【Canon】古き良き L 50mm F1.2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】古き良き L 50mm F1.2

[ Category:Canon|掲載日時:2018年01月09日 20時20分]



Canon 50mm F1.2と言えば、通称Lレンズの
EF 50mm F1.2L USM を思い浮かべる方も多いと思います。
しかし本日ご紹介するのは、
レンジファインダーカメラ用、スクリューマウント版
ライカ Lマウント互換のレンズです。

Canon 7 + Canon L 50mm F1.2
↑の写真はCanon 7に取り付けたものです。
当時はこういった組み合わせで使われていました。

ライカ Lマウントは、L39マウントや
LTM(Leica Thread Mount)
と呼ばれることもあります。

今回使用したカメラは、Canon 7ではなく、
軽量コンパクトボディにフルサイズセンサーを搭載した、
フルサイズミラーレスという新ジャンルを切り開いた
SONY α7です!

では早速ご覧ください。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/800秒 ISO100
絞り解放では周辺部の流れや、光量落ちなどがあるため、
被写体や構図を選ぶかもしれません。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/4000秒 ISO100
何故か人物がミニチュアのようになってしまった1枚です。
大口径レンズらしい豊かなボケです。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/60秒 ISO160

SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/60秒 ISO200
ほわほわとした写りとレトロな被写体が相まって、
タイムスリップしたような感覚にとらわれます。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/200秒 ISO100
日が暮れ始めると、周辺の光量不足が目立ちますが、
薄暗さに加え、寂しい雰囲気が伝わってきます。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/125秒 ISO100
哀愁のある背中です。
よく見るとふわっと滲む箇所があり、
オールドレンズらしいレトロな描写になっています。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/100秒 ISO3200
F1.2という破格の明るさは、夜の撮影に臨む際も安心です。
ISO感度とシャッタースピードの選択肢が増える為、
撮影が格段に楽になります。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/100秒 ISO2000
靄と高層ビルの組合わせはどことなく海外らしい雰囲気。
特にしっとりした気候の香港やロンドンのような。
(勝手なイメージです。)


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/100秒 ISO160

SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/60秒 ISO640

SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/80秒 ISO100
明るいレンズがあると、夜の撮影が手軽に楽しめます。
日中は気付かない魅力的な被写体と出会えるかもしれません。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/640秒 ISO100
開放付近の写真ばかりになりましたので、
絞った際にどうなるのか、参考までに。
予想以上にシャープで、コントラストの高い描写に驚きました。

最新レンズとは違う収差がいい味のレンズです。








このレンズはクモリが出やすいレンズとして知られていますが、
例に漏れず、今回使用したレンズもクモリが出ています。

クモリの程度によっては、よりふんわりとした描写が得られることもあり、
個体毎の描写を楽しむこともオールドレンズの醍醐味かもしれません。

↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓










〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年01月09日 20時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】D500と夏の日々 【Nikon】D500と夏の日々 2018年09月20日
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100 子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。 夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。 思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。 Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED 焦点距離:20mm ...
続きを読む
CarlZeiss Makro-Planar 100mm F2 ZF.2 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]