Select Language



唯一無二のぐるぐるボケレンズ Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2

[ Category:etc.|掲載日時:2017年12月28日 13時00分]




null

Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2

黄金の輝きで異彩を放つレンズ
Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
19世紀に製造されていたペッツバール型レンズを、LOMO社が現代復刻した一品です。

現代レンズとは一線を画するこのレンズは

ピント合わせはレンズから飛び出すノブを回して行い
絞りは本体に内蔵されておらず、差し込み式のフィルターのように毎度差し替えなければならない


見た目もだけでなく扱いが特殊で奇抜なレンズなのですが
一番の特徴はぐるぐるボケという、唯一無二の渦巻き状のボケ味が楽しめる所にあります。

今回はそのボケ味を堪能したく、スナップ撮影とポートレート撮影に出かけました。
使用ボディはCanon EOS 5D markIII
絞りはボケ味を活かすため極力解放で撮影しています。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/250 ISO:100

レンズのスペックは85mm F2.2と、ポートレンズ撮影を意識された設計になっています。
特有の柔らかさと背景のボケは、他のレンズでは決して味わえない一枚を生み出してくれます。
ポートレートレンズはボケ味を意識することが多いですが、このレンズはその選択肢を大きく広げてくれるに違いありません。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/60 ISO:250

居酒屋の提灯を横から一枚。
描写力は解放で撮影するとかなり甘く(特に周辺部)、現代のシャープなレンズとは対極するような写りですが
独特のボケ味が強烈で味のある写真に仕上がります。
ピント合わせが難しいレンズですが、ゆっくり一枚一枚撮影する楽しさがその煩わしさを忘れさせてくれます。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F4 SS:1/60 ISO:250

Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/60 ISO:125

ランチタイムにおしゃれなカフェで一休み。
一絞りすると一気に解像力があがり、中望遠レンズとしても優秀な一面を垣間見ることができます。
周辺減光が発生しやすいレンズですが、敢えてその減光を活かしてトイフォトのようなスナップ撮影を楽しむのも一興です。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/40 ISO:200

最短撮影距離は1mと、一般的な中望遠レンズと同じ感覚で使用が可能。
ギリギリまで寄って撮影すると、特徴的なボケ味がより一層引き立ちます。
今回は花を撮る機会に恵まれませんでしたが、このレンズで撮影した写真を想像するとワクワクしてしまいます。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/50 ISO:100

少し日が暮れてきたところで、少しアンダー気味に観覧車をパシャリ。
周辺減光が気になる場面ですが、雰囲気のある一枚に仕上がりました。
絞れば描写力も大きく改善するレンズですが、敢えて解放で撮影したくなる魅力をこのレンズは秘めています。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/160 ISO:100

Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/160 ISO:100

Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/40 ISO:100

日が暮れて光り輝くイルミネーションをボカして撮影してみました。
中央は丸ボケですが、外側に行くと少しずつ楕円形になり…
まるで光が回っているかのよう。
ぐるぐるボケの特徴が一番体感できる瞬間、イルミネーションとの相性抜群です。
強い光源下での撮影ではフレアもでず、復刻版ながらしっかり作られている印象を持ちました。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII + 600EX RT 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/60 ISO:400

イルミネーションを活かしたポートレートを撮影したいと思い、前ボケと後ろボケを意識してパシャリ。
ペッツバール型レンズの特徴を詰め込んだポートレート写真に仕上がりました。
ポートレートレンズはシャープさより甘い描写が好まれることも多いですが、このレンズはその真の意味を伝えてくれます。


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2
EOS 5D markIII + 600EX RT 焦点距離:85mm 絞り:F2.2 SS:1/60 ISO:400

先ほどの撮影スポットは人通りが多く、どうしても背景に写り込んでしまうので、後ろボケを思う存分楽しめる場所へ移動。
グルグルボケがこれでもか!というぐらい被写体の周りを囲っていて、被写体をより惹き立ててくれます。
日の丸構図は単調になりやすいですが、このレンズに関してはどんどん狙っていきたい構図です。


この世には色々な特徴を持つレンズが存在しますが、その中でも見た目、使用感、描写力、全ておいて一線を画するこのレンズ
是非一度使ってみてはいかがでしょうか?

流通数が少ない希少レンズなので、気になる方は是非ご検討ください。
店頭に在庫ある商品はご自身のカメラで試写も可能ですので、当店にて希少レンズを色々試してみるのも楽しいですよ。

↓使用した Zenit New Petzval Art Lens 85mm F2.2 はこちら!↓



※在庫少量の為、売切れの際はご容赦ください



↓ほかオススメのボケレンズはこちら!↓












〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年12月28日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]