【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





TS-Eレンズと遊ぶ

TS-E17mm F4L
TS-E24mm F3.5L Ⅱ

TS-Eレンズ・・・
聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。

TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり
遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。
オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。
故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。

筆者は今回この2本のレンズを使うまではTS-Eレンズとは無縁なものでした。

一般的に建築写真のイメージが強いTS-Eレンズですが、どのような写真が撮れるのでしょうか。
まずはTS-E24mm F3.5L Ⅱからご覧ください。


紅葉真っ盛りの昭和記念公園(立川市/東京都)
立川口に近い有名な銀杏並木です。

EOS5DsR+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

シフト機能を使って木々を垂直に補正しています。
一般的な広角レンズでは遠近法により写真上部にむかって被写体が窄まって写りますがそれを見事に緩和しています。


EOS5DsR+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

こちらはシフト機能とティルト機能を組み合わせてピント面が右上から左下方向に来るようにしています。





続いてTS-Eレンズといえば・・・の「建築写真」

EOS5D MarkⅣ+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

1925年(大正14)郊外住宅地の一つである大田区田園調布に建てられた住宅の復元された室内。
こちらの洋間の魅力である白い窓枠に対して垂直になるようにしました。

EOS5D MarkⅣ+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

壁面の浴場背景画や浴室を隔てている壁のタイルと垂直になるようにしています。
こうすることによって室内空間が歪むことなく普段目にしているままの画を写すことができています。

いずれも江戸東京たてもの園(小金井市/東京都)にて





場所を変えて都心の高層ビル群へ

EOS5D MarkⅣ+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

水平垂直、歪んだものがないのは非常に気持ちがいいです。
この様に表現できるのはTS-Eレンズならではです。

続いてTS-Eレンズといえば・・・の「ジオラマ風写真」も楽しめます。
逆ティルトでは想像を超えるほどのぼかしが非ピント面に発生しますので、
風景写真がまるでミニチュアを撮ったかのような仕上がりになります。

EOS5D MarkⅣ+TS-E24mm F3.5L Ⅱ

緻密な模型を見ているかのような東京駅と丸の内中央口周辺をご覧ください。

いずれもJPタワー KITTE屋上庭園(千代田区/東京都)にて





今年は7年ぶりに表参道全域で点灯している表参道イルミネーション。
24mmより広角なTS-E17mm F4Lで切り撮ってみました。
TS-Eレンズを使うことにより、木々や建物は空に向かって歪みが無く配置されています。
装飾された欅は150本、12月25日(月)まで点灯しているので足を運んでみてはいかがでしょうか。

EOS5D MarkⅣ+TS-E17mm F4L


EOS5D MarkⅣ+TS-E17mm F4L


EOS5D MarkⅣ+TS-E17mm F4L

紅葉とイルミネーションのコラボが実現。

いずれも表参道(港区、渋谷区/東京都)で撮影。





いかがでしたでしょうか。

筆者は今回2本のTS-Eレンズを使い、
TS-Eレンズの魅力に惹き込まれてしまいした。
まだまだ奥の深いTS-Eレンズ・・・
読者の皆様もいかがでしょうか。

フォトショップで補正するのではなく敢えて機械的に!

また、12月22日には新たに3本のTS-Eレンズの発売が決まっており、非常に注目です。
新たにラインアップされるレンズは、
TS-E50mm F2.8L マクロ
TS-E90mm F2.8L マクロ
TS-E135mm F4L マクロ
の3本です。
近々に試してみたいと思います。

※写真は全てAdobe Lightroom Classic CCで露出等を補正しています。
尚、カメラレンズの特性によって生じる歪みを補正することはしていません。

▼今回の使用したはレンズはこちら▼




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓





[ Category:Canon|掲載日時:12月14日 13時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。 日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為 気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく 自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なので フラッシュなしでもブレずに表現出来まし...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]