MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



α7RIIIのピクセルシフトマルチ撮影を"試す"

[ Category:SONY|掲載日時:2018年01月15日 16時00分]




皆さまこんにちは。
先日発売されたばかりの最新機種
α7RIII
既に撮影を楽しまれている方も多いのではないでしょうか。

本日のテーマは「ピクセルシフトマルチ撮影」です。

Eマウントボディの中ではα7RIIIで初登場した機能となりますが
ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御することで
イメージセンサーを正確に1ピクセル分ずつずらして計4枚の画像を撮影、合成。
有効約4240万のすべての画素でR・G・B の全色情報を取得し、補間処理をせずに直接合成します。
そこから画像を生成することで偽色の発生を最小限に抑え
より高精細かつ忠実な質感描写を実現する、というもの。

null

と、ここまでお読みいただいたところで「あれ?似た機能を知っている」
と思われた方はお詳しいお客様。

既にペンタックスではほぼ同様の機能である「リアルレゾリューション」がありますし
オリンパスにも「ハイレゾショット」という名称の機能がありますが
どちらかと言えば前者に近い特性を持つ「ピクセルシフトマルチ撮影」です。

簡単な解説はこの辺りにしておいて、早速1枚見ていただきましょう。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
中途半端な構図になってしまいましたが…

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
※クリックで拡大します

α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 ASPH.
ss1/60 F3.5 ISO100


どん!と全体像がコチラです。
中央下部のランプが消えている所をクロップしてみましたがいかがでしょう。
少し絞りを開け気味で撮っているので、ボケでディティールが際立っているところもあるとは思うのですが
合成して拡大して見た一言目が「うわっ気持ち悪い」でした…。

ベイヤー方式のカラーフィルターを持ったセンサーだと
超高画素機とはいえここまで伸ばした時に画が眠くなってしまう事があるのですが
約1億6960万画素分の情報から生み出される偽色の無い写真には
目も冴えてしまいそうな質感描写があります。

ちなみに撮影した画像は、ソニー純正のソフトウェア「Imaging Edge」で合成・現像できます。
この辺り、ボディ内で合成が出来るとより良かったのですが
まだそこまでには至っていないようです。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III E-mount (ソニーE用/フルサイズ対応)
※クリックで拡大します

α7RIII + SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPH. III
ss1/8 F8.0 ISO100

どーん、と広角でも撮ってみるわけですがモスクの天井画をこれでもかと描き込んでいます。
今回は大きめなサイズの画像もご用意しておりますので、特にPCからご覧のお客様は
大きな画像もお楽しみください。

さて、実はこの写真には重大な事実が隠されています。

それはピクセルシフトマルチ撮影には弱点がある、ということなのですが
その弱点とは「被写体が微塵も動いてはいけない」というもの。
例えば上記の写真も照明が空調の風にあおられて少し揺れていたのですが
null
無理やりグイッと拡大して見ると、ところどころノイジーになってしまっています。
中央から少し右に外れたところの照明などが分かりやすいでしょうか。
4枚合成を行うにあたって、被写体が動いてしまったところはこの様にノイズになってしまうのです。

この辺りはペンタックスの「リアルレゾリューション」やシグマの「SFDモード」だと
動体補正機能が付いていて、連続撮影時に動いてしまった物を検出して
合成時に本来ジャギーが出てしまう部分のノイズを
低減させるという機能がついているのですがピクセルシフトマルチ撮影にはその機能がありません。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
※クリックで拡大します

α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 ASPH.
ss1/20 F7.1 ISO100

ですがそれを差し置いても得られる解像感と
偽色のないクリアな画は、筆舌に尽くしがたいものがあります。
凍った池を真俯瞰で撮影しましたが、氷の質感といい
葉のディティールといい見事なものです。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
※クリックで拡大します

α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 ASPH.
ss1/60 F2.0 ISO100


そしてピクセルシフトマルチ撮影には他社には無い機能が一つ付いています。
この手の機能は基本電子シャッターを利用する為に、ストロボの同調がNGですが
1/13秒という超低速にはなるもののストロボの同調が可能な点です。
今回は自然光であっさりと撮れてしまったため、上の写真はイメージとなりますが
テーブルフォトなどの物撮りなどでは重宝するのではないでしょうか。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
※クリックで拡大します

α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 ASPH.
ss1/13 F3.5 ISO100

被写体を求めさまよっていたら足元に、ザクザクという感触が。
そう、冬ではお馴染みの霜柱です。
面白そうだと撮影してみたのですが、普段塊になっている霜柱の1本1本が見えてきます。
そして中央左の枯れ葉表面にも産毛や葉脈が見てとれますが
こんなところまで子細に写るのかと驚いてしまいました。


今回はピクセルシフトマルチ撮影という点に着目して
数枚の写真で綴りましたが、いかがでしたでしょうか。

どうしてもしっかりと準備をした上で臨まなければいけない以上
気軽には使えない機能にはなってしまいますが、高画素機を高画素機らしく
より高精細な写真を求める方向にも使えるのもα7RIIIの魅力の一つと言えそうです。

お求めはコチラから。







マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo
撮影:α7II + HELIAR Hyper-Wide 10mm F5.6 Aspherical

ご案内

mapquality



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:SONY|掲載日時:2018年01月15日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む
【SONY】『FE400mm F2.8 GM OSS』先行展示レポート 【SONY】『FE400mm F2.8 GM OSS』先行展示レポート 2018年08月11日
正式発表より大きな反響を呼んでいる『SONY FE400mm F2.8 GM OSS』。プロユース向けの超望遠レンズとしては異例とも言える人気は、世界中のプロカメラマンが使用する機材が変わってきたことを意味しているのかもしれません。そんな大注目のレンズを一足お先にソニーストアの先行展示にて体験してきました。今回はその様子をレポートいたします。 ついに登場した、超望遠FEレンズの大本命。   報道・スポーツカメラマン向けのプロユースレンズとして絶対的な地位を築いている『...
続きを読む
【SONY】カメラと旅を。 【SONY】カメラと旅を。 2018年08月09日
私自身、写真を撮ることは好きですが、以前はカメラの知識はほとんどなく、いつもプログラムオートかシーンモードを使っていました。 本日のブログはそんな初心者でも簡単にお使いいただけるカメラを紹介していこうと思います。 撮影地は『死ぬ前に行きたい絶景』に選ばれた南米ボリビアのウユニ塩湖です。 長期旅行のため、カメラはSONY ‪α‬5100 +E PZ16-50mm F3.5-5.6 とGoPro Hero6を持って行きました。 こちら2つともびっくりするほど小型。カメラをずっと首に下げていても疲れず、G...
続きを読む
【24人の24mm】牛久シャトー 【24人の24mm】牛久シャトー 2018年08月04日
牛久シャトー 16-35㎜のズームレンズのため、24㎜という画角はあまり使用していなかったのですが、いい機会ということで地元にある牛久シャトーに行ってきました。 こちらは地元では昔から有名な場所。2011年の地震で建物の一部に被害が生じ、約5年の歳月をかけて修復されました。 そんな歴史もありつつ巡ります。 まずは本館の外観。 もうここが一番のメインといっても過言ではありません。建物内には入れませんがいつ見てもきれいです。 もう面影はありませんが...
続きを読む
続・デジタル一眼はじめました。 続・デジタル一眼はじめました。 2018年07月27日
東京は、酷暑ならぬ“極暑”と呼ばれる暑い日が一旦落ち着いております。 その極暑中のある日、一日中エアコンの効いた室内に籠もっているのもそれはまた体に悪いと思い、 熱中症対策を整え、多少日差しが和らいだ夕方から出掛けることにしました。 目的地は自宅からほど近い、大きな水辺のある公園。 機材は前回同様、α6500とVario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z です。 途中、西日に照らされた犬の置物の前を通り過ぎます。 普段から暑そうに見えるのですが、この日は特にそう感...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]