【Canon】古き良き L 50mm F1.2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】古き良き L 50mm F1.2

[ Category:Canon|掲載日時:2018年01月09日 20時20分]



Canon 50mm F1.2と言えば、通称Lレンズの
EF 50mm F1.2L USM を思い浮かべる方も多いと思います。
しかし本日ご紹介するのは、
レンジファインダーカメラ用、スクリューマウント版
ライカ Lマウント互換のレンズです。

Canon 7 + Canon L 50mm F1.2
↑の写真はCanon 7に取り付けたものです。
当時はこういった組み合わせで使われていました。

ライカ Lマウントは、L39マウントや
LTM(Leica Thread Mount)
と呼ばれることもあります。

今回使用したカメラは、Canon 7ではなく、
軽量コンパクトボディにフルサイズセンサーを搭載した、
フルサイズミラーレスという新ジャンルを切り開いた
SONY α7です!

では早速ご覧ください。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/800秒 ISO100
絞り解放では周辺部の流れや、光量落ちなどがあるため、
被写体や構図を選ぶかもしれません。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/4000秒 ISO100
何故か人物がミニチュアのようになってしまった1枚です。
大口径レンズらしい豊かなボケです。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/60秒 ISO160

SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/60秒 ISO200
ほわほわとした写りとレトロな被写体が相まって、
タイムスリップしたような感覚にとらわれます。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/200秒 ISO100
日が暮れ始めると、周辺の光量不足が目立ちますが、
薄暗さに加え、寂しい雰囲気が伝わってきます。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/125秒 ISO100
哀愁のある背中です。
よく見るとふわっと滲む箇所があり、
オールドレンズらしいレトロな描写になっています。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/100秒 ISO3200
F1.2という破格の明るさは、夜の撮影に臨む際も安心です。
ISO感度とシャッタースピードの選択肢が増える為、
撮影が格段に楽になります。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/100秒 ISO2000
靄と高層ビルの組合わせはどことなく海外らしい雰囲気。
特にしっとりした気候の香港やロンドンのような。
(勝手なイメージです。)


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/100秒 ISO160

SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/60秒 ISO640

SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/80秒 ISO100
明るいレンズがあると、夜の撮影が手軽に楽しめます。
日中は気付かない魅力的な被写体と出会えるかもしれません。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/640秒 ISO100
開放付近の写真ばかりになりましたので、
絞った際にどうなるのか、参考までに。
予想以上にシャープで、コントラストの高い描写に驚きました。

最新レンズとは違う収差がいい味のレンズです。








このレンズはクモリが出やすいレンズとして知られていますが、
例に漏れず、今回使用したレンズもクモリが出ています。

クモリの程度によっては、よりふんわりとした描写が得られることもあり、
個体毎の描写を楽しむこともオールドレンズの醍醐味かもしれません。

↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓










〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年01月09日 20時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

秋が誘う 【FUJIFILM】秋が誘う 2018年11月14日
『FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8』 -言葉を写真に- 1/60 F5 ISO1250 ASTIA 季節は人々に"きっかけ"を与える。 いつもとは違う、少し遠いところへお出かけしてみたり、 季節を感じるために誰かを誘ってみたり、誘われてみたり、 毎年の楽しみになっていたり、お決まりのことであったり、 好きな季節が近づくと楽しむための準備をはじめたり… 積極的に外へ出かけることが少ない私にとって、 季節は外へ出かけさせてくれるきっかけになっています。 1/250 F2.8 ISO1250 ...
続きを読む
河童寫眞部 "※写真はイメージです。展" 写真展のご案内 ~ 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 2018年11月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Leica】ライカと往く 2018年11月13日
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 皆さんこんにちは。 日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。 Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。 SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年10月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年11月13日
新品デジカメ10月ランキング 1位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ 2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 3位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ 4位 Canon EOS Kiss M ミラーレス一眼カメラ 5位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ 6位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ 7位 Panasonic LUMIX DC-G9 PRO ミラーレス一眼カメラ 8位 SON...
続きを読む
【Leica】M3と江の島散歩 【Leica】M3と江の島散歩 2018年11月12日
とある日の午後。新宿とは反対側の列車に乗り、たどりついたのは小田急線片瀬江ノ島駅。 今日の散歩のお供はライカM3ダブルストロークと沈胴ズミクロン。 レンズを引き出し準備を整えると潮の匂いを感じながら歩き始めた。 竜宮城をイメージした駅舎を背にして江の島方面に進んでいく。弁天橋を渡りながら横を見るとカヌーが一艘上流に向かってのんびりと進んでいった。 秋の東浜ビーチはぽかぽかとした気持ちがいい風が吹いている。砂浜ではカップルが海を見つめたり、子供たちがビ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]