Select Language



【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月13日 10時30分]





日常にスパイス 02

深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。
今年最後の紅葉狩りに、
紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。

今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


まずは絞り込んでパシャリ!
浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。
D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、
ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。

しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、
最近は日が落ちるのがめっきり早くなったと感じます。

しかし、ここからが今回の組み合わせの見せ所です。


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


ライトアップされた傘に焦点を合わせた一枚。
"Noct"の面影を感じるこのレンズなら、決して夜の撮影も怖くはありません。


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


何気なく撮影した露店ですが、
開放からしっかり写るので、あえてF値を絞り込みたくなります。


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


定評のあるボケを活かした撮影も行えます。
周辺のボケは大口径特有の形が見られます。


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


ふと足元に視線を落とすと、たくさんの落ち葉が目に留まる。
質感の描写は実に見事で、思わず何気ないものもシャッターを切ってしまいます。


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


あえて幹から分かれた小枝にフォーカス!
この立体表現と、木の模様の描写をご覧ください。

最後は、日が落ちる前に今回の撮影で使用したAF-S 58mm F1.4GとD5の外観をパシャリ!


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


いかがでしたでしょうか。
この組み合わせなら、どんなに深い暗闇の中へも挑んでいきたくなります。
フラッグシップ機は大きく重いという印象をもたれがちですが、
バッテリーグリップなどとは違い、一体型となっているので、
見た目ほどの重さは感じませんでした。
また、AF-S 58mm F1.4Gも非常に軽量であり、
軽快にスナップ撮影をしていくことができました。

しっかりと絞って、または開放でスピーディにといった臨機応変な対応に、
期待以上のよい結果に応えてくれる頼もしい組み合わせでした。


ひとつの画角を持つことで強い主張に優れた描写力と
高い機動性の単焦点ニッコールレンズの魅力に迫る・・・不変のFXニッコールレンズ!



▼使用したレンズとカメラボディはこちら▼











ご利用ください!JACCS、Orico限定 48回払いまで金利0%で話題の「超低金利ショッピングクレジット」
↓詳しくはコチラ!↓



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月13日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む
夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]