Select Language



高画素機で撮るモノクローム

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年01月07日 01時00分]




昨年、2017年はニコンのD850、ソニーのα7RIIIなど高画素でなおかつ高性能なモデルが相次いで登場し盛り上がりました。

ところで高画素の機種について、
「センサーが高精細すぎて半端なレンズでは粗が目立つ」
「センサーの性能をフルに活かすためにはレンズも高性能なものを使わなければならない」
などと言われることが多いと思います。

では高画素の機種で気軽に撮影はできないものか、できるだけ軽快に撮影を楽しめないものか検証しようと思います。

今回使用した機材は、
Nikon D800E
Voigtlander ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

いずれも現行品ではありませんが、D800Eは有効画素数36.3 メガピクセルと現行機種に負けない画素数を誇り、
レンズのULTRON 40mm F2 Aspherical SL IINは現行機種と比べると最短撮影距離は長いですが、
全長24.5mmとパンケーキレンズと呼ぶにふさわしい薄さになっています。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

レトロな雰囲気の駄菓子屋のそばにあった電灯です。
高画素機の魅力として、その高精細な描写により被写体の質感が手に取るように感じられる点があります。
最新のレンズではよりシャープに隅々まで描写してくれると思いますが、
このレンズはディティールを残しつつやわらかく描写しています。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

初詣に寄った神社の境内にある狛犬の彫刻です。
時代を経た木材が醸し出す質感が伝わってくるようです。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

狛犬の顔を拡大してみました。
ここまで拡大してもディティールは失われず、かつ柔らかく描写されています。
「おまえは何をしに来たんだ?」と言わんばかりの表情に圧倒されてしまいます。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

同じく寺の境内にある木彫りの彫刻が彫られている壁です。このお寺はこの木彫りの壁が有名です。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

中央上の二人をほぼ等倍に拡大してみました。
木の線の一本一本までしっかり描写されているのがわかります。
最新のレンズではもう少しシャープさが増してシャキッと写ると思います。
それらと比べてこのレンズは線が細い、というか柔らかいという表現が合うと思います。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II
Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II
Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II


いかがでしたでしょうか?
どうしても最新の技術を使ったレンズには及ばない部分はあります。
特に先に述べた「高精細な描写を楽しむ」という点では物足りない、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そしてそもそもマニュアルレンズですからスピーディな撮影はなかなか難しいです。
しかし高性能のレンズは単焦点を除けばたいてい重く、大きいです。

今回使用した機材はボディ、レンズあわせて1㎏程度です。
この大きさ重さでこれほど濃密な写真が撮れるのですから軽快に撮影したい方にはお勧めです。
なお、現行のULTRON 40mm F2 Aspherical SL II Sは少し直径が長くなりましたが、
最短撮影距離が25㎝まで寄れるようになっています。




現行機種の写真はこちらからぜひご覧ください!
Kasyapa















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年01月07日 01時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]