アクセサリー雑感 -マウントアダプター編- | THE MAP TIMES 
Select Language



アクセサリー雑感 -マウントアダプター編-

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月17日 10時30分]



2018年に年が変わり、半月ほど経ちましたが、今年はもう写真は撮られましたか?
筆者は3日に今年最初の撮影に出かけてきました。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Commlite(コムライト) マウントアダプター ニコンFレンズ/ソニーEボディ用 AF対応 電子接点付 CM-ENF-E1 PRO+Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 16-35mm F4 G ED VR

撮影場所は長池親水公園です。気温は-1℃で風も強く吹いていたため、ブルブル震えながら撮っておりました。
長池親水公園は山中湖畔に映る逆さ富士と夕日が沈む際にはダブルダイヤモンド富士が見れるスポットとして有名で、
この日もたくさんの方が写真を撮っていましたが、あいにくこの日は風が強かったため、逆さ富士は見られず。
さてさてこの富士山、なんの機材で撮ったのかというと、
こちら!

Nikon(ニコン)D4 ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Distagon T* 25mm F2 ZF.2(ニコンF用)

SONY α7RⅡにNikon AF-S NIKKOR 16-35mmという組み合わせ。
・・・・・・!?
SONYとNikonの組み合わせ!?
そうなんです!多くの方がご存知かと思いますが、SONYはマウントアダプター遊びができるのです!
今回はNikonのレンズですが、LEICA-MはもちろんLやR、CONTAX-G、
CANON EF、M42、etc...様々なレンズをアダプターを使うことで楽しめるのです。
今回の撮影で使用したのが、Nikon-FマウントGタイプレンズ対応の
「Commlite(コムライト)CM-ENF-E1 PRO」

Nikon(ニコン)D4 ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Distagon T* 25mm F2 ZF.2(ニコンF用)

なんとこのアダプター、電子接点付きレンズ内絞りの電子制御。
撮影した画像の焦点距離、露出などの情報はExifデータとして記録されるのです。
ボディ内手ぶれ補正機構対応しNikon AF-S レンズ(AF モーター内蔵式)装着時に、
オートフォーカスが利用可能になる優れもの!

実は筆者、年末から頻繁にこの組み合わせで、写真を撮っておりました。
年始は昼間の撮影をメインにしておりましたが、
年末は夜間や室内の写真を撮っていましたので、そちらもご覧ください。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Commlite(コムライト) マウントアダプター ニコンFレンズ/ソニーEボディ用 AF対応 電子接点付 CM-ENF-E1 PRO+Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 16-35mm F4 G ED VR

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Commlite(コムライト) マウントアダプター ニコンFレンズ/ソニーEボディ用 AF対応 電子接点付 CM-ENF-E1 PRO+Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 16-35mm F4 G ED VR

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Commlite(コムライト) マウントアダプター ニコンFレンズ/ソニーEボディ用 AF対応 電子接点付 CM-ENF-E1 PRO+Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 16-35mm F4 G ED VR
(室内や夜間の撮影の際はなかなかAFが合わずに苦労します。)

「アダプターで楽しみを増やす」

年末から頻繁に持ち出し写真を撮っておりましたが、オリジナルボディよりAFが少し遅くなったり、
マウントアダプター分サイズが大きくなるため、持ち運びは大変になりますが、
アダプターを使うことで新しい楽しみに出会えた気がします。魅力が詰まったアイテムなのは間違いありません。

*対応のレンズはスタッフまでお問い合わせください!

今回使用したアダプターがコチラです↓




MFではなくAFが使用できる、なかなか凄いアダプター。
多少の癖はありますが、SONYユーザーでNikon Fレンズを使ってみたい方!
NikonユーザーでSONY αEボディを使いたい方!!
あるいは、この組み合わせで写真を撮ってみたい方!!!
マウントの縛りから解放され、楽しく写真を撮ってみませんか?
ご来店心よりお待ちしております。



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月17日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
null 秋の旅フォトコンテスト 開催のお知らせ 2018年10月19日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 秋の旅フォトコンテスト 「日本旅vs海外旅」 国内外問わず、みなさまの写真をお待ちしております!何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! ↓参加方法はこちら!↓ 機材等の設定をして「保存」ボタンを押せば投稿完了です! 賞品は、マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 2018年10月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 - 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]