【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ

[ Category:Canon|掲載日時:2017年12月14日 13時30分]



TS-Eレンズと遊ぶ

TS-E17mm F4L
TS-E24mm F3.5L Ⅱ

TS-Eレンズ・・・
聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。

TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり
遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。
オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。
故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。

筆者は今回この2本のレンズを使うまではTS-Eレンズとは無縁なものでした。

一般的に建築写真のイメージが強いTS-Eレンズですが、どのような写真が撮れるのでしょうか。
まずはTS-E24mm F3.5L Ⅱからご覧ください。


紅葉真っ盛りの昭和記念公園(立川市/東京都)
立川口に近い有名な銀杏並木です。

EOS5DsR+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

シフト機能を使って木々を垂直に補正しています。
一般的な広角レンズでは遠近法により写真上部にむかって被写体が窄まって写りますがそれを見事に緩和しています。


EOS5DsR+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

こちらはシフト機能とティルト機能を組み合わせてピント面が右上から左下方向に来るようにしています。





続いてTS-Eレンズといえば・・・の「建築写真」

EOS5D MarkⅣ+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

1925年(大正14)郊外住宅地の一つである大田区田園調布に建てられた住宅の復元された室内。
こちらの洋間の魅力である白い窓枠に対して垂直になるようにしました。

EOS5D MarkⅣ+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

壁面の浴場背景画や浴室を隔てている壁のタイルと垂直になるようにしています。
こうすることによって室内空間が歪むことなく普段目にしているままの画を写すことができています。

いずれも江戸東京たてもの園(小金井市/東京都)にて





場所を変えて都心の高層ビル群へ

EOS5D MarkⅣ+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

水平垂直、歪んだものがないのは非常に気持ちがいいです。
この様に表現できるのはTS-Eレンズならではです。

続いてTS-Eレンズといえば・・・の「ジオラマ風写真」も楽しめます。
逆ティルトでは想像を超えるほどのぼかしが非ピント面に発生しますので、
風景写真がまるでミニチュアを撮ったかのような仕上がりになります。

EOS5D MarkⅣ+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

緻密な模型を見ているかのような東京駅と丸の内中央口周辺をご覧ください。

いずれもJPタワー KITTE屋上庭園(千代田区/東京都)にて





今年は7年ぶりに表参道全域で点灯している表参道イルミネーション。
24mmより広角なTS-E17mm F4Lで切り撮ってみました。
TS-Eレンズを使うことにより、木々や建物は空に向かって歪みが無く配置されています。
装飾された欅は150本、12月25日(月)まで点灯しているので足を運んでみてはいかがでしょうか。

EOS5D MarkⅣ+TS-E17mm F4L


EOS5D MarkⅣ+TS-E17mm F4L


EOS5D MarkⅣ+TS-E17mm F4L

紅葉とイルミネーションのコラボが実現。

いずれも表参道(港区、渋谷区/東京都)で撮影。





いかがでしたでしょうか。

筆者は今回2本のTS-Eレンズを使い、
TS-Eレンズの魅力に惹き込まれてしまいした。
まだまだ奥の深いTS-Eレンズ・・・
読者の皆様もいかがでしょうか。

フォトショップで補正するのではなく敢えて機械的に!

また、12月22日には新たに3本のTS-Eレンズの発売が決まっており、非常に注目です。
新たにラインアップされるレンズは、
TS-E50mm F2.8L マクロ
TS-E90mm F2.8L マクロ
TS-E135mm F4L マクロ
の3本です。
近々に試してみたいと思います。

※写真は全てAdobe Lightroom Classic CCで露出等を補正しています。
尚、カメラレンズの特性によって生じる歪みを補正することはしていません。

▼今回の使用したはレンズはこちら▼




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓





[ Category:Canon|掲載日時:2017年12月14日 13時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 2018年04月27日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null Peak designのすゝめ 2018年04月26日
読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。 アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。 そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。 筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、 当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、 気に入って使ってい...
続きを読む
【Nikon】D850試し撮り 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそれ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]