【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





Leica ズマレックス L85mm F1.5 クローム
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。
Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。


こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。
大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。

Leica (ライカ) IIIc 後期 (クローム) + ズマレックス L85mm F1.5 クローム + イマレクト (正像)ファインダー ※正像ビドム

カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。
ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。

Leica イマレクト (正像)ファインダー ※正像ビドム

しっかりと「8.5」と刻んであります。これでSummarexの画角がわかります。
しかし、イマレクトファインダーは、ズームレンズのように倍率が変わるのではなく、
広角から望遠にいくに従い視野が狭くなっていく仕掛けです。
したがって、8.5cmでは、たいへん小さなファインダー像となってしまいます。

Leica (ライカ) IIIc 後期 (クローム) + ズマレックス L85mm F1.5 クローム + SGOOD 85mm ファインダー

そこで、こちらのSGOOD 85mm ファインダーが、お勧めです。
ご覧のようにファインダー前面に「8.5cm」と刻んであります。
Summarex 8.5㎝専用ファインダーということです。


Leica SGOOD 85mm ファインダー

明るく広い視野に、浮かんでいるように見える白いブライトフレームが特徴です。
接眼側のリングでパララックス(視差)補正を行います。
唯一の8.5cmレンズ専用ファインダーですので、生産数が少ないものです。


また、こんな面白い組合わせは如何でしょうか。時代を超えたライバル同士です。

Carl Zeiss (カールツァイス) ZEISS IKON ZMボディ シルバー + Leica ズマレックス L85mm F1.5 クローム

Carl Zeiss の ライカMマウント互換のフィルムカメラZEISS IKON ZM です。
何故?この組み合わせかと申しますと、
このカメラのファインダーには、85㎜のフレームが内蔵されているからです。

Summarex 8.5cmとM/L変換リング(28/90mm用)を併用すると自動的に85㎜のフレームが表示されます。



ライブビュー撮影が可能なデジタルカメラでは、あまり気にしなくてもいい撮影範囲ですが
外付けファインダーにもこだわりを持って、探してみるのも楽しいものです。


それにしてもどうしてSummarexの焦点距離8.5cmなのでしょう。
Leicaの望遠レンズは、9cm(90mm)か多いのですが・・・。
レンジファインダーカメラ用のレンズとしては珍しい画角で新しい世界を覗いてみては如何でしょうか。


↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓















null


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:01月16日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 2018年02月16日
【FUJIFILM X-H1 先行展示実施中】 フジフイルムの大型新製品 X-H1が発表されました。 ただいまマップカメラ本館3階では、X-H1の発売に先駆けて先行展示を行っております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶる機能美やデザインが要求されます。 濃厚な雰囲気を漂わせ、その喜びを満たしてくれる第三のフラッグシップモデル! 究極の表現力を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]