Select Language



【Canon】大雪の報せを受けて EOS-1D MarkIV

[ Category:Canon|掲載日時:2017年12月25日 01時00分]




EOS-1D MarkIV, EF24-70mm F4L IS USM
Canon EOS-1D MarkIV, EF24-70mm F4L IS USM

群馬県利根郡みなかみ町
町内の全域が豪雪地帯に指定されるほどの雪が降る場所である。

その日は夕方から強い寒気が入って、関東北部の山沿いでは大雪警報が発令されていた。
翌日は公休日、これは緊急出動するほかないのでは。天気予報が私をそんな気持ちにさせる。
関越道をひたすら北へ1時間半、私は大雪が降りしきる街へ飛び込んだ。


Canon EOS-1D MarkIV, EF24-70mm F4L IS USM
Canon EOS-1D MarkIV, EF24-70mm F4L IS USM

現地について車の中から。
エンジンを切るとガラスについた水滴が凍結し始めた



Canon EOS-1D MarkIV, EF24-70mm F4L IS USM

消雪パイプはしっかり稼働しているものの、降雪のペースが速く追いつかない。
普段見慣れない形が道路にたくさん発生している。



Canon EOS-1D MarkIV, EF24-70mm F4L IS USM

深夜の温泉街、まったく人の気配がなく風の音だけが聞こえる。
他に耳にする音と言えば除雪車のチェーンの音くらいか。



Canon EOS-1D MarkIV, EF24-70mm F4L IS USM

風が吹くと、建物に積もった雪がぶわっと吹き付けてくる。
カメラも私も雪まみれになってしまった。
構わず撮影を続ける。不思議な事に集中力が続く。



Canon EOS-1D MarkIV, EF24-70mm F4L IS USM

路面の積雪は少なくとも30センチはあるだろうか。
先人の轍が無くなり、私の車ではこれ以上進むことが出来ない。
そうこうしている間に自分で作った轍もどんどん埋もれていく。



Canon EOS-1D MarkIV, EF24-70mm F4L IS USM

引き返して、駅前の公衆電話にて。


Canon EOS-1D MarkIV, EF24-70mm F4L IS USM
Canon EOS-1D MarkIV, EF24-70mm F4L IS USM

仕事で疲れているはずなのにも関わらず、気づいたら撮り始めて3時間が経過していた。
自分もカメラも雪を浴びっぱなしだったが、何ともなく帰宅したのだった。
過酷な環境であっても全く躊躇なく画像を生み出してくれるEOS-1Dはとても頼もしい。
もちろん、帰宅してしっかりメンテナンスを行った。
普段使いには大きく重く高価、それでも使いたくなる理由がある。



信じられる道具は新品で。そんなお客様には最新のEOS-1D X Mark IIをどうぞ。



バリバリ使うのだから新品じゃなくても!
中古であれば10万円台より購入可能です。







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:Canon|掲載日時:2017年12月25日 01時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]