Select Language



【FUJIFILM】氷瀑を目指す旅

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年01月12日 13時40分]


FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

雲竜渓谷

栃木県日光市の山奥に位置し、
1月下旬から2月上旬の限られた時期にのみ巨大な氷瀑を見ることができます。
あたり一面氷柱に囲まれた景色は秘境そのもの。

フジフイルムX-E2フジノン XF14mm F2.8 R と共に行ってきました。


朝方早くから登り始めるため、前日の夜遅くに車で東京を出発。
夜明け前に登山口に到着し少しの間車の中で仮眠をとりましたが、尋常ではない寒さです。
それはそうですね、ここは真冬の日光の奥地。
持ってきたものすべてを着込んでも芯から凍える寒さです。


寒さに耐えながら空を見上げると・・・

FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R




さて、周りが明るくなってきたころ、準備運動を済ませ登り始めます。
最初は林道を歩きますが、ある程度進むと谷に入ります。

FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R


目的地まではまだ歩きますが、すでに非日常感があります。


FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

谷奥から雪を巻き上げた風が吹いてきました。


FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

川をさかのぼるように進んでいくと、あるところから景色が一変します。
おや、奥に何やら見えます・・・。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

氷の世界への入り口です。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

さらに進んでいきます。
雪が降ってきました。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

足元にも小さな自然の芸術が。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

振り返って。真ん中に人がいるのがお分かりでしょうか。
とにかく氷柱が巨大です。
雲竜渓谷は1日の日照時間が少ないために、このように氷が成長するのだそうです。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

目的の氷瀑が見えてきました。
滝の横に見える氷柱は一段一段が人の背丈以上の高さがありました。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R


FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

ただただ圧倒されます。
限られた足場で広大な景色を写すには、XF14mmは大変役に立ちました。
過度な遠近感なく目の前の風景を広々と切り取ってくれます。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

帰りは少し晴れました。




FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

景色を目に焼き付けて・・・。



単焦点の広角レンズのみだと撮れるシチュエーションに限りは出ますが、
選択肢が多いゆえにアレコレ悩むことがなくなるので、割り切っての撮影も楽しいものです。


今回、時間帯によっては氷点下というカメラには厳しい環境で長時間使いましたが、
バッテリーの消耗が通常よりも早く、また電源を入れた際の起動にも時間がかかることがありました。

氷点下でなくとも寒い環境ではバッテリーの消耗が激しくなりますので、
そういった場所で使う場合は予備バッテリーを多めに持っていくことをお勧めします。
また、予備バッテリーは肌に近いポケットに閉まっておくなどして暖かい状態にしておくと撮影枚数を増やすことができます。



最近山でミラーレスカメラを使っている方をよく見かけます。
山と限らず機材を選ぶ際は重さと画質などの折り合いが難しい問題です。

フジフイルムのX-Eシリーズはコンパクトな上に画質も妥協なく良いバランスですので、
どちらも求める方にはぜひおすすめしたいカメラです。






その他、X-Eシリーズは商品詳細







〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年01月12日 13時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]