【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月17日 10時30分]




先日、友人に誘われ、川崎競馬場で競馬を撮影する機会に恵まれました。
今まで経験がなかったのですが、友人の助言と自分なりの工夫によって、少しは良いなと思える写真が撮れました。
今回は試行錯誤の思い出とともに、競馬の写真を振り返ります。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
この写真はパドックでゆっくりと歩いている馬の表情を捉えたものです。
機材は私が所有しているNikon D5と、友人から借りたAF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
三脚を用意していなかったため手持ちでの撮影です。
とはいえAF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VRは最新の超望遠レンズ、手振れ補正もしっかりと効きます。
蛍石レンズの採用により旧型と比べて軽量化されているため、長時間でなければ手持ち撮影も可能だと感じました。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
最後の直線。
馬は飛び跳ね、騎手は鞭を振り下ろします。
あっという間に過ぎ去っていくため、AFの設定はオートエリアAFかつAF-Cで固定。
露出設定はシャッタースピード優先です。
連写に強いD5のおかげで、ピントが合っていてブレていない写真を選別することができました。
馬のたくましい脚、飛び散る砂の描写にも注目していただければと思います。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
パドックでの1枚。
騎手が馬に乗っている表情を切り取りました。
これから始まるレースへの自信、不安、闘争心が入り混じっているように感じられました。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
川崎競馬場ではコースに比較的近い場所で撮影することが可能です。
より馬に近い場所で撮ることのできる報道関係者でなくとも、このような写真を撮ることができました。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
初めて知ったのですが、騎手はレースによって服装を変えることがあるそうです。
この写真は上に載せた騎手と同じ方。
構図を工夫してレース直前の表情を捉えてみました。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
注目していただきたいのは騎手の目。
ゴールを見据えた眼差しは真剣そのもの。
勝負にかける人の情熱を思い知らされました。


今回は昼間の撮影とともにナイター競馬の撮影にも取り組んでみました。
そこで感じたのは、開放F値の明るい超望遠レンズが非常に効果的だという点。
D5の高感度とAF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VRの描写能力が相まって、
競馬撮影の初心者でもある程度納得のいく写真が撮れました。

皆さんも競馬場で、人と馬とのドラマを撮影してみませんか。















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月17日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]