唯一無二のぐるぐるボケレンズ Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






null

Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2

黄金の輝きで異彩を放つレンズ
Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
19世紀に製造されていたペッツバール型レンズを、LOMO社が現代復刻した一品です。

現代レンズとは一線を画するこのレンズは

ピント合わせはレンズから飛び出すノブを回して行い
絞りは本体に内蔵されておらず、差し込み式のフィルターのように毎度差し替えなければならない


見た目もだけでなく扱いが特殊で奇抜なレンズなのですが
一番の特徴はぐるぐるボケという、唯一無二の渦巻き状のボケ味が楽しめる所にあります。

今回はそのボケ味を堪能したく、スナップ撮影とポートレート撮影に出かけました。
使用ボディはCanon EOS 5D markIII
絞りはボケ味を活かすため極力解放で撮影しています。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/250 ISO:100

レンズのスペックは85mm F2.2と、ポートレンズ撮影を意識された設計になっています。
特有の柔らかさと背景のボケは、他のレンズでは決して味わえない一枚を生み出してくれます。
ポートレートレンズはボケ味を意識することが多いですが、このレンズはその選択肢を大きく広げてくれるに違いありません。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/60 ISO:250

居酒屋の提灯を横から一枚。
描写力は解放で撮影するとかなり甘く(特に周辺部)、現代のシャープなレンズとは対極するような写りですが
独特のボケ味が強烈で味のある写真に仕上がります。
ピント合わせが難しいレンズですが、ゆっくり一枚一枚撮影する楽しさがその煩わしさを忘れさせてくれます。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F4 SS:1/60 ISO:250

Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/60 ISO:125

ランチタイムにおしゃれなカフェで一休み。
一絞りすると一気に解像力があがり、中望遠レンズとしても優秀な一面を垣間見ることができます。
周辺減光が発生しやすいレンズですが、敢えてその減光を活かしてトイフォトのようなスナップ撮影を楽しむのも一興です。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/40 ISO:200

最短撮影距離は1mと、一般的な中望遠レンズと同じ感覚で使用が可能。
ギリギリまで寄って撮影すると、特徴的なボケ味がより一層引き立ちます。
今回は花を撮る機会に恵まれませんでしたが、このレンズで撮影した写真を想像するとワクワクしてしまいます。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/50 ISO:100

少し日が暮れてきたところで、少しアンダー気味に観覧車をパシャリ。
周辺減光が気になる場面ですが、雰囲気のある一枚に仕上がりました。
絞れば描写力も大きく改善するレンズですが、敢えて解放で撮影したくなる魅力をこのレンズは秘めています。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/160 ISO:100

Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/160 ISO:100

Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/40 ISO:100

日が暮れて光り輝くイルミネーションをボカして撮影してみました。
中央は丸ボケですが、外側に行くと少しずつ楕円形になり…
まるで光が回っているかのよう。
ぐるぐるボケの特徴が一番体感できる瞬間、イルミネーションとの相性抜群です。
強い光源下での撮影ではフレアもでず、復刻版ながらしっかり作られている印象を持ちました。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII + 600EX RT 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/60 ISO:400

イルミネーションを活かしたポートレートを撮影したいと思い、前ボケと後ろボケを意識してパシャリ。
ペッツバール型レンズの特徴を詰め込んだポートレート写真に仕上がりました。
ポートレートレンズはシャープさより甘い描写が好まれることも多いですが、このレンズはその真の意味を伝えてくれます。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII + 600EX RT 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/60 ISO:400

先ほどの撮影スポットは人通りが多く、どうしても背景に写り込んでしまうので、後ろボケを思う存分楽しめる場所へ移動。
グルグルボケがこれでもか!というぐらい被写体の周りを囲っていて、被写体をより惹き立ててくれます。
日の丸構図は単調になりやすいですが、このレンズに関してはどんどん狙っていきたい構図です。


この世には色々な特徴を持つレンズが存在しますが、その中でも見た目、使用感、描写力、全ておいて一線を画するこのレンズ
是非一度使ってみてはいかがでしょうか?

流通数が少ない希少レンズなので、気になる方は是非ご検討ください。
店頭に在庫ある商品はご自身のカメラで試写も可能ですので、当店にて希少レンズを色々試してみるのも楽しいですよ。

↓使用した Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2 はこちら!↓



※在庫少量の為、売切れの際はご容赦ください



↓ほかオススメのボケレンズはこちら!↓












〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:12月28日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。 日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為 気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく 自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なので フラッシュなしでもブレずに表現出来まし...
続きを読む
ズミルックス 【Leica】「貴婦人」とお散歩 2018年01月20日
SUMMILUXM50mmの第1世代 その作りの良さから付いた名称が「貴婦人」 今回はそんなSUMMILUXのNo.1759540(初期型)とライカM(type240)で、 お散歩にでかけてきました。 開放撮影が大好きなので開放で撮影した写真が多めですが、ご了承ください。 少しざわざわしたボケと日差しが当たっている部分にフレアが出ておりますが、 個人的にはこういった描写が好きなので使っています。 f5.6で撮影してみた写真です。 日が傾き始めていたせいもあってかコントラストが低く感じられます。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]