880Mbps。

外部レコーダーで高画質記録
一眼レフやミラーレス機ではSDカードなどのメディアで動画収録を行う為、転送速度に配慮してビットレートを抑えたコーデックで収録されます。
しかし、現行の多くのカメラがHDMIから非圧縮出力が可能となっていることからATOMOS等の外部レコーダーを使う事で映像の圧縮率を抑え、より高画質での収録が行えます。

ちなみに、4Kの記録フォーマットはApple ProRes(LT、422、HQ)DNxHR (HQX、HQ、SQ、LB)
の7つから選ぶことができるので、用途によって使い分けが可能。


SONY α7SII(内部収録)とATOMOS SHOGUN(外部収録)の比較
(動画は掲載時の圧縮により比較が難しい為、静止画とした)

SONY α7SII・4K S-Log2撮影(内部収録)

(動画素材からの切り出し)

(等倍切り出し)
画像は編集ソフトに読み込み、キャプチャした。
4:2:0と4:2:2収録の違いで一番大きな差を感じたのは色の違い。
比較が分かりやすいように等倍切り出し画像では同じ設定のLUTを適応した。

ATOMOS SHOGUN・4K S-Log2(外部収録)

(動画素材からの切り出し)

(等倍切り出し)
グレーディングの際は収録素材の色差情報が異なる為、同じ撮影設定でも結果が異りました。(4:2:0 8bitと4:2:2 8bitの違い)
※色差情報での違いもありますが、ATOMOSでの記録映像にはメタデータが無く、編集ソフト側で誤ったレンジで読み込まれてしまう場合があり、輝度の違いが起きます。その場合、カメラ記録映像と外部記録映像の輝度を合わせる必要があります。
素材の色合わせ自体は簡単な補正で行えるので問題無いですが、内部と外部収録の素材を合わせて編集する際には注意が必要です。

画質に関しては、コーデックによる圧縮ノイズも少なく発色や解像感が良くなっている印象。
検証素材としては簡易的で少し違いの分かりにくい比較となってしまったが、外部収録を行う事でカメラの持つポテンシャルを最大限引き出せることが分かった。
また、最初から編集向けコーデックで撮影可能なため、編集素材として記録するのであれば、外部収録のメリットは非常に大きい。
もし、内部コーディックの制約で圧縮ノイズが目立つ場合は、外部収録を試してみると画質の向上も期待できる。


フィールドモニターとしての実力


ATOMOSが外部レコーダーとして人気の理由の一つがモニーターとしての機能も優れている点だ。
今回はSHOGUNを収録に用いたが、一つ前のSHOGUNと比べると、後継機のSHOGUN FLAMEは格段に進化している。
現行のSHOGUN・NINJAシリーズは7インチの1920×1200、10bit・1500nitの高輝度パネルを採用しており、屋外撮影でも明るく映像をしっかりと把握できる。


モニターアシスト機能

拡大表示機能には「1:1」表示と「2:1」があり、
4Kの場合は画面解像度に対して「1:1」で等倍表示、「2:1」で2倍表示が出来る。
そして、REC中でも画面を指でドラッグする事で表示位置をスムーズに動かせる。
その他にもフォーカスピーキング、フォルスカラー、ゼブラ表示など一通りの機能は搭載している。

カメラ側にもピント拡大機能のあるカメラは多いが、MF時のピント送りはカメラ側のモニターでは非常に難しく、
一度ATOMOSのモニターを使ってしまうとATOMOS無しの収録には戻れないほど便利だ。

LUT適用機能

ATOMOSの外部モニターとして非常に便利な機能がこの機能。
最大8つのLUTをATOMOS側に入れることが出来るので、グレーディング後の結果を確認しながら収録に臨める。
また、標準機能としてLogからRec.709への変換表示や波形モニタ機能があるので「適正露出」を見極めやすい。

今回は紹介できなかったが、他にも数多くの便利な機能を搭載しており、4K撮影の必需品と言っても過言ではない。
店頭では、NINJA FLAMEやSHOGUNの店頭展示・販売もしているのでご来店の際には是非体験して頂きたい。


もちろん、ATOMOS製品も全品下取交換対象となっています!
ご購入は是非、マップカメラまで!!





スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!
電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。




〓〓新製品〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2018年01月01日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!56票


みんなのライカ

みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッ...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む
SIGMA fp + SIGMA MC-21 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

【SIGMA】しぐまびより Part35[2020年02月25日]

SIGMA fp から使えるようになった「ティールアンドオレンジ」 Quattroから使えるようになったアスペクト比「21:9」と 合わせることがすっかりマイブームになりました。 現像ソフト「Adobe Lightroom」に SIGMAの カラーモードを反映できるプリセットが用意されるようになってから最近はこちらで現像しています。 「ティールアンドオレンジ」のみだけでなく「サンセットレッド」なども使えま...
続きを読む
【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで

【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで[2020年02月24日]

川崎で用事を済ませ時間が余った午後の日のこと。 天気もいいのでどこに行こうかと予定もなく駅の路線図を眺めていたら目に留まったのが秘境駅「海芝浦」でした。 「海芝浦」駅に向かうにはひとつの方法しかありません。それは鶴見線に乗ること。 早速、電車に乗り換え鶴見線の始発駅である鶴見駅に向かいました。 昭和の面影を色濃く残すレトロなホームに3両編成の短い電車入ってきます。...
続きを読む
スローシャッター×ポートレート

【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月23日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『スローシャッター×ポートレート』 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M...
続きを読む