Select Language



Nikonの話 ~中望遠単焦点レンズを愉しむ話~

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月20日 11時00分]



身が引き締まる寒さは、来る降誕祭に向け季節感を演出しているようです

周囲ではクリスマスを盛り上げるイベントがいろいろと始まっており

カメラ片手に足を伸ばしてみる機会が増えつつあります

今回、茨城県は稲敷にある「こもれび森のイバライド」にて開催された

“クリスマス マーケット ~Ferme de Noel~”なる

アンティーク・小道具・ハンドメイドなどを販売するイベントに

うちの愛犬たるToToの散歩がてらに出掛けてみました

ちなみに~Ferme de Noel~はフランス語でクリスマスの農場という意味だそうです

用意した撮影機材はD600AF-S 85mm F1.8G

気軽に撮影するにはいい組み合わせだと思います

D600・AF-S 85mm F1.8G

時々ドッグランを平日に利用するだけだったのでイベントに参加したのは、はじめてだったりします

D600・AF-S 85mm F1.8G

フランスの田舎の農場をイメージしたイバライドに

アンティークや小道具はとても似合っていました

D600・AF-S 85mm F1.8G

AF-S 85mm F1.8GはNikonの単焦点レンズのF1.8シリーズのひとつ

開放のボケや周辺光量の落ちなどは上位のAF-S 85mm F1.4Gに負けるものの

素晴らしい写りを約束するレンズです

D600・AF-S 85mm F1.8G

なにより軽く350gしかないのでフルサイズ機の中でも

抑え目なサイズのD600とは相性が良いと思います

D600・AF-S 85mm F1.8G

ポートレートにも風景にも向いた中望遠レンズですが

自分が意識する対象を切り取り表現するのにはちょうど良い画角で

このように撮影するのが自分の性にも合っていて

つまりはこのレンズが自分にはあっているのでしょう

D600・AF-S 85mm F1.8G

明るく柔らかな色彩も印象的に映し出します

旧レンズも所持していますが中望遠特有というか、このレンズだからこその

独特の背景の圧縮された空気感はなかなか他のレンズでは味わえないと思います

D600・AF-S 85mm F1.8G

マーケットでは農場ということもあってベーコンやソーセージが屋台で販売されていました

塩気の効いた焼きあがったばかりのお肉はおいしかったです

D600・AF-S 85mm F1.8G

それにしてもアンティークや古道具というのはそこにあるだけで絵になります

撮影がてらに、見かけたキレイな小瓶などをいくつか購入してしまいました

D600・AF-S 85mm F1.8G

絵になる題材がありアンティークとなると少し色を変えて愉しんでみるのもありだと思います

Nikon Capture NX-Dを使用して少し遊んでみました

D600・AF-S 85mm F1.8G

このレンズを使っていると傾けたり一部を切り取ってみたりといろいろ構図を試したくなります

D600・AF-S 85mm F1.8G

茨城県稲敷市の「こもれび森のイバライド」

のんびりと愉しむにはなかなかいい場所です

馬や羊・アルパカや小動物もいるしバーベキューなども楽しめます

皆様もカメラ片手に出掛けてみてはいかがでしょうか










ご利用ください!
JACCS、Orico限定
48回払いまで金利0%で話題の
「超低金利ショッピングクレジット」
↓詳しくはコチラ!↓

null






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月20日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]