MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



アクセサリー雑感 -マウントアダプター編-

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月17日 10時30分]



2018年に年が変わり、半月ほど経ちましたが、今年はもう写真は撮られましたか?
筆者は3日に今年最初の撮影に出かけてきました。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Commlite(コムライト) マウントアダプター ニコンFレンズ/ソニーEボディ用 AF対応 電子接点付 CM-ENF-E1 PRO+Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 16-35mm F4 G ED VR

撮影場所は長池親水公園です。気温は-1℃で風も強く吹いていたため、ブルブル震えながら撮っておりました。
長池親水公園は山中湖畔に映る逆さ富士と夕日が沈む際にはダブルダイヤモンド富士が見れるスポットとして有名で、
この日もたくさんの方が写真を撮っていましたが、あいにくこの日は風が強かったため、逆さ富士は見られず。
さてさてこの富士山、なんの機材で撮ったのかというと、
こちら!

Nikon(ニコン)D4 ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Distagon T* 25mm F2 ZF.2(ニコンF用)

SONY α7RⅡにNikon AF-S NIKKOR 16-35mmという組み合わせ。
・・・・・・!?
SONYとNikonの組み合わせ!?
そうなんです!多くの方がご存知かと思いますが、SONYはマウントアダプター遊びができるのです!
今回はNikonのレンズですが、LEICA-MはもちろんLやR、CONTAX-G、
CANON EF、M42、etc...様々なレンズをアダプターを使うことで楽しめるのです。
今回の撮影で使用したのが、Nikon-FマウントGタイプレンズ対応の
「Commlite(コムライト)CM-ENF-E1 PRO」

Nikon(ニコン)D4 ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Distagon T* 25mm F2 ZF.2(ニコンF用)

なんとこのアダプター、電子接点付きレンズ内絞りの電子制御。
撮影した画像の焦点距離、露出などの情報はExifデータとして記録されるのです。
ボディ内手ぶれ補正機構対応しNikon AF-S レンズ(AF モーター内蔵式)装着時に、
オートフォーカスが利用可能になる優れもの!

実は筆者、年末から頻繁にこの組み合わせで、写真を撮っておりました。
年始は昼間の撮影をメインにしておりましたが、
年末は夜間や室内の写真を撮っていましたので、そちらもご覧ください。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Commlite(コムライト) マウントアダプター ニコンFレンズ/ソニーEボディ用 AF対応 電子接点付 CM-ENF-E1 PRO+Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 16-35mm F4 G ED VR

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Commlite(コムライト) マウントアダプター ニコンFレンズ/ソニーEボディ用 AF対応 電子接点付 CM-ENF-E1 PRO+Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 16-35mm F4 G ED VR

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Commlite(コムライト) マウントアダプター ニコンFレンズ/ソニーEボディ用 AF対応 電子接点付 CM-ENF-E1 PRO+Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 16-35mm F4 G ED VR
(室内や夜間の撮影の際はなかなかAFが合わずに苦労します。)

「アダプターで楽しみを増やす」

年末から頻繁に持ち出し写真を撮っておりましたが、オリジナルボディよりAFが少し遅くなったり、
マウントアダプター分サイズが大きくなるため、持ち運びは大変になりますが、
アダプターを使うことで新しい楽しみに出会えた気がします。魅力が詰まったアイテムなのは間違いありません。

*対応のレンズはスタッフまでお問い合わせください!

今回使用したアダプターがコチラです↓




MFではなくAFが使用できる、なかなか凄いアダプター。
多少の癖はありますが、SONYユーザーでNikon Fレンズを使ってみたい方!
NikonユーザーでSONY αEボディを使いたい方!!
あるいは、この組み合わせで写真を撮ってみたい方!!!
マウントの縛りから解放され、楽しく写真を撮ってみませんか?
ご来店心よりお待ちしております。



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月17日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G 【Nikon】都会の日常 2018年08月15日
『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』 -言葉を写真に- 日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。 今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と ポートレートで使われることが多い85mm、 そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を… "スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、 撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。 ...
続きを読む
Leica M8 + Summicron M35mm F2(6枚玉) + UV/IRフィルターE39 【Leica】M8という選択 2018年08月14日
8月もお盆に差し掛かり、平成最後の夏も気がつけばあと僅か。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、まだまだ酷暑が収まらない今夏。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回ご紹介するのはLeica M8。 「M8、今はもうM10でしょう?」と思われる方も多いと思います。 しかしこのM8には多くの魅力があると共に、ライカのデジタルM機の中では最も お買い得。それなりの理由はありますが…「デジタルのライカを何としてでも使ってみたい!」 という方には選択肢として十分検討範囲になるモデル...
続きを読む
片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む
【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 2018年08月13日
【はじまるMap 3D Travel】 ただいま本館3階では、マップタイムズで大好評シリーズ『はじまる410』と『マップカメラ』の 奇跡のスペシャルコラボ『世界を巡る夢の旅』を開催しております。 世界を見る。世界を感じる。世界を撮る。3Dの世界! 長い歴史の中で輝きを放っていて、見るものの心に残る世界のシンボル、 見どころ満載の世界のシンボルがマップカメラに出現! これを見なくては旅が始まらない世界のシンボルを間近で堪能できます。 はてしない旅の始まりをここから出発して...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]