Select Language



【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ

[ Category:Canon|掲載日時:2017年12月14日 13時30分]



TS-Eレンズと遊ぶ

TS-E17mm F4L
TS-E24mm F3.5L Ⅱ

TS-Eレンズ・・・
聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。

TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり
遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。
オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。
故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。

筆者は今回この2本のレンズを使うまではTS-Eレンズとは無縁なものでした。

一般的に建築写真のイメージが強いTS-Eレンズですが、どのような写真が撮れるのでしょうか。
まずはTS-E24mm F3.5L Ⅱからご覧ください。


紅葉真っ盛りの昭和記念公園(立川市/東京都)
立川口に近い有名な銀杏並木です。

EOS5DsR+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

シフト機能を使って木々を垂直に補正しています。
一般的な広角レンズでは遠近法により写真上部にむかって被写体が窄まって写りますがそれを見事に緩和しています。


EOS5DsR+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

こちらはシフト機能とティルト機能を組み合わせてピント面が右上から左下方向に来るようにしています。





続いてTS-Eレンズといえば・・・の「建築写真」

EOS5D MarkⅣ+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

1925年(大正14)郊外住宅地の一つである大田区田園調布に建てられた住宅の復元された室内。
こちらの洋間の魅力である白い窓枠に対して垂直になるようにしました。

EOS5D MarkⅣ+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

壁面の浴場背景画や浴室を隔てている壁のタイルと垂直になるようにしています。
こうすることによって室内空間が歪むことなく普段目にしているままの画を写すことができています。

いずれも江戸東京たてもの園(小金井市/東京都)にて





場所を変えて都心の高層ビル群へ

EOS5D MarkⅣ+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

水平垂直、歪んだものがないのは非常に気持ちがいいです。
この様に表現できるのはTS-Eレンズならではです。

続いてTS-Eレンズといえば・・・の「ジオラマ風写真」も楽しめます。
逆ティルトでは想像を超えるほどのぼかしが非ピント面に発生しますので、
風景写真がまるでミニチュアを撮ったかのような仕上がりになります。

EOS5D MarkⅣ+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

緻密な模型を見ているかのような東京駅と丸の内中央口周辺をご覧ください。

いずれもJPタワー KITTE屋上庭園(千代田区/東京都)にて





今年は7年ぶりに表参道全域で点灯している表参道イルミネーション。
24mmより広角なTS-E17mm F4Lで切り撮ってみました。
TS-Eレンズを使うことにより、木々や建物は空に向かって歪みが無く配置されています。
装飾された欅は150本、12月25日(月)まで点灯しているので足を運んでみてはいかがでしょうか。

EOS5D MarkⅣ+TS-E17mm F4L


EOS5D MarkⅣ+TS-E17mm F4L


EOS5D MarkⅣ+TS-E17mm F4L

紅葉とイルミネーションのコラボが実現。

いずれも表参道(港区、渋谷区/東京都)で撮影。





いかがでしたでしょうか。

筆者は今回2本のTS-Eレンズを使い、
TS-Eレンズの魅力に惹き込まれてしまいした。
まだまだ奥の深いTS-Eレンズ・・・
読者の皆様もいかがでしょうか。

フォトショップで補正するのではなく敢えて機械的に!

また、12月22日には新たに3本のTS-Eレンズの発売が決まっており、非常に注目です。
新たにラインアップされるレンズは、
TS-E50mm F2.8L マクロ
TS-E90mm F2.8L マクロ
TS-E135mm F4L マクロ
の3本です。
近々に試してみたいと思います。

※写真は全てAdobe Lightroom Classic CCで露出等を補正しています。
尚、カメラレンズの特性によって生じる歪みを補正することはしていません。

▼今回の使用したはレンズはこちら▼




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓





[ Category:Canon|掲載日時:2017年12月14日 13時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む
夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]