Select Language



オールドレンズで子供を撮ろう

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月05日 17時25分]


null
レンズ:Leica SUMMICRON 5cm F2 (L39 沈胴アンダーミリオン)
カメラ:SONY α7


我が家には4歳の息子と2歳の娘がいます。

私自身、カメラ好きなパパと思っているのですが、家には“ある物”がありません。

それは、子供撮りに必要不可欠とも言える“ズームレンズ”と“AFレンズ”。

今回はちょっと偏った趣味のパパが撮る『オールドレンズで子供を撮ろう』をご紹介いたします。


null
レンズ:Leica SUMMICRON 5cm F2 (L39 沈胴アンダーミリオン)
カメラ:SONY α7


黄色ガラスとちょっと曇りのある沈胴ズミクロンはお気に入りの一本。
光を入れるとふわっと広がるフレアがたまりません。


null
レンズ:CarlZeiss Sonnar 5cm F1.5 (西ドイツ製・後期:CarlZeiss刻印)
カメラ:SONY α7


null
レンズ:CarlZeiss Sonnar 5cm F1.5 (西ドイツ製・後期:CarlZeiss刻印)
カメラ:SONY α7


null
レンズ:CarlZeiss Sonnar 5cm F1.5 (西ドイツ製・後期:CarlZeiss刻印)
カメラ:SONY α7


Contax CマウントのレンズをKievヘリコイドを改造したMマウントアダプターに
VM-E クローズフォーカスアダプターの合わせ技で使用しています。


開放は少し暴れますが、F2に絞ると途端に扱いやすくなるレンズ。
発色の良さとコントラストはさすがツァイスと思わせる描写です。


null
レンズ:ロシアレンズ HELIOS-103 53mm F1.8 (アーセナル製・Kievマウント)
カメラ:SONY α7


M42のぐるぐるボケレンズとしておなじみのHELIOS。
私が持っているのはContax C互換のKievマウントのレンズになります。

レンズ構成は他のHELIOSと同じ4群6枚のBiotarタイプ。
中央解像力と発色の良さは源流と言えるツァイスにも引けを取らない実力を持った1本です。


null
レンズ:ロシアレンズ Jupiter-12 35mm F2.8(アーセナル製・Kievマウント)
カメラ:SONY α7


null
レンズ:ロシアレンズ Jupiter-12 35mm F2.8(アーセナル製・Kievマウント)
カメラ:SONY α7


ロシアレンズの中でも「良く写る」として知られるJupiter-12。

Biogonベースということもあって後玉がシャッター幕ギリギリまでせり出しているのが特徴です。
(カメラによっては装着不可なので注意が必要です)

ロシアレンズ全般に言える逆光の弱さはご愛嬌。条件がハマれば現代のレンズにも引けを取らない描写力を持っています。



いかがでしたでしょうか?現代のレンズやエフェクト機能では味わえない独特の描写が魅力のオールドレンズ達。

私はこの“曖昧さ”が写真らしいと感じるので愛用しています。

あとは、将来子供に写真を見せた時「なんでお父さんの写真はこんなのばっかりなの!?」と怒られないか少し心配です。







〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月05日 17時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]