【Leica】麗しのブラックxニッケル » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Leica】麗しのブラックxニッケル

[ Category:Leica|掲載日時:2017年12月19日 13時30分]






あゝ、麗しのブラックxニッケル。

本日ご紹介いたしますのは、
艶やかなブラックと
シルバーとも、ゴールドとも違う、静かな妖しい輝きを放つニッケル
「ブラックxニッケル」の世界でございます。


ニッケル仕上げのレンズはいくつか存在いたしますが、
本日紹介するのはそのうちの4本。

まずはバルナック型といえばこちらのレンズ。
「エルマー L50mm F3.5」
こちらのレンズのバリエーションにはブラックの塗装がなく、
暖色系のニッケル仕上げがブラックのボディを華やかに演出。

またエルマーを装着しておりますコチラのボディ、
バルナック型の中でも人気が高いDIIIのブラックペイント。
1933年に発売されたモデルで、当時の報道関係者が多く使用していました。
ストラップを通す環や、視度補正レバーが付いたりと実用性が飛躍的に向上しました。
後のバルナック型の基礎となった名機です。


一風変わった宇宙船のような形をしたコチラは「ビドム」という可変焦点ファインダーです。
バルナック型は50mmのファインダーしか内蔵していないので
35mmなどのレンズを使う際は外付けファインダーで対応します。
下部には視差(パララックス)を補正するレバーがあります。


ローレット部を回すことでレンズの焦点距離に合わせた画角が覗けるようになっています。
複数のファインダーを持ち歩かなくて済む上に見た目もクールです。


続いては「エルマー 90mm F4 ダルマ」
ダルマのような美しい流線形のフォルムからダルマと呼ばれております。
通常のエルマーのスマートな見た目に対し、レンズの存在感が際立ちます。

先ほどの「ビドム」と組み合わせると一際です。
現代には無い見た目のカメラです!



続いては「山岳エルマー L105mm F6.3」と呼ばれるレンズ。
山岳写真家や登山家が好んで使ったことからその名が付きました。
風景を撮るときは絞りを絞って撮影することが多いので、レンズ自体の明るさはそれほど必要なく
むしろF値を抑えることで望遠レンズながらもコンパクトな仕上がりになっています。


望遠レンズらしい長さですがスラッとした鏡胴がセクシーです。
ポートレートなど、被写体を切り取る用途にもオススメです。


最後は「ヘクトール L73mm F1.9」
クセ玉として名を連ねるレンズの1つで、特に中望遠レンズで描写にクセがある物というのは珍しいです。
そして、ブラックxニッケル、ブラックxシルバーなど外装のバリエーションが豊富なのも面白いです。


今回ご紹介したレンズ達です。
並べてみると艶のあるブラックペイントとニッケル特有の暖色がなまめかしい雰囲気です…。


アナタはどの「ブラックxニッケル」にしますか?

↓今回ご紹介したブラックxニッケル」はコチラ!↓















〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年12月19日 13時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 2018年04月27日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null Peak designのすゝめ 2018年04月26日
読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。 アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。 そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。 筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、 当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、 気に入って使ってい...
続きを読む
【Nikon】D850試し撮り 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそれ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]