Select Language



【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月13日 10時30分]





日常にスパイス 02

深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。
今年最後の紅葉狩りに、
紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。

今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


まずは絞り込んでパシャリ!
浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。
D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、
ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。

しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、
最近は日が落ちるのがめっきり早くなったと感じます。

しかし、ここからが今回の組み合わせの見せ所です。


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


ライトアップされた傘に焦点を合わせた一枚。
"Noct"の面影を感じるこのレンズなら、決して夜の撮影も怖くはありません。


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


何気なく撮影した露店ですが、
開放からしっかり写るので、あえてF値を絞り込みたくなります。


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


定評のあるボケを活かした撮影も行えます。
周辺のボケは大口径特有の形が見られます。


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


ふと足元に視線を落とすと、たくさんの落ち葉が目に留まる。
質感の描写は実に見事で、思わず何気ないものもシャッターを切ってしまいます。


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


あえて幹から分かれた小枝にフォーカス!
この立体表現と、木の模様の描写をご覧ください。

最後は、日が落ちる前に今回の撮影で使用したAF-S 58mm F1.4GとD5の外観をパシャリ!


Nikon (ニコン) D5 ボディ+AF-S NIKKOR 58mm F1.4G


いかがでしたでしょうか。
この組み合わせなら、どんなに深い暗闇の中へも挑んでいきたくなります。
フラッグシップ機は大きく重いという印象をもたれがちですが、
バッテリーグリップなどとは違い、一体型となっているので、
見た目ほどの重さは感じませんでした。
また、AF-S 58mm F1.4Gも非常に軽量であり、
軽快にスナップ撮影をしていくことができました。

しっかりと絞って、または開放でスピーディにといった臨機応変な対応に、
期待以上のよい結果に応えてくれる頼もしい組み合わせでした。


ひとつの画角を持つことで強い主張に優れた描写力と
高い機動性の単焦点ニッコールレンズの魅力に迫る・・・不変のFXニッコールレンズ!



▼使用したレンズとカメラボディはこちら▼











ご利用ください!JACCS、Orico限定 48回払いまで金利0%で話題の「超低金利ショッピングクレジット」
↓詳しくはコチラ!↓



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月13日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]