【Leica】麗しのブラックxニッケル | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】麗しのブラックxニッケル

[ Category:Leica|掲載日時:2017年12月19日 13時30分]






あゝ、麗しのブラックxニッケル。

本日ご紹介いたしますのは、
艶やかなブラックと
シルバーとも、ゴールドとも違う、静かな妖しい輝きを放つニッケル
「ブラックxニッケル」の世界でございます。


ニッケル仕上げのレンズはいくつか存在いたしますが、
本日紹介するのはそのうちの4本。

まずはバルナック型といえばこちらのレンズ。
「エルマー L50mm F3.5」
こちらのレンズのバリエーションにはブラックの塗装がなく、
暖色系のニッケル仕上げがブラックのボディを華やかに演出。

またエルマーを装着しておりますコチラのボディ、
バルナック型の中でも人気が高いDIIIのブラックペイント。
1933年に発売されたモデルで、当時の報道関係者が多く使用していました。
ストラップを通す環や、視度補正レバーが付いたりと実用性が飛躍的に向上しました。
後のバルナック型の基礎となった名機です。


一風変わった宇宙船のような形をしたコチラは「ビドム」という可変焦点ファインダーです。
バルナック型は50mmのファインダーしか内蔵していないので
35mmなどのレンズを使う際は外付けファインダーで対応します。
下部には視差(パララックス)を補正するレバーがあります。


ローレット部を回すことでレンズの焦点距離に合わせた画角が覗けるようになっています。
複数のファインダーを持ち歩かなくて済む上に見た目もクールです。


続いては「エルマー 90mm F4 ダルマ」
ダルマのような美しい流線形のフォルムからダルマと呼ばれております。
通常のエルマーのスマートな見た目に対し、レンズの存在感が際立ちます。

先ほどの「ビドム」と組み合わせると一際です。
現代には無い見た目のカメラです!



続いては「山岳エルマー L105mm F6.3」と呼ばれるレンズ。
山岳写真家や登山家が好んで使ったことからその名が付きました。
風景を撮るときは絞りを絞って撮影することが多いので、レンズ自体の明るさはそれほど必要なく
むしろF値を抑えることで望遠レンズながらもコンパクトな仕上がりになっています。


望遠レンズらしい長さですがスラッとした鏡胴がセクシーです。
ポートレートなど、被写体を切り取る用途にもオススメです。


最後は「ヘクトール L73mm F1.9」
クセ玉として名を連ねるレンズの1つで、特に中望遠レンズで描写にクセがある物というのは珍しいです。
そして、ブラックxニッケル、ブラックxシルバーなど外装のバリエーションが豊富なのも面白いです。


今回ご紹介したレンズ達です。
並べてみると艶のあるブラックペイントとニッケル特有の暖色がなまめかしい雰囲気です…。


アナタはどの「ブラックxニッケル」にしますか?

↓今回ご紹介したブラックxニッケル」はコチラ!↓













〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年12月19日 13時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]