【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






null

私生活で絶対に手放せない機材がある。

それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。

写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。
そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。

今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。
このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。

東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-GM5ボディ + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、
今では津波に対する対策や道路の修復もされ、
観光地として復興の一歩をたどっている。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-GM5ボディ + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

待ちに待った浜焼き。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-GM5ボディ + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

このように店頭に並んでいる海鮮を自分で選び、
鉄板で焼いてもらうスタイルだ。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-GM5ボディ + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-GM5ボディ + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

お目当ての海鮮が焼けるまで、
まずは『岩かき』を生でいただく。
なんともクリーミーでおいしい!

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-GM5ボディ + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

かきを堪能している間に浜焼きが食べごろに。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-GM5ボディ + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-GM5ボディ + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-GM5ボディ + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

都内では中々この予算で、新鮮な海鮮は食べられません!
浜焼きが食べたくなったらぜひ「茨城県大洗」がおすすめです。

さてGM5とライカレンズの組み合わせ、
いかがでしたでしょうか?

画作りという点においては、
現行モデルのLUMIX DMC-GX7MK2やLUMIX DC-GF9と比較すると、
ノイズこそあるもののメリハリがあり、
豊かなシャープネスでライカブランドレンズとの相性も抜群!!

大変残念なことにボディは生産終了しておりますが、
気になった方はぜひ中古品をご検討ください。

所有欲を満たしてくれるおすすめの1台です。
余談ですが、私は色違いで2台所有しております。










〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:12月15日 18時02分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。 日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為 気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく 自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なので フラッシュなしでもブレずに表現出来まし...
続きを読む
ズミルックス 【Leica】「貴婦人」とお散歩 2018年01月20日
SUMMILUXM50mmの第1世代 その作りの良さから付いた名称が「貴婦人」 今回はそんなSUMMILUXのNo.1759540(初期型)とライカM(type240)で、 お散歩にでかけてきました。 開放撮影が大好きなので開放で撮影した写真が多めですが、ご了承ください。 少しざわざわしたボケと日差しが当たっている部分にフレアが出ておりますが、 個人的にはこういった描写が好きなので使っています。 f5.6で撮影してみた写真です。 日が傾き始めていたせいもあってかコントラストが低く感じられます。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]