Select Language



【FUJIFILM】氷瀑を目指す旅

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年01月12日 13時40分]


FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

雲竜渓谷

栃木県日光市の山奥に位置し、
1月下旬から2月上旬の限られた時期にのみ巨大な氷瀑を見ることができます。
あたり一面氷柱に囲まれた景色は秘境そのもの。

フジフイルムX-E2フジノン XF14mm F2.8 R と共に行ってきました。


朝方早くから登り始めるため、前日の夜遅くに車で東京を出発。
夜明け前に登山口に到着し少しの間車の中で仮眠をとりましたが、尋常ではない寒さです。
それはそうですね、ここは真冬の日光の奥地。
持ってきたものすべてを着込んでも芯から凍える寒さです。


寒さに耐えながら空を見上げると・・・

FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R




さて、周りが明るくなってきたころ、準備運動を済ませ登り始めます。
最初は林道を歩きますが、ある程度進むと谷に入ります。

FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R


目的地まではまだ歩きますが、すでに非日常感があります。


FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

谷奥から雪を巻き上げた風が吹いてきました。


FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

川をさかのぼるように進んでいくと、あるところから景色が一変します。
おや、奥に何やら見えます・・・。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

氷の世界への入り口です。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

さらに進んでいきます。
雪が降ってきました。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

足元にも小さな自然の芸術が。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

振り返って。真ん中に人がいるのがお分かりでしょうか。
とにかく氷柱が巨大です。
雲竜渓谷は1日の日照時間が少ないために、このように氷が成長するのだそうです。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

目的の氷瀑が見えてきました。
滝の横に見える氷柱は一段一段が人の背丈以上の高さがありました。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R


FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

ただただ圧倒されます。
限られた足場で広大な景色を写すには、XF14mmは大変役に立ちました。
過度な遠近感なく目の前の風景を広々と切り取ってくれます。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

帰りは少し晴れました。




FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

景色を目に焼き付けて・・・。



単焦点の広角レンズのみだと撮れるシチュエーションに限りは出ますが、
選択肢が多いゆえにアレコレ悩むことがなくなるので、割り切っての撮影も楽しいものです。


今回、時間帯によっては氷点下というカメラには厳しい環境で長時間使いましたが、
バッテリーの消耗が通常よりも早く、また電源を入れた際の起動にも時間がかかることがありました。

氷点下でなくとも寒い環境ではバッテリーの消耗が激しくなりますので、
そういった場所で使う場合は予備バッテリーを多めに持っていくことをお勧めします。
また、予備バッテリーは肌に近いポケットに閉まっておくなどして暖かい状態にしておくと撮影枚数を増やすことができます。



最近山でミラーレスカメラを使っている方をよく見かけます。
山と限らず機材を選ぶ際は重さと画質などの折り合いが難しい問題です。

フジフイルムのX-Eシリーズはコンパクトな上に画質も妥協なく良いバランスですので、
どちらも求める方にはぜひおすすめしたいカメラです。






その他、X-Eシリーズは商品詳細







〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年01月12日 13時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【FUJIFILM】フィルムシミュレーション クラシッククローム~台湾編~ 【FUJIFILM】フィルムシミュレーション クラシッククローム~台湾編~ 2018年07月07日
F8 1/480秒 ISO200 ~FUJIFUILMフィルムシミュレーション~ フィルムメーカーとして色に強いこだわりを持ち、独自の色再現技術でユーザーの心をつかむフジフイルム。 独自のセンサーに加えその要となっているのがフィルムシミュレーションです。 フィルムを交換するイメージでモノクロ、カラー、色味など異なるにモードに切り変えることができます。 今回は以前もご紹介いたしました”クラシッククローム”で台湾を撮影してきました。 F2.8 1/220秒 ISO200 台湾のうだるような暑さには水分...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X100F 【FUJIFILM】通勤時の電車 2018年06月27日
『FUJIFILM X100F』 -言葉を写真に- 毎日同じ道を辿る通勤電車のなか… 同じ電車、同じ時間でも、毎日違う人が私の前を通っていき、 私自身も毎日違う感情を抱きながら通勤しています。 そのため毎日様々な感情に流され、電車の中でも写真を写したいという衝動が私の中で走ります。 ですがさすがに電車の中となると…撮影するのに気を遣う必要があり… いつも写真を撮ることを諦めていました。 そんな私を写真の世界へ連れ出してくれたのがX100Fでした。 絞り、ス...
続きを読む
【FUJIFILM】X100F お天気雨の日 【FUJIFILM】X100F お天気雨の日 2018年06月10日
春も過ぎ、空気が潤いだす季節です。 怪しい天気でしたが、ひと雨降る前に鎌倉を歩いてきました。 今回の相棒はFUJIFILM X100F。 クラシカルな見た目にフジフイルムの技術の粋を詰めこんだ、たまらなくニクいカメラです。 駅につき仲町に足を向けた矢先、 狐の嫁入りに歓迎され足早く近くのクレープ屋さんへ逃げ込むことに。 雨の間にいただくチョコレートのクレープはアルコール入りで、 ちょっとだけ大人な気分。 さすが23mm、使い勝手がよくその場の雰囲気をそのまま映しだしています。 ...
続きを読む
【FUJIFILM】雨色景色 【FUJIFILM】雨色景色 2018年05月26日
GWも終わりいよいよ本番。 そうです。梅雨です。 ジメジメ、ムシムシ、洗濯物は乾かなくて大変な季節。 そんな時だからこそ気分転換に写真を撮りに行きましょう! と言ってもカメラが濡れてしまうのは気がひける。と言う方に今回は室内でも撮れる雨色景色のご紹介となります。 今回、撮影を行った機材はFUJIFILM X100F。 X100Fは筆者が今1番欲しいカメラですが試用したことでより購入意欲が湧いてしまいました。 今回の雨色景色は仕事帰りです。 帰り際に雨だった為、ちょ...
続きを読む
【FUJIFILM】大藤に魅せられて 【FUJIFILM】大藤に魅せられて 2018年05月09日
大藤で有名なあしかがフラワーパークへ XF10-24㎜とXF35㎜ F1.4を携え新機種X-H1と共に 壮大な藤棚を思うままに撮影してみました。 藤は古くから女性に例えられ、優雅に垂れる花房は振袖姿を思わせたそうです。 その印象に違わず、陽気の下で優しく揺れる藤の花房は和の風情を感じさせます。 約1mの花房が垂れ下がって埋め尽くす様は壮観です。 少し汗ばむ陽気のこの日 XF35㎜ F1.4のレンズで撮った画像には 藤の花房の向こう側に夏の訪れを感じる事が出来ました。 ラ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]