Select Language



【FUJIFILM】X100シリーズと過ごす日常(草津温泉編)

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年01月07日 18時00分]



年始の勤務を終え、どこに行こうかと新宿の街をさまよう。
そこで目に飛び込んできた『スタッドレスタイヤ付レンタカー』の文字。

「そうだ、草津へ行こう!!」

決断は5分と掛からず「草津はよいとこ いちどはおいで あ~どっこいしょ~ 」と口ずさみながら、
スーツのまま車に乗り込む。

免許取得から18年、距離にして愛車で72万キロを運転してきた私。
実は雪道の運転は初めて!!

null

サーキットでドリフト走行などは経験したことがありますが、
一般道で滑るというのはこんなにも怖いものか。

無事を祈りながら草津温泉に到着!!

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

ウィンターシーズンを除き、
健康のため月1回草津温泉に通っておりますが
こんなにも雪深いとは驚きました。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

気温は-9度。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

高台から見下ろす湯畑。
はやく温泉につかりたいの一心ですが、ここは『スーツに革靴』ということを忘れてはなりません。
滑らないように慎重に雪道を下ります。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

湯気と硫黄のにおい。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

白旗の湯(無料公共浴場)へ向かいます。
いい湯だなぁ~~

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

身体を温めたら次は足湯!
日ごろの疲れを癒してくれます。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

こちらは湯畑の強い酸性の源泉。

「お医者さまでも草津の湯でも惚れた病は治りゃせぬ」
という諺がありますが、「恋の病」以外には効能があると言われています。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

私以外にも撮影されている方がいらっしゃいました。
とても幻想的な風景です。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

私のお散歩カメラX100Tを片手に街を散策。
歴代X100シリーズを使用していますが、このカメラは手放せません!

良質な温泉につかり、クラシカルなフォルムで人気のX100Tを片手に撮影を楽しんでいたらお腹が空いてきました。

お正月ということもあり、どこの飲食店もお休み。
道中に焼肉屋があったことを思い出し、いざ夕食へ。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

まさかのオーダーストップ。
コンビニエンスストアでカップラーメンを購入。
湯畑を眺めながら美味しく頂きました。

近場のスーパー銭湯も魅力的ではありますが、
少し足を延ばして有名な温泉地に足を運んでみてはいかがでしょうか。

温泉街の風景にもどことなくマッチする。
クラシックデザインの『FUJIFILM X100 シリーズ』もおすすめです!
ぜひこの機会に併せてご検討ください。


X100シリーズの現行モデルはX100F




その他X100シリーズはこちらからご覧ください!







〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年01月07日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]