【FUJIFILM】X100シリーズと過ごす日常(草津温泉編) | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】X100シリーズと過ごす日常(草津温泉編)

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年01月07日 18時00分]



年始の勤務を終え、どこに行こうかと新宿の街をさまよう。
そこで目に飛び込んできた『スタッドレスタイヤ付レンタカー』の文字。

「そうだ、草津へ行こう!!」

決断は5分と掛からず「草津はよいとこ いちどはおいで あ~どっこいしょ~ 」と口ずさみながら、
スーツのまま車に乗り込む。

免許取得から18年、距離にして愛車で72万キロを運転してきた私。
実は雪道の運転は初めて!!

null

サーキットでドリフト走行などは経験したことがありますが、
一般道で滑るというのはこんなにも怖いものか。

無事を祈りながら草津温泉に到着!!

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

ウィンターシーズンを除き、
健康のため月1回草津温泉に通っておりますが
こんなにも雪深いとは驚きました。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

気温は-9度。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

高台から見下ろす湯畑。
はやく温泉につかりたいの一心ですが、ここは『スーツに革靴』ということを忘れてはなりません。
滑らないように慎重に雪道を下ります。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

湯気と硫黄のにおい。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

白旗の湯(無料公共浴場)へ向かいます。
いい湯だなぁ~~

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

身体を温めたら次は足湯!
日ごろの疲れを癒してくれます。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

こちらは湯畑の強い酸性の源泉。

「お医者さまでも草津の湯でも惚れた病は治りゃせぬ」
という諺がありますが、「恋の病」以外には効能があると言われています。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

私以外にも撮影されている方がいらっしゃいました。
とても幻想的な風景です。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

私のお散歩カメラX100Tを片手に街を散策。
歴代X100シリーズを使用していますが、このカメラは手放せません!

良質な温泉につかり、クラシカルなフォルムで人気のX100Tを片手に撮影を楽しんでいたらお腹が空いてきました。

お正月ということもあり、どこの飲食店もお休み。
道中に焼肉屋があったことを思い出し、いざ夕食へ。

FUJIFILM (フジフイルム) X100T

まさかのオーダーストップ。
コンビニエンスストアでカップラーメンを購入。
湯畑を眺めながら美味しく頂きました。

近場のスーパー銭湯も魅力的ではありますが、
少し足を延ばして有名な温泉地に足を運んでみてはいかがでしょうか。

温泉街の風景にもどことなくマッチする。
クラシックデザインの『FUJIFILM X100 シリーズ』もおすすめです!
ぜひこの機会に併せてご検討ください。


X100シリーズの現行モデルはX100F




その他X100シリーズはこちらからご覧ください!







〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年01月07日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]