Select Language



【PENTAX】アプトの道をゆく FA31mm

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年01月08日 10時30分]




SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/2.8 ISO1600)

信越本線の横川駅 - 軽井沢駅間旧線は1963年に廃止されてから時間が経っていますが、
山深い場所に今も鉄道遺構が残っており、一部は「アプトの道」としてしっかり整備されています。

今回はSONY α7IIにPENTAX FA31mm Limited, Sonnar T* FE 55mmを携えてお散歩して参りました。
どちらも納得の描写にも関わらず細身で携帯するのが嫌になりません。


SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1/100s f/1.8 ISO100)

隧道の入り口にて。何か取り付けてあったのでしょうか。
苔のついた煉瓦が時間の経過を感じさせます。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/1.8 ISO640)


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/1.8 ISO1600)

横川方面より歩くと、このような煉瓦積みの隧道がメガネ橋まで5本続きます。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/1.8 ISO640)

現代のコンクリート造りのトンネルも悪くありませんが、
煉瓦造りは雰囲気があって非日常を感じます。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/1.8 ISO1250)


SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1/2000s f/3.2 ISO100)


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/320s f/5.6 ISO100)

5号隧道を抜けると碓氷第三橋梁 通称「メガネ橋」と呼ばれています。1893年(明治26年)に竣工とのこと。
歴史的経緯は深く存じませんが、前後の隧道も含めて100年以上経っています。
後から作られた橋や隧道が廃道になりあっという間に自然に還るケースを考えると、凄いことなのではと思います。


SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1/400s f/5.6 ISO100)


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/320s f/5.6 ISO100)

他社に無い31mmという画角。絶妙で気に入っています。
35mmのようにちょっと狭いかなと思う事もなければ
28mmのようにパースを感じる事もあまりなく。
開放F1.8の明るさもあって、様々なシチュエーションで活躍します。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/2.8 ISO2500)

橋を渡りきると、また隧道が続いているのでした。
今回はここらへんで折り返しです。

個性派が揃うペンタックスレンズもα7シリーズなら
35mmフルフレームの画角で軽快にお使い頂けます。
機会があれば、往年のFA☆シリーズも試してみたいと思うこの頃です。
ペンタックスボディ同様に7II系であればボディ内に手振れ補正を内蔵。
今回の様な薄暗いシチュエーションでも躊躇なく撮影に臨めます。



せっかく買うなら新品で。こちらよりご購入頂けます。



気兼ねなく使いたいから中古品で。
良品・並品のFA31mmは新品との値段差が大きくお買い得です!









〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年01月08日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【PENTAX】K-1と散歩 【PENTAX】K-1と散歩 2018年06月20日
今回は「K-1 Mark II」でフラり、ブラり、プラり散歩をしてきました。 一緒に連れてきたレンズは「HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR」 「K-1 Mark II」からキットとして登場した標準レンズです。 焦点距離:28mm/絞り:f3.5/シャッタースピード:1/200秒/ISO:200 『皆何を考えているんだろう…』 通り過ぎる電車と、それを見届ける人々。 焦点距離:35mm/絞り:f11/シャッタースピード:1/80秒/ISO:800 高架下で撮影した一枚は光と影が層になり少しだけ神秘的な世界に。 焦点距離:50mm/絞り...
続きを読む
【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 2018年06月15日
【軽量一眼レフでスナップ撮影】 撮影に出かける際は大体10km程歩き回る私にとってカメラは軽いことが重要です。 KP本体は約700g、パンケーキレンズのHD DA21mm F3.2AL Limitedが約134gと合わせても1kgを切る軽量です。 今回はこの組み合わせで御徒町~秋葉原周辺を散策しました。 F5.6 1/200秒 ISO100 駅を降りてすぐにバランスよくカラスが鉄柱にとまっていたので撮影。 KPの正面のダイヤルはCONTAX G2を想起させる配置で勝手がよく撮影がスムーズに行えました。 F8 1/200秒 ISO100 28mm...
続きを読む
【PENTAX】K-1とアメ横にて 【PENTAX】K-1とアメ横にて 2018年06月13日
PENTAX唯一のフルサイズシリーズ「K-1」 4月には後継機の「K-1 Mark II」も登場しました。 そんなK-1シリーズから今回は「K-1」をもってアメ横へ、 秋には赤く染まり人々を魅了するカエデも、 今の季節は新緑に染まり秋とはまた違った魅力を引き出してくれます。 街中の花壇に咲くツツジ 今は紫陽花の季節になりますが、撮影をしたのは先月なので少しだけ季節外れな写真になってしまいました。 昼食に摂ったハンバーガー、 食材の質感を描写してくれるディテール性能には脱帽するばかりで...
続きを読む
【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年06月02日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困...
続きを読む
【PENTAX】 K-5IIsと行く生田バラ園 【PENTAX】 K-5IIsと行く生田バラ園 2018年05月29日
皆様こんにちは! 今回は4年ほど前のブログを再掲載です。 春~夏は花が色とりどりに咲くので写真を撮るのに最適な時期ではないでしょうか。 「生田のバラ園も良いよ♪」と知人に伺ったので今回はK-5IIsを持って行ってきました。 ※2018年の生田バラ園は5月27日で夏のバラは終わってしまいました。 次は10月中旬頃の秋バラが狙い目です。 中望遠レンズがメインで撮影をしているのでとりあえずボカしてみます。 低い目線で撮りたいときは寝そべる。体を張ってこそ撮れるものもあるのです...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]