2017年12月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング | THE MAP TIMES 
Select Language



2017年12月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月09日 13時00分]



皆様、新年の初撮りはお済みでしょうか?
1年間頑張った自分へのご褒美として、年末にカメラを買われ、
新年を新しいカメラで迎えられたという羨ましい方も多かったのでは?!

今回は2017年12月のランキングを発表!
お客様の1台が、順位に影響を与えたかもしれません。


新品デジカメ12月ランキング
1位 SONY α7RIII レンズ交換式デジタルカメラ
2位 Nikon D850 レンズ交換式デジタルカメラ
3位 OLYMPUS PEN E-PL8 レンズ交換式デジタルカメラ
4位 Canon EOS 6D Mark II レンズ交換式デジタルカメラ
5位 FUJIFILM X100F コンパクトデジタルカメラ
6位 Panasonic LUMIX DMC-LX100 コンパクトデジタルカメラ
7位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ
8位 Canon EOS 5D Mark IV レンズ交換式デジタルカメラ
9位 SONY α7II レンズ交換式デジタルカメラ
10位 FUJIFILM X-T2 レンズ交換式デジタルカメラ

SONY α7RIII

11月に引き続き、SONY α7RIII が圧倒的な強さを見せつけました。
有効約4240万画素ならではの解像力と、最高ISO32000(拡張102400)まで
拡大した感度特性を備え、まさにフラッグシップに相応しい高性能を実現。
5月末その圧倒的な高速性能で人々の度肝を抜いた α9 から、
わずか半年で異なる魅力を持ったカメラを世に送り出す SONY の技術力の高さに、ただただ驚くばかりです。

ランキング 9位に名を連ねている α7IIも、スタンダードなフルサイズミラーレス機としてすっかり定着し、
ランキングの常連となりました。

2017年はまさに SONY 躍進の年。
Nikon・Canon を脅かす存在というだけでなく、
カメラ愛好家にミラーレスカメラを浸透させた存在としても、カメラ業界に与えた影響は多大なものです。

そして 2位には Nikon D850。Nikon ファンが、2017年待ちに待ったカメラです。
相変わらずの人気ぶりで、ご注文からお届けまで少し日数をいただいている状態。
数は入ってくるのですが、とにかく人気が・・・
1位奪還のためには、Nikon により頑張ってもらわなくては!
お待ちいただいている方は勿論、ファンにとっても切実な願いです。

以下、3位に OLYMPUS PEN E-PL8 がランキングされたのをはじめ、なかなかバラエティに富んだ顔ぶれです。

年末になりカメラをご購入されるお客様の層が、いつもより多彩になっていることも要因の一つかと・・・
本格一眼タイプだけでなく、小型機も販売台数を伸ばしました。

なかでも、久々に登場の感がある Panasonic。
LUMIX DMC-LX100 は、高画質コンパクト機として支持を得ていましたが生産完了。
特価品が皆様のご好評をいただきました。

こうなると、「PENTAX は、どうした?」というファンの声が聞こえてきそうです。
実は13位に KP がランキング。残念、一歩及ばずでした・・・





中古デジカメ12月ランキング
1位 SONY α7RII レンズ交換式デジタルカメラ
2位 Nikon D810 レンズ交換式デジタルカメラ
3位 SONY α7II レンズ交換式デジタルカメラ
4位 Canon EOS 6D レンズ交換式デジタルカメラ
5位 Nikon D750 レンズ交換式デジタルカメラ
6位 Canon EOS 7D Mark II レンズ交換式デジタルカメラ
7位 Canon EOS 5D Mark III レンズ交換式デジタルカメラ
8位 Canon EOS 5D Mark IV レンズ交換式デジタルカメラ
9位 FUJIFILM X-T2 レンズ交換式デジタルカメラ
10位 Nikon D500 レンズ交換式デジタルカメラ

SONY α7RII

SONY α7RII が、堂々の第1位!
前回、α7RIII への買替えで α7RII の中古商品数が増え、上位に入るだろうという予想は出しましたが、
まさか 1位を獲得するとは!
つまりは、いかに α7RIII への買替えが多かったかということにもつながります。
新品・中古ともに 1位を獲得したという結果は、2017年の SONY人気を物語る象徴的な出来事といえそうです。

続いて、Nikon D810。
これも、D850 の生産台数が潤沢であれば、あるいは・・・ と思わせる結果です。

Canon は、中古ランキング10位以内に 4機種。
新品部門でも4位と8位ですから、いつも通りの好調といえるのですが、
今回は SONY・Nikonにインパクトのうえで差をつけられた感があります。

3位の SONY α7II、8位の Canon EOS 5D Mark IV、9位の FUJIFILM X-T2 の3機種が、新品・中古ともにランクイン。
メーカーによってはキャッシュバックキャンペーン中であったりして、
新品と中古の価格差はさほど開いていない状況ですが、それでも中古が売れるのは興味深い現象です。
それだけ高性能と認められ、人気の高いカメラをよりお手頃な価格で手に入れたいというお客様の熱い想いが感じられます。
また、「マップカメラでなら、中古でも安心だから!」という、
スタッフにとって何とも喜ばしく励みになるお言葉もいただいています。

2018年、今年も皆様の信頼を裏切ることなく、
たくさんのお客様にマップカメラでのお買い物を喜んでいただけるよう頑張っていきます!


さて、2018年はカメラ業界にとって、どのような年になるでしょうか?
今や 3強ともいえる、Nikon・Canon・SONY が今年はどんな競い合いを展開するか?
他メーカーの巻き返しは?
我々の想像を超えるような革新的な技術を用いた、歴史に名を刻むようなカメラの出現はあるか?

まずは、3月に控えた CP+2018 に向け、各社がどのような情報を発信するか。
今年も楽しみが尽きない1年になりそうです。




[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月09日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】D500と夏の日々 【Nikon】D500と夏の日々 2018年09月20日
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100 子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。 夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。 思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。 Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED 焦点距離:20mm ...
続きを読む
CarlZeiss Makro-Planar 100mm F2 ZF.2 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]